職種研究

コピーライターの平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

コピーライターとは

テレビCMなどの印象的なフレーズが耳に残る、という経験は誰にでもあるのではないでしょうか。これらのフレーズを作成するのは、一般的にコピーライターの仕事になります。これら以外に、コピーライターは様々な仕事をおこなっている職種でもあります。

コピーライターという職種の業務内容や平均年収は、どのようになっているのでしょうか。インターネット上の情報を元に、編集部で独自に調査、データの比較をおこなってみました。

コピーライターの業務内容

コピーライターの主な業務内容は、顧客から依頼された商品、或いはプロジェクトなどの広告に対しての「コピー」を考え、作成することです。いわゆる「キャッチコピー」もコピーの内に入ります。

これらのコピーは、生み出された後様々な広告に利用され、我々の目や耳に残ることになります。コピーは基本的に文章の形で作成され、そこからCMや紙媒体の広告に落とし込まれていくことになります。

一般的にコピーライターは、広告代理店に務める形か、フリーランスで業務をおこなっている場合が多いようです。また、各企業によっては専属のコピーライターとして、就職することもあるようです。

その中でも、有名なコピーライターは名前がブランドのようなものになることもあり、結果として知名度が昇給などにも大きく関わってくるようになります。コピーライターはコピーの文章を考えるのが主な仕事ですが、業務内容によっては、実際にターゲットユーザーについて調査をおこなうなど、文章を書くのみが仕事でない場合も多いようです。

また、広告の内容によっては他のデザイナーや顧客との打ち合わせ、コミュニケーションも必要になるなど、業務の内容は様々な形をとっておこなわれるようです。

あなたの就活力は何点?

就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

コピーライターに求められる能力について

  • セールススキル
  • ビジネス・マーケティングについての知識
  • 心理学の知識

コピーライターとして文章を作成するのであれば、何よりも大事になってくるのがセールススキルになります。自分の書いた文章で、いかに購買させたいと思わせるかは、セールスに関わるコピーライターにとって重要です。勿論文章力もある程度は必要になるのは確かです。ですが、魅力的な文章を書き上げるのには、語彙の豊富さ以上にどれだけ文章について反応が得られるか、ということが重要なのです。

コピーライターとして仕事をする場合、「いかに商品を売るか」は大事な点のひとつといえます。そのためにも、一般的なビジネスに関する知識、マーケティングに関する知識は必要不可欠です。コピーを作成するだけではなく、その後どのようにコピーを使用して商品売上に貢献するか、も考えるべきことのひとつなのです。

コピーライターとしての職務にもうひとつ欠かせないのが、心理学に関する知識です。特に人の行動に関わる、行動心理の知識は、ライティングにおいて意識しておきたい部分です。基本的に、人はある一定の条件で、一定の行動を取ることが多いものです。その仕組みを理解しておくことで、コピーライティングの内容でどのようにターゲットが行動するのかを想定しながら、文章を作成することができます。

コピーライターの平均年収と他職種との比較

コピーライターの平均年収について

転職ステーションというサイトにおける記述によれば、コピーライターの平均年収は600万円程度とされています。ただし、コピーライターの所属や有名度合いによって、平均年収に大きな開きがあるようなので、一概にこれだけもらえるということでもないようです。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • 校正職:400万円
  • 広告に関わるグラフィックデザイナー:430万円

 

日本の一般的な平均年収422万円に対し、コピーライターの平均年収は178万円の差をつけている形になります。また類似の職種についても比較してみると、同じく文章に関わる校正職で400万円程、広告に関わるグラフィックデザイナーで430万円程あるとされています。

コピーライターのボーナス・昇給事情

ボーナスについて

コピーライターのボーナスは、所属している企業によってある場合とない場合が別れるようです。一般的な制作会社などに所属している場合のコピーライターは、通常の会社員と大きく年収も変わらないので、ボーナスも同程度得られると考えて問題ないと思われます。

昇給について

コピーライターの昇給は、ある程度自分で仕事を回せるようになるなど、ライターとしての評価が得られたタイミングでおこなわれることが多いようです。但し企業によって必ずしも昇給がある、という訳ではないようです。

また、コピーライターとしてある程度指名が入るなど、業界において知名度が高くなった際にも、昇給が見込める場合があります。

コピーライターの年齢別平均年収推移シミュレーション

コピーライターの年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 374.7万円 25.7万円 66.2万円
25~29歳 488.1万円 33.5万円 86.2万円
30~34歳 562.3万円 38.6万円 99.3万円
35~39歳 616.2万円 42.3万円 108.9万円
40~44歳 664.1万円 45.6万円 117.3万円
45~49歳 702.1万円 48.2万円 124.0万円
50~54歳 731.4万円 50.2万円 129.2万円
55~59歳 720.8万円 49.5万円 127.3万円
60~64歳 540.4万円 37.1万円 95.5万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は562.3万円、うちボーナスは99.3万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が664.1万円、うちボーナスは117.3万円になる予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

コピーライターと日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 コピーライターの平均年収 日本の平均年収
20~24歳 374.7万円 263.5万円
25~29歳 488.1万円 343.3万円
30~34歳 562.3万円 395.5万円
35~39歳 616.2万円 433.4万円
40~44歳 664.1万円 467.1万円
45~49歳 702.1万円 493.8万円
50~54歳 731.4万円 514.4万円
55~59歳 720.8万円 507.0万円
60~64歳 540.4万円 380.1万円

コピーライターの平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると、高い水準であるといえるでしょう。30~34歳の平均年収は562.3万円で、日本の平均と比較すると166.8万円ほど高くなると推測されます。40~44歳では664.1万円の予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

コピーライターの生涯賃金シミュレーション

コピーライターの平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 2.70億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金と事務職の生涯賃金を比較してみましょう。コピーライターの平均年収は600万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

コピーライターの生涯賃金は、2.70億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると8,000万円ほど多いと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

まとめ

コピーライターは文章を作成する中で、様々な知識やスキルが必要になってくる、文章力以外の能力が特に重要になってくる職種です。その分、ひとつコピーが有名になった場合、世間への認知度が一気に高くなる職種でもあります。

ですがその分、同職種内でも年収に大きな差がつくことも、コピーライターの特徴といえます。企業に就職する形であれば収入はある程度安定して得られますが、その中でも顧客の求める内容に応じた、ターゲットに訴えられるコピー文章を作成できるかでその後の昇給なども大きく変わってきます。

知名度を得るのは簡単なことではありませんが、様々な能力を活かしながら、人を引きつける文章を作ってみたいと思っているのであれば、コピーライターは選択肢に入れてもいいのではないでしょうか。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ