業界研究

【IT業界の年収を徹底解説】志望する就活生が知っておきたい事業内容の種類もご紹介!

IT業界とは

パソコンやスマートフォン等の普及によって今やインターネットは私達の生活から切っても切り離せないものとなりました。さらに近年、身の回りの家電やゲーム機、車等にも今までになかった機能が搭載されるなど、私達の生活をさらに豊かにする技術が発展してきました。そんな近年、非常に重要になってきている技術がITです。

ITとは「Information Technology」の略で「情報技術」という意味になります。そしてそのITを担っている業界がIT業界です。そんな私達の生活を支えるIT業界を志望する就活生も少なくないでしょう。今回はIT業界を志望する就活生なら必ず知っておきたい、IT業界における仕事の種類や仕事内容、年収などを徹底的に解説していきます。

IT業界の種類

まず、IT業界の種類についてご紹介します。IT業界にはさまざまな企業や業種、職種が存在し、それらが複雑に絡み合って成り立っているのです。そんなIT業界は大きく分けると4つの業界に分けることができます。ここでは、そのIT業界中の4つの主要な業界がそれぞれ一体どのような業界であるのか、仕事内容等を代表的な企業を例にあげながら説明していきます。

ハードウェア

ハードウェアとはパソコンやタブレット、スマートフォンのような機器または装置のことを指します。これらのハードウェアを扱う業界がハードウェア業界です。ハードウェア業界の職種としては組み込みシステムエンジニアというものがあります。電子機器を動かすための内部のコンピュータのシステム開発を担当する職種です。

できあがる製品の性能や安全性などは、この組み込みシステムエンジニアの仕事にかかっています。そのためプログラミングをはじめとする高度な知識や技術が必要とされる職種です。ハードウェア業界の企業とは一般にスマートフォンやパソコン、その他の電子機器のメーカーに当たる企業です。国内ではSONYや日立、パナソニックなど、国外ではAppleやSamsung等も該当します。

ソフトウェア

ソフトウェアとはハードウェアを動かすための命令や手順をまとめたプログラムです。ソフトウェアにはコンピュータを動かすための基本的なシステムであるOS(Operating System)と、OS上で特定の作業をするアプリケーションの2種類が存在します。職種としてはプログラマーやシステムエンジニア、ネットワークエンジニアなどがあります。

プログラマーはプログラミング言語を使ってソフトウェアを開発する仕事です。システムエンジニアはシステム開発の総合的な管理を行います。ネットワークエンジニアはネットワークの設計、構築、管理などを行う仕事です。企業にはOracleやトレンドマイクロ、またWindows、iOS、Androidを開発しているMicrosoftやAppleが該当します。Googleもソフトウェア業界の企業の1つです。

情報処理

情報処理業界とは、企業に情報処理システムを導入する際に企画から設計、構築、導入、保守まで必要なもの全ての提供を担っている業界です。通常ハードウェアの選定やソフトウェアの開発も業務の一部であり、その守備範囲はハードウェア業界とソフトウェア業界の両方にまたがります。この業界の職種にはITコンサルタントやセールスエンジニアといったものがあります。

ITコンサルタントはクライアントである企業から問題点を聞き出し、その問題点の解決策を提案する仕事です。セールスエンジニアは自身のエンジニアとしての経験を営業の場で活かし、クライアントにサービスの提案や導入を行う仕事です。情報処理業界の有名企業としてはNTTデータや大塚商会、野村総合研究所、三菱総合研究所などが挙げられます。

WEB

WEB業界はインターネットを使ったさまざまなサービスの提供を行います。提供するサービスはWEBサイト制作、ネットワーク構築、インターネット広告などの企業向けとSNSやショッピングサイトなどの個人向けのサービスの2種類です。職種にはWEBデザイナーやWEBディレクターといったものがあります。

WEBデザイナーはWEBサイトの用途等を考慮しつつWEBサイトのデザインを行う仕事です。WEBディレクターはWEBサイト制作の全体的な指揮、監督を行う仕事です。この業界の有名企業としては今や誰もが知っているFacebookや国内企業では楽天やヤフーなどが挙げられます。

IT業界の主要な大手企業の平均年収

ここまでIT業界とは何か、IT業界にはどのような業種や職種、企業があるのかを紹介してきました。仕事を選ぶ際には仕事が自分にあっているか見極めることが大切なので、業界の事業内容を知ることはとても重要です。しかし、やはりお金のことも気になるものです。そこでここからは、IT業界の主要な国内大手企業3社をピックアップしてそれらの企業の事業内容や特徴と平均年収を見ていきます。

株式会社NTTデータ

株式会社NTTデータは情報処理業界最大手の企業で、NTTグループの主要企業の1つです。もともとNTTの社外向け情報処理事業を担う部門が独立した企業です。自治体や教育機関、医療機関、銀行などの金融機関を始めとしたさまざまな企業や機関にシステムやサービスの提供をしています。

そのほか、ネットワークシステムサービス事業や、コンサルティング事業などを手がけており、海外事業にも力を入れている企業です。平成28年度の平均年収は812万円となっており、年収の水準は同業他社と比べて高いです。外資系企業と比べても遜色ありません。IT業界の中では、常に就職人気ランキング上位にランクインしている人気企業の1つです。

楽天株式会社

楽天株式会社はWEB業界の大手企業の1つです。日本最大級のネットショッピングサイトである楽天市場や楽天ブックス、楽天オークションなどさまざまなサービスを展開しています。日本発の企業ですが、海外でも世界29の国と地域でさまざまなサービスを提供しています。楽天グループのサービス利用者数は世界10億人超えと膨大な数です。

海外事業に力をいれているだけあって、社内では高い英語力も求められます。平成28年度の平均年収は689万円であり、他企業と比べても高水準となっています。会社の制度はしっかりしていますが、成果主義で常にやる気を持って働き、結果を出すことが求められます。

ヤフー株式会社

ヤフー株式会社はインターネット上の広告事業、イーコマース事業、会員サービス事業などを手がけるWEB業界の大手企業です。日本法人の企業ですが、ソフトバンクグループの連結子会社となっています。ポータルサイトYahoo! JAPANを運営しています。職種は、エンジニア、デザイナー、営業、管理、企画など多岐に渡って採用をしています。

インターネットの普及した現代において、その価値を高め、インターネットでこそ出来ることを重視している企業です。平成28年度の平均年収は682万円と高めです。就職人気ランキングでは上位10以内に入る企業の1つとなっています。関連企業にソフトバンク、オールアバウトなど相当大きな媒体を持っているのも人気の1つです。

やりたいことと年収を吟味してIT業界で働こう!

IT業界の中にある4つの分野、それぞれの代表的な企業、また大手IT企業の概要と年収を紹介しました。一口にIT業界と言ってもさまざまな企業、職種があり、それにともなって年収もさまざまです。仕事を選ぶ際に年収を見ることももちろん大切ですが、最も大切なことはその企業で自分がやりたいことができるかどうかです。

また、例え自分のやりたいことができそうな企業でも企業の社風が自分と合わないということもあります。就職活動はそういった自分のやりたいことや、自分に合った企業を見極める良い機会です。この機会を使ってじっくりやりたいことと年収を吟味して自分に合った企業を見つけましょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ