職種研究

コンサルタントの平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

コンサルタントとは

コンサルタントとは、企業の経営に伴う課題や、相談を請け負う会社に勤める職種をいいます。新規事業の立ち上げから、経営課題、事業戦略、財務など相談内容は多岐に渡るため、コンサルタントの職種も幅広い知識を求められます。では、コンサルタントという職種について、さらに詳しく見ていきましょう。

また、そのコンサルタントの平均年収や賞与などは、どのようになっているのでしょうか。詳しい情報を調べてみました。

コンサルタントの業務内容

コンサルタントは、クライアントとなる企業の課題を解決に導く職種です。コンサルタントをおこなう企業には、それぞれ強みがあります。大手の新規企業などの事業を扱う「戦略系」、戦略・会計など様々な課題解決をおこなう「総合系」、経済調査や官公庁向けのリサーチを得意とする「シンクタンク系」、IT戦略やシステム開発のプロジェクトマネジメントを強みとする「IT系」などがあります。

コンサルタントは、企業の課題によって抱える業務は多岐に渡りますが、例としてあげられるのが経営状態改善のコンサルタントです。経営状態が悪い根源を洗い出し、改善のために必要な雇用状態の見直しや予算管理の改善をコンサルタントが提案します。

これらの業務内容から分かるように、コンサルタントはクライアントとなる企業の状態把握や、市場の動向などをいち早く察知し、提案する立場なのです。豊富な知識を必要とするため、コンサルティング企業への就職は、社会人経験を要する場合も少なくありません。

コンサル業界の業界・企業研究を進めよう

大和総研で働きたいという就活生は、仕組みや各企業について把握することが大切です。業績推移や各社の強みを知っておくことで、「この企業でなければならない」という入社意欲を志望動機に反映させることができるでしょう。

そこでおすすめなのが「コンサル業界大研究Book」です。無料でダウンロードできるため、効率的に業界・企業研究を進めたい就活生におすすめです。

コンサルタントに求められる能力について

  • 提案力
  • 察知力
  • コミュニケーション能力

コンサルタントに一番必要と言えるのが、提案力です。企業の課題改善に対して、どういった方針にすることで解決するのか、考えて提案しなくてはいけません。しかし、提案の仕方によっては、どんなにいい案を考えても聞き入れてもらえない可能性だってあるのです。そのためコンサルタントには、クライアントが納得する案件を考えるだけでなく、上手な提案力も必要となるのです。

次に察知力です。戦略系の場合は特にですが、今後の市場の動きをいち早く察知したうえでの事業提案が必要です。大きなお金が動くプロジェクトの方針を決めるケースもあるため、失敗は許されません。

最後にコミュニケーション能力です。クライアント企業の抱える悩みを聞き出すところから始めるコンサルタントの仕事ですが、企業の課題をどこまで深堀して聞き出せるかは、コンサルタントのコミュニケーション能力にかかってくるものなのです。より的確な提案をするためにも、企業の根本的な課題を洗い出すために、コミュニケーションによるヒアリングが大切となります。

コンサルタントの平均年収と他職種との比較

コンサルタントの平均年収について

リクナビNEXT調べによれば、コンサルタントの平均年収は600万円となっています。特にコンサルタントの平均年収は、30代以降がそれ以前と比べて高くなる傾向があるようです。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • 公認会計士:789万円
  • 金融アナリスト:925万円

コンサルタントの平均年収は、日本の平均年収422万円と比較して、178万円高くなっています。また、類似職の公認会計士で789万円、金融アナリストで925万円であることから考えても、コンサルタントなど企業の経営状況にかかわる職業の平均年収は、日本の平均年収と比べても高いものであることがうかがえます。

コンサルタントのボーナス・昇給事情

ボーナスについて

コンサルタントのボーナスの有無については、企業によって異なります。大手の企業では年齢に伴う金額のボーナスではなく、個人の業績によってのボーナスの金額が決められるところが多くあります。

昇給について

コンサルタントの昇給についても、企業によって事情が異なります。定期的な昇給のための制度を整備している企業も多く、企業によっては、年に4回の昇給制度を設けているところもあるほどです。

コンサルタントの年齢別平均年収推移シミュレーション

コンサルタントの年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 374.7万円 25.7万円 66.2万円
25~29歳 488.1万円 33.5万円 86.2万円
30~34歳 562.3万円 38.6万円 99.3万円
35~39歳 616.2万円 42.3万円 108.9万円
40~44歳 664.1万円 45.6万円 117.3万円
45~49歳 702.1万円 48.2万円 124.0万円
50~54歳 731.4万円 50.2万円 129.2万円
55~59歳 720.8万円 49.5万円 127.3万円
60~64歳 540.4万円 37.1万円 95.5万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は562.3万円、うちボーナスは99.3万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が664.1万円、うちボーナスは117.3万円になると予測されます。年収は全体的に高いものの、ボーナスや月給自体も高い傾向にあります。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

コンサルタントと日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 コンサルタントの平均年収 日本の平均年収
20~24歳 374.7万円 263.5万円
25~29歳 488.1万円 343.3万円
30~34歳 562.3万円 395.5万円
35~39歳 616.2万円 433.4万円
40~44歳 664.1万円 467.1万円
45~49歳 702.1万円 493.8万円
50~54歳 731.4万円 514.4万円
55~59歳 720.8万円 507.0万円
60~64歳 540.4万円 380.1万円

コンサルタントの平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると、年齢を問わず高くなると予測されています。20代からはっきりと差が出ており、35~39歳の平均年収は616.2万円で、日本の平均と比較すると182.8万円ほど高くなると推測されます。40~44歳では664.1万円の予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

コンサルタントの生涯賃金シミュレーション

コンサルタントの平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 2.70億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金とコンサルタントの生涯賃金を比較してみましょう。コンサルタントの平均年収は600万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

コンサルタントと日本の平均的な生涯賃金をシュミレーションした場合、コンサルタントの生涯賃金の方が大幅に高くなると予測されています。金額にして8,000万円ほど、日本の平均より高くなると推測できます。

まとめ

コンサルタントの職種は、自動車や衣類メーカー、医薬品など様々な業種の企業から相談を受けることになります。そのため幅広い知識と最適な案を出すための思考力などが必要です。トップ企業からも相談があるため、動くお金も大きく仕事のやりがいを求める人であればぜひチャレンジしてほしい職種のひとつです。

ひとつの企業に長期で勤めるケースは少なく、転職によりキャリアアップを重ねることが多いのもコンサルタントの特徴といえます。大幅な給与アップもその際に見込めますので、転職も視野にいれながらキャリアを積むのもおすすめです。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ