履歴書

【履歴書の学歴の書き方】職歴の記入方法と記入する際の注意点も紹介

履歴書の学歴欄は正しく書こう

履歴書は、就職活動で作成する機会の多い書類です。履歴書の作成のときには、個性が出せる「志望動機欄」の作り方だけに意識がいってしまいがちな方が多いでしょう。しかし、それ以外の項目も侮ってはいけません。うまく活用すれば、採用担当者との話のネタにもなりうるでしょう。

「学歴・職歴欄」もそのひとつで、上手に使いこなせれば自分のこれまでの経歴をアピールできる道具として昇華させることができます。

そこでこの記事では、履歴書の「学歴・職歴欄」に焦点を当て、書きかたのポイントや注意点をまとめて紹介していきます。意外に書き漏れが多い部分であるため、これから解説する情報を参考にして書き進めるようにしてください。

履歴書の学歴欄における書き方ポイント4つ

「学歴・職歴欄」ですが、いってみれば「自分の過去」を紹介するものでしかないため、誤字・脱字を除けば、作成すること自体は難しくないでしょう。しかし、それ以外にもこまごまとしたところで守るべきことはあるため、単純なものだと侮ってはいけません。

ここでは、履歴書の「学歴・職歴欄」における書き方のポイントを4つ紹介していきます。なかには、それ以外の項目とのバランスを取らなければならないところもあるため、ミスがないように気を配りましょう。

学校名は正式名称で書く

すべての学校名は正式名称で書くようにしましょう。とくに多くの人がミスしがちなことが、「~~高等学校」です。普段は「高校」と言ったり表現したりする方が多いでしょう。しかし、履歴書は正式な書類であるため、記載する学校名も正式名称でなくてはなりません。

また、同様の理由から、公立校であれば「○○県立」「××市立」といったような「都道府県名」「市区町村名」の部分も漏れなく書き入れるようにしてください。

ちなみに、ひとつの学歴は基本1行内に入れるのが好ましいということを覚えておいてください。中には「○○大学付属××学校」のような長い名称もありますが、バランスをみて枠内に収めるようにしましょう。どうしても難しいようであれば行を分けてもよいですが、極力1行で記載した方が無難です。

学歴は中学から記入する

履歴書の学歴はいつから記載するべきか迷う人もいるでしょう。大学入学からの記載だけでは少なすぎますし、小学校まで遡って書くと情報量が多すぎます。

基本的には、学歴は中学校卒業から記載しましょう。中学校卒業は、義務教育を卒業していることを示しているため、ここから記載することが一般的とされています。中学校卒業以降は、高校入学と卒業、そして大学入学と卒業見込みの情報を記載しましょう。

履歴書の学歴はどの時点から書けばよいのか、はっきりとした決まりはありません。しかし、大半の就活生が中学校卒業の情報から記載しているなか、大学の情報しか記されていないと、不審に思われる可能性があります。履歴書の学歴は、中学校卒業時点からしっかりと記載するようにしましょう。

年号は統一する

年号は、統一するようにしてください。年の表記方法ですが、日本では「平成〇年」や「昭和×年」とあらわす「和暦」と、単純に「20XX年」と表現する「西暦」の2種類があります。どちらでも自分が書きやすい方を選んで構いませんが、履歴書内で統一するようにしてください。気を抜くと混合してしまいがちであるため要注意です。

年号を書かなくてはならない項目は「学歴・職歴欄」以外にもあります。その部分についても同じ書き方で統一するように注意が必要です。例えば、生年月日が和暦なのに学歴が西暦といったようなばらばらな書き方にしてしまうのはNGです。

なお、基本は自分で書きやすいほうを選べばよいですが、シートに事前に印字してあった場合にはそれに合わせるようにしてください。

留学歴もしっかりと書く

20XX年〇月~20XX年◯月 〇〇国 〇〇大学に留学

留学歴もしっかりと書き入れるようにしてください。留学歴を伝えることで、自己PRにつながる話のネタになります。

留学歴は、留学期間、国名、大学名の順番で記入するようにしてください。基本は1行の中に納めますが、難しいようであれば2段に分けても構いません。

ただし、ここで注意ですが、学歴欄に記載できるのは「1年以上」留学していた場合のみです。それを満たさないような短い期間の留学の場合は、ここに書き入れることはできません。それでもどうしても履歴書に書いておきたいという方は、趣味や特技の欄でアピールするようにしてください。

履歴書に学歴を書く際の注意点

前の見出しでは、書くときのポイントをまとめてきましたが、続いて履歴書に学歴を書く際に注意しておかなければならない点を4つに分けてそれぞれ解説していきます。

なかには表現の違いの理解や、マナーに関する部分もあります。これから登場する情報を参考にして、より細かなところにも書き間違いや見落としがないか気を配るようにしてください。

卒業見込みとは

学歴の部分では「大学」の部分まで書くのが一般的ですが、就活生は就職活動の時点ではまだ大学は卒業していません。そのため「卒業見込み」という表現を用いることになります。

「卒業見込み」とは、卒業に必要な単位をそれまでの期間に満たしていて、年度末にはそのまま卒業が可能である状態のことです。つまり、「このまま何もトラブルがなければ、4月には入社できますよ」ということを表しています。

ちなみに、上記のような意味を持っていることから、1,2年生で就職活動をしているときには「卒業見込み」という表現を使うことはできません。「在学中」という表現にとどめておいた方がよいでしょう。

「卒業予定」と「卒業見込み」の違い

「卒業」に関するもうひとつの表現として「卒業予定」が挙げられます。どちらも似た意味ですが、細かなニュアンスが異なっています。それぞれの意味を理解したうえで使い分けるようにしましょう。

「卒業予定」は読んで字のごとく、卒業を予定しているという意味の言葉です。しかし、「~見込み」とは違って、そこに「卒業に必要な単位を満たしている」という細かなニュアンスは含んでいません。そのため、どちらかというと「卒業できるかはまだわかりませんが、卒業する予定です」と伝えていることになってしまいます。

「卒業予定」でも「卒業見込み」でもぱっと見た際に相手に伝わる情報は同じですが、細かなニュアンスまで気にするのであれば、後者を選択する方が無難でしょう。

職歴は「なし」と書き右寄せで「以上」を書く

ここまでは「学歴」についてのことばかり紹介しましたが、あくまで「学歴・職歴欄」であるため、「職歴」についても触れなければなりません。

「職歴」は学歴のすぐ下に項目を設けて記入していきます。新卒の就職活動の場合、多くの学生に職歴はありませんから「なし」と書き入れましょう。「アルバイトしていたけど…」と思う学生も多いでしょうが、アルバイトの経験の有無をここで伝える必要はありません。

「なし」と書いたそのすぐ下の段には、「以上」と書きます。その際、この文字は「右寄せ」で記入することを忘れないようにしてください。それ以外の文字は左寄せで書くのが基本であるため、ここを誤ってしまう方も少なくありません。

学歴欄は入学・卒業の学校名を「同上」としない

最後に、また「学歴欄」に話を戻します。学歴欄では「前(上)に同じ」という意味の「同上」という言葉を用いないようにしてください。

高等学校以上の教育課程の場合、「入学」と「卒業(見込み)」を表記する必要があるため、必然的に学校の名前を2回書くことになります。同一の名称を連続して書かないといけないことから、省略したいと考える方も多いでしょう。しかし、学歴・職歴欄では省略しないというのがマナーです。

また、これを認めてしまうと「同上」が2行に一度出てくることになります。バランスが悪くなるということも考えられるため、見栄えも考慮して書くようにしてください。

大学3年生のうちに、あなたが受けないほうがいい職業をチェックしよう

就活では、自分が適性のある職業を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな職業に適性があるのか診断してみましょう。

履歴書の学歴欄の書き方をマスターしておこう

この記事では、履歴書の「学歴・職歴欄」に焦点を当て、書き方のポイントや注意点をまとめて紹介していきました。中には細かい箇所の指摘もありましたが、よりよい履歴書を作るためには、それらのことも妥協せずにひとつひとつ確認していく必要があります。

冒頭でも述べましたが、「学歴・職歴欄」からでも自分を効果的にアピールすることや、面接官との会話をうまく広げるための話のネタを提供することは可能です。そのため、履歴書の一項目ではありますが、侮ってはいけません。

この記事で登場したさまざまな情報を参考にして、履歴書の「学歴・職歴欄」の書きかたをマスターしておくようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ