企業研究

アドウェイズの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

アドウェイズにおける最近の平均年収推移

アドウェイズは、広告事業において日本だけでなく、世界的にシェアを広げる企業です。アドウェイズは、主にインターネットを利用してコンテンツ開発など広告事業をおこなっています。ここでは、アドウェイズの平均年収と生涯賃金、年齢別・役職別の年収などをご紹介します。

アドウェイズとは

正式名称:株式会社アドウェイズ
所在地:東京都新宿区西新宿八丁目17番1号 住友不動産新宿グランドタワー38階
従業員数:496人
平均年齢:31歳
平均勤続年数:3.4年
//www.adways.net/company.html
※有価証券報告書を参照

アドウェイズは、日本・中国・韓国・台湾・東南アジア・アメリカなど世界12カ国で広告事業を展開する企業です。中国でトップシェアを誇るインターネット広告代理店で、グループ合計で社員が1,000人を超えます。アフィリエイト広告事業 、スマートフォン広告事業、コンテンツ開発・運営事業 を主におこなっています。

近年の平均年収推移

アドウェイズの近年の平均年収の推移を調べてみました。

年度 平均年収
平成28年 527.0万円
平成27年 521.0万円
平成26年 523.0万円
平成25年 511.0万円
平成24年 510.0万円

※有価証券報告書を参照しています。

アドウェイズの過去5年間の平均年収は、510~527万円でした。年収において、5年間大きな変動は見られません。毎年度安定した年収だったといえるでしょう。日本の企業全体の平均年収が422万円といわれているので、アドウェイズの平均年収は比較的高い水準です。

IT業界の業界・企業研究を進めよう

IT業界で働きたいという就活生は、その仕組みや各企業について把握することが大切です。業績推移や各社の強みを知っておくことで、「この企業でなければならない」という入社意欲を志望動機に反映させることができるでしょう。

そこでおすすめなのが「IT業界の業界研究マニュアル」です。無料でダウンロードできるため、効率的に業界・企業研究を進めたい就活生におすすめです。

アドウェイズにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 340.5万円 23.7万円 56.6万円
25~29歳 450.9万円 31.3万円 75.0万円
30~34歳 508.7万円 35.3万円 84.6万円
35~39歳 562.9万円 39.1万円 93.6万円
40~44歳 594.1万円 41.3万円 98.8万円
45~49歳 600.5万円 41.7万円 99.8万円
50~54歳 615.2万円 42.7万円 102.3万円
55~59歳 607.4万円 42.2万円 101.0万円
60~64歳 463.6万円 32.2万円 77.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

アドウェイズの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 23.7万円 56.6万円 340.5万円
23歳 25.2万円 60.3万円 362.6万円
24歳 26.7万円 64.0万円 384.7万円
25歳 28.3万円 67.6万円 406.8万円
26歳 29.8万円 71.3万円 428.9万円
27歳 31.3万円 75.0万円 450.9万円
28歳 32.1万円 76.9万円 462.5万円
29歳 32.9万円 78.8万円 474.1万円
30歳 33.7万円 80.7万円 485.6万円
31歳 34.5万円 82.7万円 497.2万円
32歳 35.3万円 84.6万円 508.7万円
33歳 36.1万円 86.4万円 519.6万円
34歳 36.9万円 88.2万円 530.4万円
35歳 37.6万円 90.0万円 541.2万円
36歳 38.4万円 91.8万円 552.1万円
37歳 39.1万円 93.6万円 562.9万円
38歳 39.5万円 94.6万円 569.2万円
39歳 40.0万円 95.7万円 575.4万円
40歳 40.4万円 96.7万円 581.6万円
41歳 40.8万円 97.7万円 587.9万円
42歳 41.3万円 98.8万円 594.1万円
43歳 41.4万円 99.0万円 595.4万円
44歳 41.5万円 99.2万円 596.7万円
45歳 41.5万円 99.4万円 597.9万円
46歳 41.6万円 99.6万円 599.2万円
47歳 41.7万円 99.8万円 600.5万円
48歳 41.9万円 100.3万円 603.4万円
49歳 42.1万円 100.8万円 606.3万円
50歳 42.3万円 101.3万円 609.3万円
51歳 42.5万円 101.8万円 612.2万円
52歳 42.7万円 102.3万円 615.2万円
53歳 42.6万円 102.0万円 613.6万円
54歳 42.5万円 101.7万円 612.1万円
55歳 42.4万円 101.5万円 610.5万円
56歳 42.3万円 101.2万円 608.9万円
57歳 42.2万円 101.0万円 607.4万円
58歳 40.2万円 96.2万円 578.6万円
59歳 38.2万円 91.4万円 549.9万円
60歳 36.2万円 86.6万円 521.1万円
61歳 34.2万円 81.9万円 492.4万円
62歳 32.2万円 77.1万円 463.6万円
63歳 25.8万円 61.7万円 370.9万円
64歳 19.3万円 46.2万円 278.2万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

アドウェイズの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,013.8万円
課長 792.9万円
係長 603.8万円
20~24歳の一般社員 340.5万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

アドウェイズの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 28万円

※リクナビ2018より参照しています。

アドウェイズの大卒の初任給は、28万円でした。基本給の他に、通勤手当が全額支給されます。賞与は、半期年俸制のためありません。

広告業界における年収の傾向と生涯賃金

広告業界とは

広告業界とは、企業や商品を様々な手法で宣伝し利益を得る企業を指します。広告代理店には、「マスメディア系」「鉄道系」「専門系」があります。近年は、商品などをインターネットメディアを通じてプロモーションする、インターネット広告が急増しています。広告業界の大手として電通、情報堂DYHD、アサツーディ・ケイなどが挙げられるでしょう。

広告業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 アドウェイズ 広告業界
20~24歳 340.5万円 441.4万円
25~29歳 450.9万円 594.3万円
30~34歳 508.7万円 674.6万円
35~39歳 562.9万円 751.3万円
40~44歳 594.1万円 789.3万円
45~49歳 600.5万円 785.8万円
50~54歳 615.2万円 785.0万円
55~59歳 607.4万円 752.6万円
60~64歳 463.6万円 581.8万円
生涯賃金 2.37億円 3.08億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

アドウェイズの生涯賃金は、2億3,700万円になると予想されます。広告業界の平均生涯賃金は、3億800万円となっているので、約7,100万円ほど減少傾向にあるといえます。アドウェイズの平均年収が最も高くなるのは、50歳~54歳の約615万円と推測され、広告業界の50歳~54歳の平均年収と比較すると約170万円ほど低いと予想されます。

まとめ

アドウェイズは、日本だけでなく世界にシェアを広げる広告代理店です。特に中国ではトップシェアを誇っています。平均年収は500万円前半と、日本の企業全体の平均年収と比較すると高いといえます。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ