職種研究

経営コンサルティングの平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

経営コンサルタントとは

経営コンサルタントは、コンサルティング業務の中でも依頼される分野が幅広いのが特徴です。会社経営と一言でいっても、様々な視点から問題や解決策が考えられます。こちらでは、経営コンサルタントの平均年収をはじめ、業務内容・経営コンサルティングに必要な能力などについてご紹介します。

経営コンサルタントの業務内容

経営コンサルティングの業務内容は、企業や団体などの依頼を受けて、問題点を調査・分析することで原因を追究し、解決策を見つけることです。依頼を受ける分野は、財務・会計・人事、営業・マーケティングなど幅広い分野の問題点を請け負います。大企業がクライアントの場合は経営コンサルタント会社も大手というケースが多いです。また、クライアントが中小企業の場合は、フリーや個人事務所に依頼することが多いです。

経営コンサルタントに求められる能力について

  • 業界の知識
  • インタビューテクニック
  • プレゼンスキル

経営コンサルタントで必用不可欠なのが、業界知識です。幅広く多くのことを知っていることが、業務の際に役立つ場面は多いでしょう。依頼された分野により詳しいことで、専門的なコンサルティング業務をおこなうことができます。例えば経理・人事のことから競合他社の情報など、幅広かつ専門的知識を持っている必要があります。

インタビューテクニックも、経営コンサルタントに必要な能力です。コンサルティング業務は経営コンサルタントに限らず、まずはクライアントの話を聞くことから始まります。戦略立案するためには確かな情報は必要不可欠です。そのために、より正確で詳しい情報を聞き出し、自分で把握しなければいきません。話を聞くのは、経営者だけでなく、時には一般社員・現場で働く人などにインタビューすることもあります。情報収集に漏れがあってはならないので、多くの情報を聞き出すためのインタビューテクニックを磨くとより良い仕事に繋がります。

コンサルタント業務の最終的な目標は、クライアントへのプレゼンテーションです。このプレゼンで考え抜いた戦略を提案し、実際に推し進めてもらえるようにするのが仕事です。そのためにも、プレゼン能力はとても重要なスキルといえるでしょう。クライアントにとってすばらしい戦略であっても、それを考慮し実行してもらわなければ意味がありません。クライアントが納得できるように、解説する構成力、人にわかりやすく伝える力を身に着けることで、プレゼン能力を向上させましょう。

経営コンサルタントの平均年収と他職種との比較

経営コンサルタントの平均年収について

DODA調べによれば、経営コンサルタントの平均年収は722万円となっています。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年:422万円
  • 税理士:437万円
  • 会計専門職:675万円

経営コンサルタントの平均年収は、日本の平均年収422万円と比較して、30万円高くなっています。また類似職の税理士で437万円、会計専門職で675万円です。このことから、経営コンサルタントの平均年収は、とても高いといえるでしょう。

コンサル業界の業界・企業研究を進めよう

コンサル業界で働きたいという就活生は、仕組みや各企業について把握することが大切です。業績推移や各社の強みを知っておくことで、「この企業でなければならない」という入社意欲を志望動機に反映させることができるでしょう。

そこでおすすめなのが「コンサル業界大研究Book」です。無料でダウンロードできるため、効率的に業界・企業研究を進めたい就活生におすすめです。

経営コンサルタントのボーナス・昇給事情

ボーナスについて

経営コンサルタントのボーナスは、所属する企業により異なりますが、コンサルタント会社での賃金は平均年収から考えてもとても高い水準といえます。また、フリーや個人事務所に所属する人たちは、年俸制や請け負う仕事の内容、クライアント先により金額にも差が出てきます。

昇給について

経営コンサルタントの昇給については、所属する企業の規定によって異なります。仕事を請け負っているクライアントに指名されたり、経験によっても昇給の仕方が変化する業界のひとつといえます。

経営コンサルタントの年齢別平均年収推移シミュレーション

事務職の年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 450.9万円 30.9万円 79.7万円
25~29歳 587.3万円 40.3万円 103.8万円
30~34歳 676.6万円 46.4万円 119.5万円
35~39歳 741.5万円 50.9万円 131.0万円
40~44歳 799.1万円 54.8万円 141.2万円
45~49歳 844.8万円 58.0万円 149.3万円
50~54歳 880.2万円 60.4万円 155.5万円
55~59歳 867.4万円 59.5万円 153.2万円
60~64歳 650.2万円 44.6万円 114.9万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は676万円、うちボーナスは119.5万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が799万円、うちボーナスは141万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

経営コンサルタントと日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション


年齢 経営コンサルタントの平均年収 日本の平均年収
20~24歳 450.9万円 263.5万円
25~29歳 587.3万円 343.3万円
30~34歳 676.6万円 395.5万円
35~39歳 741.5万円 433.4万円
40~44歳 799.1万円 467.1万円
45~49歳 844.8万円 493.8万円
50~54歳 880.2万円 514.4万円
55~59歳 867.4万円 507.0万円
60~64歳 650.2万円 380.1万円

経営コンサルタントの平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると高いといえるでしょう。30~34歳の平均年収は676万円で、日本の平均と比較すると281万円ほど高くなると推測されます。40~44歳では799万円の予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

経営コンサルタントの生涯賃金シミュレーション

経営コンサルタントの平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 3.25億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金と、経営コンサルタントの生涯賃金を比較してみましょう。経営コンサルタントの平均年収は722万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

経営コンサルタントの生涯賃金は、3.25億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると1億3,500万円ほど多いと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

まとめ

経営コンサルタントの仕事には、企業経営においての幅広い知識が必要になります。クライアントの会社における人事や会計・競合他社についても、専門的で幅広い知識を必要とされます。インタビュー・プレゼンの能力を上げることで、仕事の成果に繋がっていくでしょう。

経営コンサルタントの平均年収は722万円と、日本の平均年収と比較するととても高いです。経営コンサルタントの仕事は、幅広い知識と能力を存分に発揮できる職種のひとつではないでしょうか。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ