職種研究

インテリアコーディネーターの平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

インテリアコーディネーターとは

インテリアコーディネーターは、内装や家具、壁紙、照明器具、そのほかの住宅設備など、インテリアに関する幅広い知識を持ち、その知識をもとにインテリアについて商品選択などのアドバイスを行います。

インテリアコーディネーターという資格があり、インテリア産業協会が行う資格試験に合格すると取得ができます。

インテリアコーディネーターの業務内容

インテリアコーディネーターの主な業務内容は、インテリアに関する知識をもとに家具や内装の商品選択などインテリアのアドバイスを行うことです。

具体的は、まず顧客の住まいやお部屋をどんな風にしたいかという希望や予算などをヒアリングし、その要望に沿ってプランを立てます。部屋の全体の雰囲気から床や壁、天井などの内装、証明、家具などのイメージを固めたら、イメージと予算に沿った商品選択を行います。それらを元に資料を作り、顧客に提案、提案が通れば商品や素材の発注という流れになります。提案資料にはパースや設計図面、PCソフトを使った立体モデルなど、の情報を載せることもあり、その場合パースや図面を描けるスキルや、PCソフトを使えることが必要になります。

働く場所としては、インテリア関連商品(カーテン・壁素材・照明・家具・設備機器・インテリア小物等)のメーカーやそのショールーム、インテリアショップ、住宅メーカー、設計事務所、デザイン事務所、不動産会社など多岐にわたります。一方、独立しフリーランスとして活躍するインテリアコーディネーターもいます。

近年はリフォームが増えていることもあり、このようにインテリアコーディネーターが働ける場所やできる仕事は多様であり、需要が増えていく仕事だと言えます。

あなたの就活力は何点?

就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

インテリアコーディネーターに求められる能力について

  • インテリアへの高い関心
  • ヒアリング力

インテリアコーディネーターに求められる能力・スキルは、インテリアへの高い関心とヒアリング力です。

言わずもがなではありますが、インテリアコーディネーターは専門職ゆえにインテリアへの知識や関心は非常に大切です。インテリアに関する商品はとても幅広く深く、イス一つ見ても世界中に数多のメーカーがあり、デザイン、座り心地、使用する素材、用途によって様々です。家具だけでも多くのメーカーがあり、加えて天井や壁紙といった内装、部屋に飾るインテリア雑貨についても同様です。それら数多くの商品・素材の中からお客様の希望に適した商品を選ぶには、膨大な知識量が必要となります。そうしたインテリアに関するたくさんの知識を覚えるには、インテリアへの関心が高くないと難しいと言えます。

ヒアリング力も重要です。まず顧客のお部屋や家の要望をヒアリングしますが、インテリアにそれほど詳しくない顧客が話すイメージを、専門知識をもとにより明確なイメージに表現したり、あるいは顧客の期待を超えられるようなインテリアの提案をする必要があります。そのため、顧客から伝えられる希望を的確に把握すること、また会話のなかから隠れたニーズや要望も読み取るヒアリング力があれば、より満足してもらえるインテリアを提案できるでしょう。

インテリアコーディネーターの平均年収と他職種との比較

インテリアコーディネーターの平均年収について

キャリアガーデンによれば、インテリアコーディネーターの平均年収は約375万円です。しかし、所属する企業などによって年収は変動します。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • 住宅・建材メーカー営業:427万円
  • 内装・インテリア設計:448万円
  • 一級建築士:644万円

日本の平均年収と比べて、インテリアコーディネーターの平均年収は50万円ほど低いと予測されます。また、住宅・建材メーカー営業や内装・インテリア設計とは50~70万円ほどの差があります。一級建築士と比べると、270万円ほど低いと予測されます。

インテリアコーディネーターのボーナス・昇給事情

ボーナスについて

インテリアコーディネーターのボーナスについて詳しい情報は存在しません。所属する業界や企業によってある、なしや金額も異なっており、一概には断言できないでしょう。

昇給について

どのように昇級するかは企業の規定によって異なりますが、インテリアコーディネーターは専門職のため、コーディネーターの成果やスキルによって昇給できる可能性はあるといえます。

インテリアコーディネーターの年齢別平均年収推移シミュレーション

インテリアコーディネーターの年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 234.2万円 16.1万円 41.4万円
25~29歳 305.0万円 20.9万円 53.9万円
30~34歳 351.4万円 24.1万円 62.1万円
35~39歳 385.1万円 26.4万円 68.0万円
40~44歳 415.1万円 28.5万円 73.3万円
45~49歳 438.8万円 30.1万円 77.5万円
50~54歳 457.1万円 31.4万円 80.8万円
55~59歳 450.5万円 30.9万円 79.6万円
60~64歳 337.7万円 23.2万円 59.7万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は351.4万円、うちボーナスは24.1万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が415.1万円、うちボーナスは28.5万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

インテリアコーディネーターと日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 インテリアコーディネーターの平均年収 日本の平均年収
20~24歳 234.2万円 263.5万円
25~29歳 305.0万円 343.3万円
30~34歳 351.4万円 395.5万円
35~39歳 385.1万円 433.4万円
40~44歳 415.1万円 467.1万円
45~49歳 438.8万円 493.8万円
50~54歳 457.1万円 514.4万円
55~59歳 450.5万円 507.0万円
60~64歳 337.7万円 380.1万円

インテリアコーディネーターの平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると低いと言えるでしょう。30~34歳の平均年収は351.4万円で、日本の平均と比較すると40万円ほど低くなると推測されます。40~44歳では415.1万円の予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

インテリアコーディネーターの生涯賃金シミュレーション

インテリアコーディネーターの平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 1.69億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金とインテリアコーディネーターの生涯賃金を比較してみましょう。インテリアコーディネーターの平均年収は375万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

インテリアコーディネーターの生涯賃金は、1.69億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると2,100万円ほど少ないと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

まとめ

インテリアコーディネーターの仕事は、平均年収データのみみればやや低めだと予測されます。しかし、近年では中古マンションや中古戸建を安値で購入し、自分の好きなようにリフォームするというリノベーションが多くなっています。また、帰る家をリラックスできる場所にしようとインテリアに関心を持つ人も増加しています。こうした住宅・インテリア業界の動向を考慮すると、今後も需要が見込める仕事だと言えるでしょう。

インテリアコーディネーターは、自身のスキルが成長すれば独立しフリーランスとして活躍したり事務所を持つこともでき、スキル次第でさまざまな働き方が可能です。自分の能力・スキル次第で自分の道を切り開いていけるのも魅力の一つと言えるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ