職種研究

保健師の平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

保健師とは

保健師とは、主に病気の予防に関わっている仕事です。具体的には病気の知識の普及啓発を行ったり、健康診断で病気の予備軍の人を見つけ、発症予防のための指導を行ったりしています。

働く場所としては、病院やクリニック、保健所、行政施設などいろいろな場所があります。ここではそんな保健師の概要や平均年収などについて見ていきましょう。

保健師の業務内容

まず、保健師はその勤務先から、企業などに勤務し働く人の健康をケアする“産業保健師”、学校に勤務し生徒や教職員の健康をケアする“学校保健師”、保健所や保健センターなどの行政機関に勤務する“行政保健師”の3つに分類されることが多いです。

それぞれの勤務先によって多少仕事は異なりますが、共通点としては人々が健康な生活を送れるように予防や普及啓発活動から相談業務やケアの調整などを行うという点が挙げられます。

詳しく見ていくと、まず産業保健師は、働く人のストレスチェックや心のケアなどを担っている例が増えています。メンタル面の不調を抱えることなく仕事を続けられるように予防から関わるお仕事です。ただ、残念ながら常勤の産業保健師を雇用している企業はあまり多くはありません。

学校保健師は主に大学や専門学校において健康の相談に対応する保健師です。小学校などにいる保健室の先生は養護教諭というまた別の資格を持った人のため区別が必要です。

行政保健師は、相談業務や家族教室の実施、母子の保健指導などを行っています。保健師の中でも最も多いのはこの行政保健師です。

今の時期に「強みや適職」を知らないと
優良企業に内定できない

就活が本格的に始まる前の今の時期、自分の強みや適性を把握するために自己分析をする必要があります。

もし自己分析をしていないと、自分に合った企業が分からず、企業選びに失敗してしまいます。そうなると入社後やインターン中にミスマッチが生じたり、そもそも選考を突破できないケースが多いです。

そこで、無料の自己分析ツール「My analytics」を活用しましょう。 簡単な質問に答えるだけで、自分の強み・弱み、適性をすぐに診断できます。

今すぐ診断し、自分にあった企業を探すのに役立てましょう!

保健師に求められる能力について

  • 国家資格
  • 責任感
  • コミュニケーション能力

保健師に求められる能力・スキルは国家資格、責任感、コミュニケーション能力です。

保健師になるためには、まず看護師国家資格が必要です。さらにその上で保健師の国家資格を取得する必要があります。大学によっては学部卒業と同時に両方の国家資格の受験資格を得られる場合もありますが、最近の傾向としては、保健師の国家資格は大学院の修士課程卒業と同時に得られる大学が増えてきています。その背景としては、学部教育では看護の専門知識とスキルを獲得することが難しく、その上さらに保健師の勉強をするということが困難であるためです。

また保健師は対象者の健康増進、あるいは疾病予防に携わることから、責任感はとても大切です。保健師の業務の中で相談業務もあるため、一人一人の対象者さんの生活を真摯に考え対応する責任感が必要になります。

さらに、医療職であり人に関わる仕事であるため、対象者のニーズをくみ取ることができるコミュニケーション能力が必要です。実は、保健師さんは対象者さんだけではなく、他の医療職とのコミュニケーションもかなり必要です。理由は、地域で生活している対象者のケアのマネジメントを保健師さんが担っていることが多いからです。そのためコミュニケーション能力は欠かすことができません。

保健師の平均年収と他職種との比較

保健師の平均年収について

転職会議によると、保健師の平均年収は361万円程度です。どこに勤めるかによって年収が異なり、公務員になると比較的高く、安定していることが多いです。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • 看護師:425万円
  • 助産師:530万円

日本全体の平均年収が422万円であり、それと比較すると保健師の平均年収は60万円程度低いです。似た職種である看護師の平均年収は425万円、助産師が530万円であることから、似た職種と比較しても保健師の平均年収は低めだと言えそうです。

保健師のボーナス・昇給事情

ボーナスについて

ボーナスは働いている場所によってあるかないかは異なるようです。市役所や警察病院など公務員に準じる雇用形態の場合は、多くの場合支給されますが、一般企業や病院などでは企業により異なります。また他の職種と同様、非正規雇用の場合は支給されない、支給されても額が低いという現状があります。

昇給について

昇給の有無は病院によって異なります。意外と昇給に関して記載がない求人もありますので注意が必要です。公務員として働く場合は、昇給があるケースが多いです。

保健師の年齢別平均年収推移シミュレーション

保健師の年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 207.3万円 14.2万円 36.6万円
25~29歳 270.1万円 18.5万円 47.7万円
30~34歳 311.1万円 21.3万円 55.0万円
35~39歳 341.0万円 23.4万円 60.2万円
40~44歳 367.5万円 25.2万円 64.9万円
45~49歳 388.5万円 26.7万円 68.6万円
50~54歳 404.7万円 27.8万円 71.5万円
55~59歳 398.9万円 27.4万円 70.5万円
60~64歳 299.0万円 20.5万円 52.8万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は341万円、うちボーナスは55万円になると予測されます。また40~44歳では平均年収が367.5万円程度、うちボーナスが64.9万円程度になると見込まれます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

保健師と日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 保健師の平均年収 日本の平均年収
20~24歳 207.3万円 263.5万円
25~29歳 270.1万円 343.3万円
30~34歳 311.1万円 395.5万円
35~39歳 341.0万円 433.4万円
40~44歳 367.5万円 467.1万円
45~49歳 388.5万円 493.8万円
50~54歳 404.7万円 514.4万円
55~59歳 398.9万円 507.0万円
60~64歳 299.0万円 380.1万円

保健師の平均年収は日本企業全体の平均年収を下回ると予測されます。年齢別に見てみると、30~34歳の平均年収は311.1万円で、日本の平均と比較すると84.4万円ほど低くなる見込みです。40~44歳では、99.6万円程度、日本の平均年収を下回ると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

保健師の生涯賃金シミュレーション

  保健師の平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 1.49億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金と保健師の生涯賃金を比較してみましょう。保健師の平均年収は361万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

保健師の生涯賃金は、1.49億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると4,100万円ほど少ないと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

まとめ

一口に保健師と言っても、行政保健師、産業保健師、学校保健師と種類があり、それぞれの業務内容は異なります。自分がどういった仕事をしたいのかということを考えて就職先を選ぶ必要があるでしょう。

日本の平均年収と比較すると、保健師の平均年収はそれほど高くはありませんが、人々の健康を支える大変重要な職業であり、やりがいは大いにあると言えるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ