企業研究

NTT東日本の平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

NTT東日本の平均年収は905.4万円

複数の口コミ調べによると、NTT東日本の平均年収は905.4万円程度です。20代では約500~700万円、30代では約810~930万円程度の年収が見込まれます。

NTT東日本は、1999年7月に設立された情報通信業務をおこなう企業です。主に電話サービスやネット通信サービスなどを提供しており、光回線サービス「フレッツ光」の契約数はNTT西日本と併せて2,000万件を超えています。

NTT東日本は「人と通信で、地域をつなぐ会社」をありたい姿として掲げています。全国にグループ会社が23社あり、事業所は6事業部・29支店あります。また、資本金は3,350億円です。

正式名称:東日本電信電話株式会社
所在地:東京都新宿区西新宿3-19-2
従業員数:4,850人

NTT東日本における年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 499.6万円 31.5万円 121.7万円
25~29歳 695.5万円 43.8万円 169.5万円
30~34歳 807.3万円 50.9万円 196.7万円
35~39歳 926.7万円 58.4万円 225.8万円
40~44歳 1,006.5万円 63.4万円 245.3万円
45~49歳 1,101.0万円 69.4万円 268.3万円
50~54歳 1,172.2万円 73.9万円 285.6万円
55~59歳 1,164.3万円 73.4万円 283.7万円
60~64歳 775.9万円 48.9万円 189.1万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

NTT東日本の1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 31.5万円 121.7万円 499.6万円
23歳 34.0万円 131.3万円 538.8万円
24歳 36.4万円 140.8万円 578.0万円
25歳 38.9万円 150.4万円 617.1万円
26歳 41.4万円 159.9万円 656.3万円
27歳 43.8万円 169.5万円 695.5万円
28歳 45.2万円 174.9万円 717.8万円
29歳 46.7万円 180.4万円 740.2万円
30歳 48.1万円 185.8万円 762.6万円
31歳 49.5万円 191.3万円 784.9万円
32歳 50.9万円 196.7万円 807.3万円
33歳 52.4万円 202.5万円 831.2万円
34歳 53.9万円 208.4万円 855.0万円
35歳 55.4万円 214.2万円 878.9万円
36歳 56.9万円 220.0万円 902.8万円
37歳 58.4万円 225.8万円 926.7万円
38歳 59.4万円 229.7万円 942.6万円
39歳 60.4万円 233.6万円 958.6万円
40歳 61.4万円 237.5万円 974.6万円
41歳 62.4万円 241.4万円 990.5万円
42歳 63.4万円 245.3万円 1,006.5万円
43歳 64.6万円 249.9万円 1,025.4万円
44歳 65.8万円 254.5万円 1,044.3万円
45歳 67.0万円 259.1万円 1,063.2万円
46歳 68.2万円 263.7万円 1,082.1万円
47歳 69.4万円 268.3万円 1,101.0万円
48歳 70.3万円 271.8万円 1,115.3万円
49歳 71.2万円 275.2万円 1,129.5万円
50歳 72.1万円 278.7万円 1,143.7万円
51歳 73.0万円 282.2万円 1,157.9万円
52歳 73.9万円 285.6万円 1,172.2万円
53歳 73.8万円 285.2万円 1,170.6万円
54歳 73.7万円 284.9万円 1,169.0万円
55歳 73.6万円 284.5万円 1,167.5万円
56歳 73.5万円 284.1万円 1,165.9万円
57歳 73.4万円 283.7万円 1,164.3万円
58歳 68.5万円 264.8万円 1,086.7万円
59歳 63.6万円 245.9万円 1,009.0万円
60歳 58.7万円 226.9万円 931.3万円
61歳 53.8万円 208.0万円 853.6万円
62歳 48.9万円 189.1万円 775.9万円
63歳 39.1万円 151.3万円 620.7万円
64歳 29.3万円 113.4万円 465.6万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

通信業界の業界・企業研究を進めよう

通信業界で働きたいという就活生は、仕組みや各企業について把握することが大切です。業績推移や各社の強みを知っておくことで、「この企業でなければならない」という入社意欲を志望動機に反映させることができるでしょう。

そこでおすすめなのが「通信業界大研究Book」です。NTTグループやその他企業の特徴やトピックスに目を通して理解を深めましょう。無料でダウンロードできるため、効率的に業界・企業研究を進めたい就活生におすすめです。

NTT東日本の役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 1,487.3万円
課長 1,163.3万円
係長 885.9万円
20~24歳の一般社員 499.6万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

NTT東日本の大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 20.937万円
修士了 23.436万円
博士了 28.33万円

表の初任給は、東京23区内で勤務する場合です。特筆すべき福利厚生として、カフェテリアプランという選択型の福利厚生制度があります。※リクナビ2018より参照しています。

新卒の採用人数は、毎年300名前後のようです。

通信業界における年収の傾向と生涯賃金

通信業界とは

パソコンや電子機器などを使用したデータの送受信をサービスとして提供している業界のことを、通信業界といいます。通信業界は「通信キャリア業界」と「テレビ業界」に大別できます。

通信キャリア業界の企業には、NTT・KDDI・ソフトバンクなどがあり、テレビ業界には、フジテレビ・日本テレビ・TBSなどがあります。いずれの業界も日常に欠かせないものとなっています。

通信業界の平均年収推移と生涯賃金

 

年齢 NTT東日本 通信業界
20~24歳 499.6万円 502.1万円
25~29歳 695.5万円 653.0万円
30~34歳 807.3万円 757.5万円
35~39歳 926.7万円 899.3万円
40~44歳 1,006.5万円 993.2万円
45~49歳 1,101.0万円 1,085.9万円
50~54歳 1,172.2万円 1,189.4万円
55~59歳 1,164.3万円 1,225.4万円
60~64歳 775.9万円 839.1万円
生涯賃金 4.07億円 4.07億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

NTT東日本の平均年収は、通信業界全体の平均よりも高いとの予測が出ています。業界平均と比較すると、30代前半で約807万円、40代前半では約1,007万円もの高値となる予測です。

生涯賃金では、業界平均と比べて、ほぼ同じというシミュレーション結果となりました。

まとめ

ここまでNTT東日本の平均年収と生涯賃金を紹介してきました。シミュレーション結果では、平均年収と生涯賃金のどちらも業界平均を大きく上回りました。

NTT東日本は、NTTグループの企業であり、通信業界を代表する企業です。年収と生涯賃金については安定しているため、心配する必要はなさそうです。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ