就活その他

ディベロッパーの売上高・平均年収ランキング|仕事内容なども紹介

ディベロッパーは街づくりに欠かせない職業

ディベロッパーは街づくりの方針をまとめ、中心的立場で推進していく仕事です。街づくりには欠かせない職業であり、自身が中心となり、街づくりのプロジェクトを完遂した時には大きなやりがいを感じることの出来る仕事だと言えるでしょう。

そのため就職活動の中でディベロッパーを志望する就活生は多く存在しており、内定獲得への競争率は非常に高いものになります。しかし一方でディベロッパーの仕事について深く理解している就活生はあまり多くありません。

そこでこの記事では、ディベロッパーについて、基本的な部分から解説していきます。以下の情報を参考に、ディベロッパーの仕事についての理解を深め、ライバルたちとの競争の中で一歩前に進めるようにしておきましょう。

ゼネコンとディベロッパーの違い

就活生の中で、ディベロッパーとゼネコンを混同してしまっている人が一定数います。予備知識が無いと、「どちらも街づくりをする仕事」と捉えてしまうことでしょう。しかしこれらの仕事は明確に異なるものなのです。ディベロッパーは街づくりを行う土地を購入し、その土地をどのように開発するか考え、その開発に向け中心となって動く役割を担っています。

一方ゼネコンは、ディベロッパーの開発アイデアを実際に図面に落とし込み、それを建築していく際、関わるさまざまな業者を取りまとめ、進める役割を担っているのです。どちらも街づくりにおける中心的な立場にいることに変わりはないのですが、街づくりへの関り方に違いがあるのです。

そして、ひと口にディベロッパーといっても、ディベロッパーにはさまざまな種類があります。一番イメージしやすいのは大規模再開発を手掛けるディベロッパーでしょう。東京駅の大手町方面や渋谷駅など、駅前で大規模再開発が行われているところもあり、非常にスケールの大きい仕事に従事する機会があります。

またマンション開発を専門に扱うディベロッパーや、リゾート開発、オフィスビルの開発、戸建て街の開発を手掛けるディベロッパーなど、その種類は多岐に渡ります。ディベロッパーに仕事内容はどのような開発に携わるかにより、大きく異なってきます。そのため自身がどのような街づくりに携わりたいと考えているのかを明確にしておく必要があるのです。

ディベロッパーとは?

ディベロッパーについて理解を深めるためには、そもそもディベロッパーとはどんな職業であるのかを知っておくことが大切です。ディベロッパーとはどんな仕事であるのか、どのような就職先があり、どんな業界で活躍しているのかなどを知っていきましょう。

ディベロッパーは幅広い業界に存在する仕事ではなく、活躍できる業界は限られています。ディベロッパーについての理解を深めると同時に、該当する業界、企業への研究も進めていくことが大切です。

事業開発をする仕事

ディベロッパーは大きく言えば事業開発をする仕事であり、英語のdeveloper、開発者という意味からきています。ディベロッパーは不動産業界の仕事の一つであり、開発する事業の対象は多岐にわたります。

ビルやマンションなどの開発や駅の開発、再開発、リゾート開発などさまざまな仕事があり、都市開発を手がける仕事です。手がける事業の種類や規模は所属している企業によって異なりますが、企業規模が大きくなるにつれて大規模な開発を手がけることもできます。

2020年の東京オリンピックの開催に向けて東京ではさまざまな場所で再開発がおこなわれており、それを手がけるのがディベロッパーです。今後もさらに開発需要は高まると考えられており、ディベロッパーはますます注目を集めています。

ディベロッパーの主要企業

ディベロッパーは不動産における事業開発を手がける仕事であるため、就職先は不動産業界になります。不動産業界にもさまざまな企業がありますが、主な就職先としては三井不動産、三菱地所、東急不動産、野村不動産などが挙げられます。

これらは不動産業界を代表する大手企業であり、ディベロッパーとしてもさまざまな事業を手がけている企業です。それぞれディベロッパーとしての役割を持っているものの、企業によって得意とする分野は違いますし、手がける事業開発の特徴なども異なっています。

大きく分ければ事業開発である点では共通していますが、開発の対象が異なることも多いです。ディベロッパーを目指す場合は、志望する企業がどの分野の事業開発に強みがあるのかを調べておきましょう。

三井不動産

三井不動産はいわゆる「三井御三家」の1つで、日本最大の不動産企業です。オフィスビル、商業施設、ホテルなど、幅広い不動産を扱い続けて、日本の不動産業界をリードし続けています。また、三井不動産は東京ディズニーランドを運営するオリエンタルランドのスポンサーとしても知られています。

ディベロッパーという観点から、三井不動産を見てみると、「東京ミッドタウン」「柏の葉スマートシティ」「日本橋再生計画」などを手がけています。三井不動産は、このあと紹介する同業他社よりも給料が高いということが知られています。転職情報のまとめサイトTENSHOCKによると、その平均年収は、1,112万円です。

三菱地所

三菱地所は、三井不動産に次ぐ業界ナンバー2の企業です。東京の丸の内ビルディングに代表されるように東京の丸の内地区一帯の開発に携わっています。他にも、関西ではグランフロント大阪などにも携わっています。不動産ディベロッパーとしてビルや住宅、ホテル事業はもちろんのこと、投資マネジメント事業やアクアシティお台場、プレミアムアウトレットに代表されるような生活産業不動産事業まで幅広くビジネスを展開しています。

先ほど紹介した三井不動産と日本の不動産業界を牽引する三菱地所は、三井不動産に比べて地に足がついており堅実であるとよく言われています。転職情報のまとめサイトTENSHOCKによると、三菱地所の年収は1,229万円です。

住友不動産

住友不動産は、住友グループの大手総合ディベロッパーです。2015年度には、分譲マンションの供給数で日本一になりました。現在は、2020に開催される東京オリンピックに向けて、国家戦力特区の西新宿2丁目で「新宿住友ビル低層部を囲む巨大なアトリウムの整備」に力を入れています。

国家戦略特区にも指定されているこの事業は、住友不動産にとって過去最大の事業となっています。さて、気になる給料についてです。住友不動産の平均年収は就職四季報によると1,199万円と言われています。

東急不動産ホールディングス

東急不動産は、総合不動産業界で4位の会社です。東急不動産を象徴する建物としては、東急プラザ表参道原宿、キュープラザ原宿、あべのキューズモールなどが有名です。また、最近では、渋谷駅周辺の再開発に取り組んでいます。このように、東急不動産は、都内の一等地に強みと開発エリアを持っているということができます。企業名から想像できるように、東急不動産は、東京急行電鉄から分化した企業であるという歴史を持っています。

大東建託

大東建託は、東京都に本社を置く国内の大手ディベロッパーです。大東建託の特徴は、何と言っても「賃貸経営受託システム」でしょう。これによって大東建託は、2017年度に、賃貸住宅管理戸数が100万戸を突破し、業界1位に輝きました。他にも、賃貸仲介件数、住宅供給戸数などでも強みを持っています。これは、他の国内大手ディベロッパーが首都圏や大都市圏に強みを持っているのに対して、大東建託が日本中にしっかりと根を下ろしていることに証左でしょう。

自分は不動産業界に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、不動産業界の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が不動産業界に向いているタイプか、診断してみましょう。

        売上高ランキングTOP5

  1. 三井不動産
  2. 飯田グループホールディングス
  3. 三菱地所
  4. 住友不動産
  5. 東急不動産ホールディングス

三井不動産はディベロッパーとしてだけではなく、不動産業界でも業界1位の売上高を誇り、国内外で広く活躍しています。

三菱地所はオフィスビルの開発に強みがあり、ビル開発事業によって高い収益を獲得している企業です。住友不動産はマンションの開発、販売などに強みがあります。東急不動産は都心部の開発に強みがあり、都内の一等地に開発エリアを有していることが特徴です。

、野村不動産はマンション開発に強みがあります。それぞれ売上高は非常に高いですが、得意とする分野は大きく異なっています。

平均年収ランキング

不動産業界は年収が高い企業も多いですが、ディベロッパーはその中でも特に年収が高い仕事です。ディベロッパー企業の平均年収ランキング以下の通りです。

平均年収が高い企業ランTOP10

  1. 日本商業開発 1,741万円
  2. ヒューリック 1,295万円
  3. 東急不動産ホールディングス 1,213万円
  4. 三菱地所 1,163万円
  5. ランドビジネス 1,145万円

ヒューリックは2008年頃から急成長を遂げている企業であり、駅前のマンションやビルの開発などに強みがあります。東急不動産と三菱地所は企業としての売上高が高く、それが高年収につながっています。

平均年収ランキングでは4位ランドビジネス1,145万円、5位三井不動産1,128万円と続き、いずれも1,000万円を超える高い年収です。不動産業界の中でもディベロッパーは特に高年収な職業であり、高年収を目指して志望する人も多いです。

人企業内定者のESを覗き見!

大手企業に内定した先輩方は、どのようなESを作成したのでしょうか。内定者の回答から、どのような考え方、アピールをしているのかを把握しましょう。「内定者ES100社まとめ」では、なかなか見ることのできないESを100社分ご用意しました!

ANA、トヨタ、三菱東京UFJ銀行、伊藤忠商事、サントリー、IBMなど、就活でも人気が高い企業のESを無料でダウンロードできるため、内定者の回答だけでなく設問の確認がしたいという就活生にもおすすめです。

ディベロッパーに就職するためにしておくべきこと

ディベロッパーは年収の高い企業も多いですし大手企業も多いので、就活生に人気の高い職業です。そのため倍率も高く、就職難易度が高い場合も多いので、しっかりと準備をしてから選考に臨まなければなりません。

ディベロッパーは年収などの待遇も良いですし、やりがいの大きい仕事で、憧れる人も多いです。簡単になれる職業ではありませんので、就職するためにしておくべきことを知り、しっかりと準備をおこないディベロッパーを目指しましょう。

宅地建物取引士の資格勉強

ディベロッパーに就職するためには、宅地建物取引士の資格勉強をしておくことが大切です。宅地建物取引主任者の資格があれば不動産業界への就活では有利に働きますし、仕事をする上でも必要となる場合が多いです。

不動産業界では就職後に資格の取得を求められる場合もありますし、時間のあるうちに勉強をしておくといいでしょう。また資格を取得していれば選考でも評価されますが、必ずしも合格しなければならないわけではありません。

たとえ不合格であっても資格勉強で培った知識は必ず役に立ちますし、取得に向けて勉強をしていることは選考でもアピールできます。ある程度勉強しておくのと、まったくしていないのではアピール力が違いますので、しっかりと勉強しておきましょう。

志望先企業が建てた建物の確認

志望先企業が建てた建物を確認しておくことも、ディベロッパーに就職するためには大切です。同じディベロッパーであっても企業によって得意な分野は違いますし、手がけている建物やその種類などに大きな違いがあります。

ただディベロッパーになりたいだけでは、ディベロッパーであれば他の企業でもいいのではないかと思われる可能性があり、印象が良くありません。ディベロッパーの中でもその企業だからこそ志望したことをアピールすることが大切ですので、建物の特徴などを面接時に述べるようにしましょう。

企業が建てた建物の特徴を詳細まで語り、自分なりの感想を伝えることでよいアピールになります。他の企業とは差別化した志望理由が必要ですので、可能な限り志望企業が手がけた建物を見ておきましょう。

語学力のスキルアップ

ディベロッパーに就職する際、語学力は必須スキルとなります。不動産開発を手掛ける企業の中には、グローバル化を進めている企業も多くいます。そのような企業で働くことになった場合、語学力がないと仕事にならないことも多いのです。不動産開発を行う場合、その国と地域によって守らなければならない法令やルールが多々あります。

そのため海外において不動産開発に携わる際には、現地の人たちと積極的にコミュニケーションを取ることが必要になるのです。日本国内で開発を続けるのには限界があるため、多くの企業が不動産開発のために海外進出していくことになるでしょう。そのような背景から考えると、語学力のスキルアップをしておくことは、ディベロッパーに就職する際、必要な条件となってくると言えるのです。

ディベロッパーに向いている人とは?

ここまでディベロッパーについての概要を解説してきました。では、ディベロッパーで働くにあたって、どのような人が向いていると言えるのでしょうか。ここではディベロッパーに向いている人の特徴を2つ挙げ、それぞれ解説していきます。企業へアピールする際、どの強みを述べるのか効果的なのか迷う人も多くいることでしょう。

どのような人が向いているのかを知ることで、それに沿ったアピールをすることが可能になるのです。より効果的に採用担当者に自身をアピールしていくことが出来るよう、以下の内容をしっかりと把握しておくようにしましょう。

チームプレイが得意な人

ディベロッパーに向いている人の特徴の1つ目は、チームプレイが得意な人です。もちろん、どの仕事においてもチームプレイは大切になります。チームが最大限のパフォーマンスを発揮できるよう、自身のやるべきことを考え、行動することが求められるのです。

ディベロッパーの場合、自社内の自身が所属するチームだけで仕事が完結することはまずありません。開発の規模が大きくなればなるほど、さまざまな企業の関係者と関わりながら動くことが必要になるのです。

ディベロッパーには多くの関係者をまとめ、中心的に役割を担い、開発事業を推進していくことが求められます。そのため、チームプレイについてより一層高いスキルを求められているのです。

同業者以外の人脈が作れる人

ディベロッパーに向いている人の特徴の2つ目は、同業者以外の人脈が作れる人が挙げられます。仕事をしていると、同業者の方と知り合う機会も多くあります。その中でつい同業者以外の人との交流が疎かになってしまうことはよくあることです。しかしディベロッパーの場合、常に最適な街づくりを促進するため、業界に捉われないアイデアを出すことが必要とされているのです。

同業者以外の人脈がないと、思考も偏ってきてしまい、最適な街づくりを進められなくなってしまう恐れがあります。そのようなことのないよう、ディベロッパーとして働く人には、同業者以外の人脈もしっかりと作り、日常的に情報交換を行い、多くの情報に触れていることが求められているのです。

ディベロッパーの売り上げ・平均年収を参考に企業研究を進めよう

ディベロッパーは事業開発の仕事を手がける職業であり、企業によっては大規模な都市開発をおこなっている場合もあります。東京オリンピックに向けて再開発が進んでいる地域も多いですし、ディベロッパーはますます注目を集めている職業です。

またディベロッパーが活躍しているのは国内だけではありません。海外にも事業を展開し、世界的に活躍している企業も数多くあります。ディベロッパーの仕事は地図に残る仕事ですし、仕事の規模も大きいためやりがいのある仕事です。

加えて平均年収も高く、高年収が期待できる職業でもあります。ディベロッパーは人気の高い職業ですので、しっかりと準備をしておくことが大切です。ディベロッパーのことを正しく理解し、話題の職業への就活を成功させましょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ