企業研究

電通テックの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

電通テックの平均年収は634万円

電通テックの設立日は2017年1月14日です。電通テックは販売促進に重点を置き、主にイベント関連やキャンペーン、メーカーの商品パッケージのプロモーション、マーケティングなどのWebコンサルティング業務を中心とした、印刷関連の広告代理店です。アジアを中心に国外の関連グループ事業が10社あります。株式会社電通の完全子会社であり、資本金は10億円です。

正式名称:株式会社 電通テック
所在地:東京都千代田区内幸町1-5-3
新幸橋ビル
従業員数:807人
//www.dentsutec.co.jp/

そんな電通テックですが、年収はどれくらいになるのでしょうか。複数の口コミサイトを参照した年収事例は以下のとおりです。

30代前半・商品企画職(女性):400万円
30代前半・法人営業職(男性):650万円
20代後半・企画営業職(男性):500万円
20代前半・制作ディレクター職(男性):360万円
20代前半・経営企画職(女性):360万円

これらの事例から年齢別・役職別の平均年収を算出しました。

電通テックにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 396.8万円 27.0万円 72.8万円
25~29歳 537.0万円 36.5万円 98.6万円
30~34歳 608.0万円 41.4万円 111.6万円
35~39歳 670.7万円 45.6万円 123.1万円
40~44歳 711.8万円 48.4万円 130.7万円
45~49歳 741.8万円 50.5万円 136.2万円
50~54歳 749.8万円 51.0万円 137.6万円
55~59歳 741.4万円 50.4万円 136.1万円
60~64歳 548.9万円 37.3万円 100.8万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

電通テックの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 27.0万円 72.8万円 396.8万円
23歳 28.9万円 78.0万円 424.8万円
24歳 30.8万円 83.1万円 452.8万円
25歳 32.7万円 88.3万円 480.9万円
26歳 34.6万円 93.4万円 508.9万円
27歳 36.5万円 98.6万円 537.0万円
28歳 37.5万円 101.2万円 551.2万円
29歳 38.5万円 103.8万円 565.4万円
30歳 39.4万円 106.4万円 579.6万円
31歳 40.4万円 109.0万円 593.8万円
32歳 41.4万円 111.6万円 608.0万円
33歳 42.2万円 113.9万円 620.5万円
34歳 43.1万円 116.2万円 633.0万円
35歳 43.9万円 118.5万円 645.6万円
36歳 44.8万円 120.8万円 658.1万円
37歳 45.6万円 123.1万円 670.7万円
38歳 46.2万円 124.6万円 678.9万円
39歳 46.7万円 126.1万円 687.1万円
40歳 47.3万円 127.6万円 695.3万円
41歳 47.9万円 129.1万円 703.5万円
42歳 48.4万円 130.7万円 711.8万円
43歳 48.8万円 131.8万円 717.8万円
44歳 49.2万円 132.9万円 723.8万円
45歳 49.7万円 134.0万円 729.8万円
46歳 50.1万円 135.1万円 735.8万円
47歳 50.5万円 136.2万円 741.8万円
48歳 50.6万円 136.5万円 743.4万円
49歳 50.7万円 136.7万円 745.0万円
50歳 50.8万円 137.0万円 746.6万円
51歳 50.9万円 137.3万円 748.2万円
52歳 51.0万円 137.6万円 749.8万円
53歳 50.9万円 137.3万円 748.1万円
54歳 50.8万円 137.0万円 746.4万円
55歳 50.7万円 136.7万円 744.8万円
56歳 50.6万円 136.4万円 743.1万円
57歳 50.4万円 136.1万円 741.4万円
58歳 47.8万円 129.0万円 702.9万円
59歳 45.2万円 122.0万円 664.4万円
60歳 42.6万円 114.9万円 625.9万円
61歳 40.0万円 107.8万円 587.4万円
62歳 37.3万円 100.8万円 548.9万円
63歳 29.9万円 80.6万円 439.1万円
64歳 22.4万円 60.5万円 329.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

自分は広告業界に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、広告業界の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が広告業界に向いているタイプか、診断してみましょう。

電通テックの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,181.1万円
課長 923.8万円
係長 703.5万円
20~24歳の一般社員 396.8万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

電通テックの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.02万円
修士了 20.02万円

※リクナビ2018より参照しています。

電通テックにおける初任給は大卒、修士了ともに20万200円でした。ただし、東京勤務での実績です。勤務地は総合職の場合、東京、大阪、名古屋にあります。専門職の勤務地は東京だけです。電通グループにおける研修が実施されているので、専門職などはキャリアアップも図ることができるでしょう。

広告業界における年収の傾向と生涯賃金

広告業界とは

広告業界が主に扱うのは、テレビや新聞の「マスメディア系」、電子や駅などの広告を扱う「鉄道系」などが挙げられます。最近ではITが普及して、テレビや新聞の次にシェア率が高いのがインターネット広告です。

インターネット広告費は2016年度の電通調べで約1兆3千億円、13.0%増という結果をもたらしています。電通テックのような、インターネットを通じて企業の製品をブランディングするデジタルマーケティングが注力されています。

広告業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 電通テック 広告業界
20~24歳 396.8万円 441.4万円
25~29歳 537.0万円 594.3万円
30~34歳 608.0万円 674.6万円
35~39歳 670.7万円 751.3万円
40~44歳 711.8万円 789.3万円
45~49歳 741.8万円 785.8万円
50~54歳 749.8万円 785.0万円
55~59歳 741.4万円 752.6万円
60~64歳 548.9万円 581.8万円
生涯賃金 2.85億円 3.08億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

電通テックの年収は、広告業界の平均を下回っています。30~34歳では66万円程の差がつく予測です。年収がもっとも高い50~54歳の時点では、業界平均を36万円ほど下回ります。それでも生涯年収は2億8,500万円となっているため、十分高収入といえる範囲でしょう。

まとめ

ここまで、デジタルマーケティングを手掛けている、電通テックの年収を見てきました。広告業界の平均と比べて年収は低いようですが、インターネット広告の需要は上がっているようなので、今後の動き次第で年収が変わってくるかもしれません。専門職はきちんとした研修がおこなわれており、生涯年収も安定した収入が得られる水準だといえるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ