職種研究

【アパレルの志望動機例文あり】知っておきたい仕事内容やポイント

志望動機を書く前にアパレル業界を知っておこう

アパレル業界への就活を成功させるためには、志望動機をしっかりと練り上げる必要があります。魅力的な志望動機を作成するためには、業界について理解を深めること、志望動機の書き方を知ることが大切です。

アパレル業界と一口に言ってもさまざまな仕事がありますし、それらを知らなければ志望動機を作成することはできません。志望動機は仕事に対しての意欲を表したものですので、どんな仕事があるのか、またどの職種を志望するのかを明確にする必要があります。

また志望動機には上手な書き方があり、書き方にはポイントがあります。志望動機の内容が良くても、書き方で失敗すれば魅力的な志望動機にはなりません。しっかりとアピールするためにも業界への理解と志望動機の正しい書き方を身に付けることが大切です。

アパレル業界における仕事

志望動機を作成する前には、まずはアパレル業界の仕事について理解を深めていきましょう。アパレル業界にはさまざまな仕事があり、多くの人が関わることで成立している業界です。

目にしたことのある仕事から、一般の人が見ることのない裏方の仕事まで、さまざまなものがありますので、それらの仕事についての理解を深めることが大切です。それぞれの仕事の内容を知り、その中でどの仕事がしたいのか、どの仕事が自分に向いていそうかも考えてみましょう。

販売員

アパレル業界の仕事としては、販売員の仕事が挙げられます。販売員は自社ブランドの商品を販売する仕事で、基本的には店舗で働きます。店舗内の売場や在庫の管理、接客などさまざまなことをおこなう仕事です。

アパレル業界の中では最も求人数も多く、アルバイトでも始められる仕事ですので、アパレル業界の入り口としての仕事でもあります。新卒で入社した場合は現場を理解するために、まずは販売員として働くことが多いです。

また、販売員からキャリアアップしていくことも可能であり、店舗の店長やさらに上のエリアマネージャーなどの仕事もあります。エリアマネージャーになれば店舗に立つことは基本的にはありませんが、店長の場合は販売員の一人として売り場に立つことも多いです。

デザイナー

デザイナーは新しい服や商品のデザイン、開発を手がける仕事であり、アパレル業界の花形職種の一つです。流行に合わせて新たな服のデザインをし、それを実際の形にしていくのが仕事です。

アパレル業界における商品企画としての役割を持ち、センスが必要な仕事でもあります。また手がけるものは服だけとは限らず、帽子やアクセサリーなどの小物をデザインする場合もあります。

デザイナーによって得意分野はありますが、自社ブランドにおけるすべての商品企画に携わるのがデザイナーです。デザイナーは国内だけではなく、海外で仕事をする機会も多く、最新のコレクションなどに参加することもあります。世界的な流行の流れを受け、それを自社ブランドの商品に落とし込んでいきます。

製造

製造は服の設計図をもとに、商品を量産していく仕事です。デザインされた商品をいかに効率よく生産できるかを考えていきます。デザイナーズブランドなどの場合はデザイナーがそのまま製造をおこない、1点物の商品となる場合もありますが、それは稀なケースです。

基本的には図面に落とし込まれたデザインをもとに工場などで量産体制が取られており、製造では生産管理や品質の管理などもおこないます。いかにして効率的に低コストで製造できるかだけではなく、商品に不備はないか、クオリティーに問題はないかなどのチェックもおこないます。

また生産数の管理もおこない、在庫が膨大な量残らないように、かつ品切れを出さないように生産数を調整する仕事です。

志望動機を考える際のポイント

アパレル業界の仕事についてを知れば、次に志望動機の考え方を確認していきましょう。志望動機では仕事に対しての熱意、入社意欲などを伝えることが大切ですが、ただその仕事がしたい、入社したいだけではアピール力にかけてしまいます。

アピール力を高め、魅力的なアピールにするためには、しっかりとその内容を考えていく必要があります。志望動機の考え方にはいくつかポイントがありますので、それらを踏まえて魅力的な志望動機を考えていきましょう。

なぜその企業で働きたいのか

志望動機を考えるときには、なぜその企業で働きたいのかを具体的に考えていく必要があります。ただ何となく働きたい、有名だから、大企業だから働きたいではアピールにはなりませんし、志望度の高さも伝わりません。

アパレル業界にはさまざまな企業がありますが、その中でもなぜその企業なのか、他の企業ではダメなのか、惹かれる理由を考えることが大切です。他の企業にはない、志望企業だけの魅力を伝えることで、他の企業を志望する理由と差別化をすることができます。

業界内の他の企業でもいいのではないかと思われてしまうと、マイナスの評価となってしまう可能性ががあるので注意が必要です。企業独自の魅力を伝えて、その企業でなければならない理由をアピールしていきましょう。

自分の中のどんな部分が活かせるのか

志望動機では仕事に対しての熱意や志望度の高さだけではなく、自分の中のどんな部分が企業の仕事で活かせるのかを伝えることも大切です。入社に対しての厚い気持ちを伝えることも大切ですが、仕事は気持ちだけではできるものではありません。

能力がなければ仕事で活躍することはできませんし、同じ採用するのであれば能力の高い、あるいは企業で役立つ学生を企業は選びます。採用にはコストもかかりますし、社員を育てるのにも多くの費用がかかります。

採用は簡単に決められるものではありませんので、充分な採用メリットを締めることが大切です。過去の経験から活かせる長所を考え、それが企業の仕事でどのように役立つのかを具体的にアピールしていきましょう。

将来の自分はどうなっていたいか

仕事に対しての熱意、役立てられる能力をアピールに加えて、キャリアアップへの意欲を見せることも大切です。企業に就職すればそれで終わりではなく、そこからが長い社会人生活の始まりです。

就職前はやる気に満ち溢れていたものの、いざ就職してみれば燃え尽きてしまい、やる気が全くなくなってしまうのでは意味はありません。企業は学生の将来性も判断していますので、将来の自分はどうなっていたいかを具体的に示すことが大切です。

アパレル業界は最初は販売員として働くことが多いですが、そこからどのようにキャリアアップしていきたいのかを伝えましょう。キャリアアップへの意欲を見せることで、将来性のアピールにもつながりますし、仕事に対する長期的なやる気も伝えることができます。

志望動機を作成する時のコツ

志望動機を作成する場合、押さえておきたいコツというのが存在します。このコツを踏まえて作成することで、より採用担当の目に留まる志望動機に仕上げることができるでしょう。

志望動機を書く上で大事なコツは、「最初に結論から話す」ことと「その企業が求める人物像を把握して作成する」ことです。この二つのコツは基本的な部分ともいえるので、しっかり意識して志望動機を作成したいところです。

これらのコツについて、以下に詳しく解説していきたいと思います。実際に志望動機を考える際の参考にするといいでしょう。

最初に結論を話す

まずは企業に興味を持ったきっかけを書くべきなのでは、と思うかもしれませんが、実は結論から書いてしまう方がより相手の印象に残るものです。志望動機はどうしても長い文章になってしまう部分があるため、きっかけから書いてしまうと全体を読むのが面倒に感じられることもあります。

最初に結論を述べた上で志望したきっかけを書いた方が、志望動機を見た人の頭にすんなり入ってくるのです。このように、理解しやすい文章として志望動機を作成する場合、結論ありきの方がスムーズに理解してもらえるのです。

とはいえ、結論を長々と書くのもいいとは言えません。志望動機の最初に結論を書く際は、ある程度簡単にまとめたものを書くようにしましょう。

その企業の求める人物像を把握する

企業はある程度、採用したい人物像が決まっている場合が多いです。例えばアパレル業界だと「チャレンジ精神のある人に来てほしい」であったり、「コミュニケーションをしっかり取れる人に来てほしい」などと考えている場合が多くあります。

このように企業がどういった人材を欲しがっているか、まずは把握しておく必要があります。自分の人物像と企業の求める人物像にミスマッチがあれば、志望動機を読んだ時点で落とされてしまうことにもなりかねません。

企業が求める人物像を把握したら、志望動機を書く前に「自分の持っている要素がその人物像に当てはまるかどうか」を考えましょう。当てはまっている部分があれば、志望動機を書く際のアピールポイントとして使えます。

アパレル業界に就職するための志望動機例文

志望動機を考えることができれば、実際に志望動機を作成していきましょう。志望動機の作成にはいくつかポイントがありますので、それらを踏まえて作成することが大切です。業界研究、企業研究をおこない、魅力的な志望動機が考えられていたとしても、書き方次第ではその魅力は上手く伝わりません。

魅力的な内容を考え、それを上手に伝えていくことが大切です。志望動機の例文を参考にしながら、作成時の書き方のポイントも確認していきましょう。

例文①

私は服を生み出し、新たなコミュニケーションの形を作りたいと考え、御社を志望しました。御社では男女どちらでも着られるフリーサイズのユニセックスの商品に強みがあります。性別に関係なく着られる服をデザインし、親しい人の間での服のシェアという新たなコミュニケーションを生み出したいと考えています。大学時代は御社の店舗でアルバイトをし、商品についての知識を身に付けました。入社後も販売員としてさらに経験を積み、お客様のニーズを読み取る力を養って、ゆくゆくはデザイナーとして活躍したいと考えています。

例文の①では服を生み出し、新たなコミュニケーションの形を作りたいと志望動機が語られています。結論から最初に語ることで、何をアピールしたいのかが明確になり、印象深いアピールができています。

企業を志望する理由も企業の商品の特徴を踏まえて語られており、好印象です。志望企業でアルバイトをしていたことで、企業の仕事で役立つことをアピールできています。将来的にはデザイナーとして活躍したいとキャリアアップの意欲も示せており、好印象を与えることができています。

例文②

私はオシャレを提供することで、人々の生活をさらに豊かにしたいと考え、御社を志望しました。御社は普段着でもオシャレが楽しめる低価格な商品に強みがあり、他社にはないデザインで多くの顧客を獲得しています。さらに店舗を拡大し、より多くの顧客を獲得することで、多くの人に豊かさを提供したいと考えています。大学時代は居酒屋でアルバイトをしており、コミュニケーション能力を身に付けました。御社ではコミュニケーション能力を活かしてお客様に寄り添った接客を行い、ニーズを正しく知って、将来的には店舗の運営や拡大の仕事に携わりたいと考えています。

例文の②ではオシャレを提供することで、人々の生活をさらに豊かにしたいと志望動機が語られています。結論から語られていますし、企業独自の強みを踏まえた志望動機も語られており、問題ありません。

企業でどのように活躍するかも、自身の過去の経験からコミュニケーション能力がアピールできています。志望企業でアルバイトをしていれば評価されやすいですが、必ずしもアルバイトが必要なわけではありません。他の職種であっても接客業であれば評価される可能性は高いので、その経験をもとにアピールするのは効果的です。

ポイントを抑えた志望動機でアパレル業界に就職しよう

アパレル業界は華やかなイメージも強く、就職先として人気の高い業界でもあります。人気の高い業界であるため志望する学生は多く、選考でのライバルも多いです。ライバルたちと差別化をするためには、魅力的な志望動機を作成することが大切です。

平凡な内容では評価されませんし、選考を勝ち抜くことはできませんので、内容をしっかりと練り上げるようにしましょう。志望動機は念入りに考えて作成することも大切ですが、その書き方にも気をつけなければなりません。

志望動機の書き方にはポイントがあり、それが守れているかどうかで印象は大きく変わります。考え方や書き方のポイントをおさえて魅力的な志望動機を作成し、アパレル業界への就職を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ