面接対策

【正社員面接でばっくれは絶対にNG】正しい面接辞退の方法とばっくれるリスクを紹介

正社員面接でばっくれはNG

正社員面接でばっくれるのは絶対にNGであり、面接をばっくれてしまうことでさまざまなデメリットがあります。就活は目まぐるしく動き回らなければなりませんし、時には面接に行くのが面倒くさいと思ってしまうこともあるでしょう。

また嫌気が差すだけではなく、スケジュール管理が上手くいかず、予定が重なってしまうこともあり、面接をばっくれてしまいたい気持ちになる人も多いです。しかし正社員面接は絶対にばっくれてはいけないものであり、ばっくれることで多くの人に迷惑をかけてしまいます。

就活は大変ですので、ばっくれてしまいたいと思う気持ちが起こることもありますが、ぐっと抑えることが大切です。ばっくれたいと感じたときも冷静に考え、誰にも迷惑をかけないように対処していきましょう。

正社員面接をばっくれるリスク

正社員面接をばっくれるリスク

なぜ正社員面接をばっくれてはいけないのかを正しく理解するためには、ばっくれることで背負うリスクを知っておくことが大切です。正社員面接をばっくれればその企業の選考が続けられなくなることは当然ですが、その他にもさまざまなリスクがあります。

選考が受けられなくなるだけならまだましですし、自分だけの問題で済みます。しかしばっくれることで自分以外の人にも大きく迷惑をかけてしまいますので、どんなリスクがあるかを知って、絶対にばっくれないようにしましょう。

面接をばっくれた企業と関わりを持つ可能性がある

面接をばっくれればその企業の選考は今後受けることができませんが、そこで縁が完全に切れるわけではありません。社会人になってから企業同士で付き合いがある可能性もあり、ばっくれたことが原因で仕事が上手く進まなくなる可能性もあります。

社会は広いようで意外に狭いですし、企業同士のつながりは多岐にわたりますので、ばっくれた企業と社会人になってから絶対に関わらない保証はありません。相手が自社の選考をばっくれた人間であるとわかれば当然印象は悪くなりますし、担当者の印象が悪くなれば企業の印象も悪くなります。

印象が悪くなってしまえば企業同士のつながりが切れる可能性もあり、仕事が潰れてしまう可能性もあります。面接のばっくれは社会人になってからも不安要素として残り続けるので注意が必要です。

大学の評判が下がる

面接をばっくれることで、ばっくれた本人の評価は当然最悪になりますが、それだけではなく大学の評判まで悪くなってしまいます。「面接にばっくれる学生のいる大学」というイメージがついてしまうと次年度の就活生へ影響を与える可能性があり、後輩にも大きく迷惑をかけてしまいます。

ばっくれた企業が大学の推薦先の一つであれば、推薦の取り決めはなくなってしまう可能性もありますし、後輩にとってはいい迷惑です。選考では学歴が関係することも多いですが、それだけではなく大学のイメージが関係することも多いです。

大学のイメージは他の学生と評価が均衡したときの判断要素の一つになる場合もあります。大学の評判を下げることでさまざまな弊害が起こりますので、注意が必要です。

社会的信用を失う

面接をばっくれることでさまざまな人に迷惑がかかりますが、自身が背負うリスクも大きく、社会人として最も大切な社会的信用を失う可能性があります。ビジネスは信用で成り立っているものであり、信用がなくなることが最も恐ろしいことです。

企業の信用がなくなれば仕事がなくなりますし、仕事がなくなれば売上が出ず、社員にも給料が払えなくなり、会社は倒産してしまいます。個人としても社会的な信用がなければカードが使えなかったり、大きな買い物をするときにローンが組めないなど問題は多く、信用は非常に大切です。

面接をばっくれることでばっくれた企業からの信用はなくなりますし、他の企業にもその情報が伝わる可能性があり、社会人生活が危機に晒される危険性があります。

面接を辞退する時の正しい対応

面接をばっくれることには大きなリスクが伴いますし、非常に迷惑なことですので絶対にやってはいけません。面接を受ける意志がなくなったのであればばっくれるのではなく、正しい手順を踏んで面接を辞退することが大切です。

面接を辞退することでも企業に迷惑をかけてしまう場合もありますが、被害は最小限に抑えられますし、リスクを背負う心配はなくなります。面接の正しい辞退の方法を知り、ばっくれるのではなく辞退して迷惑をかけないようにしましょう。

1番好ましいのは電話での連絡

面接を辞退する方法はさまざまありますが、1番好ましいのは電話での連絡です。電話であれば面接を辞退することが確実に伝わりますし、その場ですぐに辞退することを確定させることができます。

辞退の連絡を電話でする場合は企業の営業時間内に連絡をするようにしましょう。営業時間外は電話をしても誰も出ない可能性が高いですし、場合によっては残業で残っている可能性もありますが、基本的には営業時間内の連絡がマナーです。

また営業時間内でも始業時間や終業時間ぎりぎりは避けなければなりません。それらの時間帯は忙しいことも多く、電話に対応するのが難しい場合があります。企業が最も対応しやすいのは日中ですので、可能な限り営業時間内の日中に連絡するようにしましょう。

日程に余裕がある時はメールで連絡しても良い

面接辞退の連絡は電話でするのが好印象ですが、面接まで日にちがある場合はメールでの連絡でも構いません。1週間以上余裕がある場合から3日前くらいまではメールで辞退をすることも可能です。

面接日まで余裕があればメールでの辞退でも構いませんが、当日の辞退は必ず電話でするようにしなけばなりません。面接当日は企業も忙しいですし、面接をしていればメールのチェックができない可能性も高いです。

当日に辞退のメールを送っても読んでもらえない可能性が高く、読んでもらえなければばっくれたことになってしまいます。辞退の連絡は確実に伝えることが大切ですので、当日の辞退は必ず電話でし、前日などぎりぎりの場合も電話での連絡が無難でしょう。

面接辞退をする時にメール例文

件名:面接辞退のご連絡 ○○大学○○(名前)

○○株式会社 人事部 採用担当○○様

いつも大変お世話になっております。
○○大学文学部の○○(名前)と申します。

〇月〇日(月)の12時30分より面接のご案内を頂いておりましたが、
諸般の事情により辞退させて頂きたく、ご連絡致しました。
面接のお時間を頂いていたにも関わらず大変申し訳ございません。
お忙しいところ大変恐縮ではございますが、ご了承宜しくお願い致します。

末筆ながら貴社のご発展を心よりお祈り申し上げます。

署名

面接辞退のメールでは件名で内容がすぐにわかるようにする必要があります。例文のように「面接辞退のご連絡」や「面接辞退のお願い」などにしておきましょう。メールで辞退する場合は何日の何時からの面接を辞退するのかを詳細まで記載する必要があります。
名前から調べれば時間はわかりますが、企業に手間をかけさせないためにも詳細な時間を記載しましょう。
辞退の理由としては「諸般の事情」や「一身上の都合」などで構いません。辞退するという言葉を使って、明確に辞退の意志を伝えていきましょう。

正しい面接辞退のタイミング

面接を辞退する正しいタイミングは、辞退を決めたときです。面接辞退を決断した時点で素早く連絡をし、少しでも企業に迷惑をかけないようにしましょう。ばっくれるメリット、そして辞退の連絡を先延ばしにするメリットは一つもありませんので、連絡は早めにすることが大切です。

辞退すること自体は悪いことではないため、誠意を持って堂々と連絡をするようにしましょう。辞退の連絡をしても面接日ぎりぎりでは企業に迷惑がかかる可能性がありますし、当日の辞退も大きく迷惑をかけてしまいます。

早めに辞退することがわかっていれば空いた時間を他の就活生に回すなど、企業でも対応することができます。ぎりぎりの連絡だと無駄な時間が生まれてしまいますので、素早く連絡をすることを心がけましょう。

社会に足を踏み入れているという自覚を持とう

アックスオンについて研究して就活に臨もう!

面接をばっくれることは多くの人に迷惑がかかりますし、さまざまなリスクがあります。社会人としての信用を大きく損なう行為ですので、絶対にNGであることを覚えておきましょう。

就活は社会人としての自覚を持っていなければ上手くいきませんし、就活では実際に社会に足を踏みいれていることを忘れてはいけません。いつまでも学生気分でいることはできませんので、就活中は社会人として行動を選択していく必要があります。面接をばっくれることは百害あって一利なしです。

ばっくれたことが就活でプラスになることはありませんし、多くのリスクを抱え、就活だけではなく今後の社会人生活をも苦しめてしまいます。ばっくれるのではなく、きちんと辞退の連絡をし、社会人として正しい行動を心がけましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ