職種研究

ファイナンシャルプランナーの平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

ファイナンシャルプランナーとは

ファイナンシャルプランナーという職種名を聞いたことのある人は多いでしょう。なんとなく銀行や保険会社で働いてそう、というイメージが強い仕事ですが、具体的にどんな仕事内容なのか、よくわかっていない人も多いかと思います。

ファイナンシャルプランナーとはどんな業務を行っているのか。また、ファイナンシャルプランナーの平均年収などはどのようになっているのか。以下に詳しい情報をまとめてみました。

ファイナンシャルプランナーの業務内容

ファイナンシャルプランナーは、お客様の目標の達成や資産計画のために、ライフスタイルや価値観、社会・経済状況などを考慮して、かつ家族の人数・年齢や、支出入、資産、負債、保険などのデータを分析します。そして、お客様の計画に合った長期的なアドバイスや資産設計を行い、実行まで援助します。金融や税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度といった知識や、法令や経済情報にも精通していることが求められます。

主に保険会社や金融機関が働く場となりますが、経験を積み独立するファイナンシャルプランナー活躍しています。

なお、ファイナンシャルプランナーは日本FP協会認定資格であるAFP資格もしくはCFP資格を持っている者がファイナンシャルプランナーと名乗ることができます。

人気企業内定者のESを覗き見!

大手企業に内定した先輩方は、どのようなESを作成したのでしょうか。内定者の回答から、どのような考え方、アピールをしているのかを把握しましょう。「内定者ES100社まとめ」では、なかなか見ることのできないESを100社分ご用意しました!

ANA、トヨタ、三菱東京UFJ銀行、伊藤忠商事、サントリー、IBMなど、就活でも人気が高い企業のESを無料でダウンロードできるため、内定者の回答だけでなく設問の確認がしたいという就活生にもおすすめです。

ファイナンシャルプランナーに求められる能力について

  • 金融に関する幅広い知識
  • 長期間の関係構築力
  • 提案力

ファイナンシャルプランナーには、まず金融に関する幅広い知識が必要です。お客様の資産計画にアドバイスできるには、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度などの知識はもちろん、変化の多い法令を熟知し経済状況の判断も適切である必要があります。

また、一人のお客様と長期間にわたってアドバイスを行うことも多いため、知識だけでなく、長期的な関係を構築できるようなコミュニケーションスキルや共感スキルも重要になってきます。

そして、一人ひとり資産計画も望む人生も違うため、お客様それぞれに合った提案ができるような柔軟で真摯な提案力も必要といえます。

ファイナンシャルプランナーの平均年収と他職種との比較

ファイナンシャルプランナーの平均年収について

信頼のできるたしかな情報は見つかりませんでしたが、300万円~1,000万円まで年収の幅は広いことが予想されます。企業に勤めるか独立するか、またどんな企業に勤めるかによってなど、働き方によって年収は変動するでしょう。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • 銀行営業 452万円
  • 証券会社営業 478万円

日本の平均年収と比較すると、上回るかもしくは同等ということが多いといえます。しかし、所属する企業や経験値などによって変動すると言えるでしょう。

ファイナンシャルプランナーのボーナス・昇給事情

ボーナスについて

ファイナンシャルプランナーのボーナスの有無については、企業によって差があります。銀行や保険会社では年2回の賞与が多いようですが、独立したりどんな企業に所属するかによって変動します。

昇給について

ファイナンシャルプランナーの昇給についても、企業によって差があります。大手金融機関ならば昇給制度が整っているところもあります。ですが、企業によって異なるため、一概にあるなしを断定できるわけではありません。

ファイナンシャルプランナーの年齢別平均年収推移シミュレーション

ファイナンシャルプランナーの年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 405.9万円 27.8万円 71.7万円
25~29歳 528.7万円 36.3万円 93.4万円
30~34歳 609.1万円 41.8万円 107.6万円
35~39歳 667.5万円 45.8万円 117.9万円
40~44歳 719.5万円 49.4万円 127.1万円
45~49歳 760.6万円 52.2万円 134.4万円
50~54歳 792.4万円 54.4万円 140.0万円
55~59歳 780.9万円 53.6万円 138.0万円
60~64歳 585.4万円 40.2万円 103.4万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は609.1万円、うちボーナスは107.6万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が719.5万円、うちボーナスは127.1万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ファイナンシャルプランナーと日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 ファイナンシャルプランナーの平均年収 日本の平均年収
20~24歳 405.9万円 263.5万円
25~29歳 528.7万円 343.3万円
30~34歳 609.1万円 395.5万円
35~39歳 667.5万円 433.4万円
40~44歳 719.5万円 467.1万円
45~49歳 760.6万円 493.8万円
50~54歳 792.4万円 514.4万円
55~59歳 780.9万円 507.0万円
60~64歳 585.4万円 380.1万円

ファイナンシャルプランナーの平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると高いと言えるでしょう。30~34歳の平均年収は609.1万円で、日本の平均と比較すると200万円ほど高くなると推測されます。40~44歳では719.5万円なので日本の平均と比較すると250万円ほど高くなる予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

 

ファイナンシャルプランナーの生涯賃金シミュレーション

ファイナンシャルプランナーの平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 2.93億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金とファイナンシャルプランナーの生涯賃金を比較してみましょう。ファイナンシャルプランナーの平均年収は650万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

ファイナンシャルプランナーの生涯賃金は、2.93億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると1億円ほど多いと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

まとめ

ファイナンシャルプランナーは、上記で述べた業務を基本的に行いますが、必要に応じて、弁護士や税理士、社会保険労務士、保険・不動産の専門家、銀行・証券会社などの各分野の専門家と連携しながら仕事を進めていくこともあります。

所属する企業や独立するかどうかによって、年収幅の広い仕事のひとつと言えます。幅広い知識を覚えたり、様々な提案内容を考えるのは大変な仕事ではありますが、経験を積んだ分だけ給与が上がったり、語学ができれば海外で活躍することもできるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ