職種研究

社内SEの平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

社内SEとは

社内SEは、その名前通り相手企業のシステムを開発するのではなく、自社のシステム開発・管理をおこなう職種です。大手企業になると欠かすことのできない職種になります。表にはあまりでない職種ではありますが、社内のシステムを管理する重要な職種である社内SEとは、一体どのような職種でしょうか。

また、その社内SEの平均年収や賞与などは、どのようになっているのでしょうか。詳しい情報を調べてみました。

社内SEの業務内容

社内SEはITエンジニア関連の職種です。基本的に、SEというと契約企業のシステムを管理・開発するイメージですが、社内SEはあくまで自社のシステムやPCなどの機器を調整します。

社内ESの業務内容として挙げられるのは、マルチタスクとして社員が使用するPCの管理が挙げられるでしょう。PCに不具合が生じた場合や、初期設定などを任される場合があります。次に、導入するシステムの保守・運用・改善、そしてシステムの企画など、IT環境の整備、業務フローの最適化なども社内ESがおこないます。

これらの業務内容から分かるように、社内SEは自社のシステムからPC機器に関わる全ての業務を把握しておく必要があります。そのため、ITエンジニアの最終キャリアとして目指す人も少なくありません。

あなたの面接力は何点?

面接において、服装などの身だしなみは第一印象に大きな影響を与えます。また、自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?

それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードして、効率的に面接対策を進めましょう。

社内SEに求められる能力について

  • コミュニケーション能力
  • ビジネススキル
  • 改善提案能力

社内ESに一番必要といえるのが、コミュニケーション能力です。社内SEはメンバーのPCの調子が悪くなったときや、初期設定後のセットアップなど、外部よりも身内のメンバーとコミュニケーションをとる回数が非常に多くあります。コミュニケーションをとることが苦手な人の場合、情報共有がうまくいかず、潤滑に社の業務を回せなくなってしまう可能性が大きくなります。

次に必要なのが、ビジネススキルです。ビジネススキルとは、名前の通り「社会人として必要な能力」です。各部署の業務知識を把握し、各部署が求めるシステムを構造していく必要があります。求められるものを実現するためには、技術だけでなく、理解力やヒアリング力など、ビジネススキルに含まれる能力が求められるのです。

最後に改善提案能力です。ITシステムは、最新のものが出続けるため、一生同じシステムを使用していくわけにはいきません。しかし、新しいものに毎回変更すればいいというわけでもないでしょう。コスト面や効率、機能などを把握したうえでの改善、提案能力が社内SEには必要といえます。

社内SEの平均年収と他職種との比較

社内SEの平均年収について

リクナビNEXT調べによれば、社内SEの平均年収は500万円となっています。特に社内SEの平均年収は、30代以降がそれ以前と比べて高くなる傾向があるようです。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • SE:433万円
  • サービスエンジニア:397万円

社内SEの平均年収は、日本の平均年収422万円と比較して、78万円高くなっています。また類似職のSEで433万円、サービスエンジニアで397万円であることから考えても、社内SEの平均年収は高いことがわかります。

社内SEのボーナス・昇給事情

ボーナスについて

社内SEのボーナスの有無については、企業によって差があります。大手の企業では年2回の賞与があるようですが、中小企業は特に企業によってないところもあるため、一概にあるなしを断定できることではありません。

昇給について

社内SEの昇給についても、企業によって事情が異なってきます。昇給制度が整えられている企業も多いですが、ベンチャーや中小企業などは制度として整えられている企業は少なく、今後の整備が期待されます。

社内SEの年齢別平均年収推移シミュレーション

社内SEの年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 312.2万円 21.4万円 55.2万円
25~29歳 406.7万円 27.9万円 71.9万円
30~34歳 468.6万円 32.1万円 82.8万円
35~39歳 513.5万円 35.2万円 90.7万円
40~44歳 553.4万円 38.0万円 97.8万円
45~49歳 585.1万円 40.1万円 103.4万円
50~54歳 609.5万円 41.8万円 107.7万円
55~59歳 600.7万円 41.2万円 106.1万円
60~64歳 450.3万円 30.9万円 79.6万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は468.6万円、うちボーナスは82.8万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が553.4万円、うちボーナスは97.8万円になると予測されます。年収は全体的に高いものの、ボーナスや月給自体はずば抜けて高いということではないようです。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

社内SEと日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 社内SEの平均年収 日本の平均年収
20~24歳 312.2万円 263.5万円
25~29歳 406.7万円 343.3万円
30~34歳 468.6万円 395.5万円
35~39歳 513.5万円 433.4万円
40~44歳 553.4万円 467.1万円
45~49歳 585.1万円 493.8万円
50~54歳 609.5万円 514.4万円
55~59歳 600.7万円 507.0万円
60~64歳 450.3万円 380.1万円

社内SEの平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると年齢を問わず高くなると予測されています。20代からはっきりと差が出ており、30~34歳の平均年収は468.6万円で、日本の平均と比較すると73.1万円ほど高くなると推測されます。40~44歳では553.4万円の予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

社内SEの生涯賃金シミュレーション

社内SEの平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 2.25億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金と社内SE職の生涯賃金を比較してみましょう。社内SEの平均年収は500万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

社内SEと日本の平均的な生涯賃金をシュミレーションした場合、社内SEの生涯賃金の方が大幅に高くなると予測されています。金額にして、3,500万円ほど、日本の平均より高くなると推測できます。

まとめ

社内SEは名前の通り、主に外部より内部のシステムに関わるメンテナンスや改善提案の業務をおこなうので、一見するとクレーム対応などなくうらやましいと思われるかもしれません。しかし、すべてを担う社内SEはメンバーのPC改善から新事業のシステム開発など業務内容は多岐に渡り、潤滑に遂行するためのコミュニケーション能力も求められるなど、決して楽なポジションではないのです。

また、SEのなかでも社内SEは求人数が少ない職業です。スキルやキャリアアップを望む人は、ぜひ技術だけでなくコミュニケーション能力も身につけたうえで、社内SEを目指してみてください。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ