職種研究

CADオペレーターの平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

CADオペレーターとは

ものづくりをするうえで欠かせないものが設計図です。私たちが住んでいる家も、毎日利用する電車や車や携帯電話も、すべて設計図をもとに作られています。ものづくりの基礎となる設計図を作るうえで、必要不可欠な職業がCADオペレーターです。

そんなCADオペレーターの仕事について、業務内容や平均年収を見ていきましょう。

CADオペレーターの業務内容

CADオペレーターの業務内容は、設計者の指示に従って、CADを使い設計図を正式な図面にしたり設計図の修正をおこなうことです。CADとはパソコンで設計図を書いたり修正できるソフトウエアのことをいいます。

設計者の書いた図面を正確に作成したり、設計者の希望する修正内容をきちんと理解して正しく修正する必要があります。CADオペレーターは設計者のアシスタントの役割を担っているといえるでしょう。

CADには建築や機械といったさまざまな分野があるので、自分が興味を持った分野で働くことができます。

CADオペレーターに求められる能力について

  • CADに関する知識
  • 丁寧で几帳面なこと
  • コミュニケーション能力

CADオペレーターはCADを使って作業をおこなうので、CADに関する知識とCADを使いこなせるスキルは必要不可欠です。会社によって使っているCADや製図ルールが違うので、会社の基準に沿ったCADの使い方を学ぶ必要があります。

設計図は製品を作る基礎となるため、設計図を製図したり修正するうえで、間違いがあると大変です。CADオペレーターが製図した設計図をもとに製品が作られるので、ほんのわずかなミスも許されません。正確な作業が必要になるため、CADオペレーターには丁寧で几帳面なことが求められます。

CADオペレーターは設計者の指示を受けて作業します。そのため設計者の指示をきちんと理解し、作業するうえで不明点があればきちんと確認できるコミュニケーション能力が大切です。設計者ときちんとコミュニケーションを取ることが、正確で早い作業につながります。

CADオペレーターの平均年収と他職種との比較

CADオペレーターの平均年収について

転職会議によると、CADオペレーターの平均年収は304万円です。一般的な水準と比べると、決して高いわけではありません。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均収入:422万円
  • 設計:449万円

上記の通りCADオペレーターの平均年収は304万円となっており、日本の平均年収422万円と比較すると118万円少ない金額です。他の類似職と比較すると、設計は449万円です。

人気業界の年収をチェック!

高収入の職種を探しているという就活生は、人気業界に属する企業の年収を知っておくといいでしょう。人気業界のトップに位置する企業は、年収も平均を上回っていることが多いです。年収を知るためにおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。

この資料では、各企業の年収以外にも売上高や純利益を掲載しています。企業を比較する際に、これらは必ずおさえておきたい情報になります。無料でダウンロードできるため、業界研究として活用したい就活生にもおすすめです。

CADオペレーターのボーナス・昇給事情

ボーナスについて

勤務先によって異なります。また、雇用形態によっても異なります。多くの会社では年2回の賞与がある場合が多いですが、会社によっては賞与がない場合もあるなど、ボーナス事情には差があります。

昇給について

ボーナス同様、勤務先、あるいは雇用形態によって異なります。同じ勤務先で長く勤務して実績を積んでいけば、昇給の可能性も高くなります。しかし、会社によっては昇給がほとんどない場合もあるので、一概に昇給の有無や額を断定できません。

CADオペレーターの年齢別平均年収推移シミュレーション

CADオペレーターの年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 187.3万円 12.9万円 33.1万円
25~29歳 244.0万円 16.7万円 43.1万円
30~34歳 281.1万円 19.3万円 49.7万円
35~39歳 308.1万円 21.1万円 54.4万円
40~44歳 332.1万円 22.8万円 58.7万円
45~49歳 351.0万円 24.1万円 62.0万円
50~54歳 365.7万円 25.1万円 64.6万円
55~59歳 360.4万円 24.7万円 63.7万円
60~64歳 270.2万円 18.5万円 47.7万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は281.1万円、うちボーナスは49.7万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が332.1万円、うちボーナスは58.7万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値です。

CADオペレーターと日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 CADオペレーターの平均年収 日本の平均年収
20~24歳 187.3万円 263.5万円
25~29歳 244.0万円 343.3万円
30~34歳 281.1万円 395.5万円
35~39歳 308.1万円 433.4万円
40~44歳 332.1万円 467.1万円
45~49歳 351.0万円 493.8万円
50~54歳 365.7万円 514.4万円
55~59歳 360.4万円 507.0万円
60~64歳 270.2万円 380.1万円

CADオペレーターの平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると低いと言えるでしょう。30~34歳の平均年収は281.1万円で、日本の平均と比較すると114.4万円ほど低くなると推測されます。40~44歳では332.1万円の予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値です。

CADオペレーターの生涯賃金シミュレーション

  CADオペレーターの平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 1.35億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金とCADオペレーターの生涯賃金を比較してみましょう。CADオペレーターの平均年収は304万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

CADオペレーターの生涯賃金は、1.35億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると5,500万円ほど少ないと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値です。

まとめ

CADオペレーターの平均年収は約304万円で、日本の平均年収と比較するとやや低い水準にあります。

CADオペレーターは基本的にパソコンに向かって作業するので、長時間パソコンで作業することが苦手な人には大変かもしれません。また、設計者の指定した期限までに作業を完了しなければならず、製図を間違えてしまうと大変なことになるため、時間内に正確な作業が求められる大変な仕事だといえます。

しかし、自分が製図した設計図をもとに建物や製品が作られることは、とても大きな達成感を得られる仕事です。CADオペレーターはものづくりを陰で支える仕事といえるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ