職種研究

医療秘書の平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

医療秘書とは

医療秘書という職種を、あまり聞いたことがない人も多いかもしれません。そもそも秘書とは、社長などのスケジュール管理や来客対応などの裏方業務をおこなう仕事ですが、それらの業務を医療機関でおこなっているのが医療秘書という仕事になります。

では、具体的にはどのような業務内容なのか、また年収や待遇はどのようになっているのでしょうか。これらについてみていきましょう。

医療秘書の業務内容

医療秘書とは、病院などの医療機関における秘書業務をおこなう仕事です。そのため、医療秘書は通常の事務管理といった秘書知識・技能に加え、医学・医療知識も備えています。主な仕事としては、医師の補佐や、医療に関連した事務処理、また患者と医師、看護師、臨床検査技師などの医療スタッフ間の橋渡しをしてコミュニケーションをスムーズにする役割もおこないます。

医療事務と混同されることも多いですが、医療事務は病院の受付やカルテ管理をおこなう一方、医療秘書は大きな病院の院長補佐といった仕事がメインになり、また学会の補佐業務をすることもあります。

医療秘書に求められる能力について

  • 事務処理能力
  • 幅広い知識
  • 細やかな気遣い

医療機関で働く秘書とはいえ、通常の秘書業務と同じ能力・スキルが必要となります。

まず様々な業務をおこなうための事務処理能力です。病院で働くのであれば、院長のスケジュール管理や会議の準備、レセプト作成、取引先との対応、会計事務など業務はさまざまです。学会で働く場合も同様といえます。そうした多様な業務にスムーズに対応できる事務処理能力が必要となります。

上記のように医療関連の応対や書類作成も多いため、秘書としても事務関連スキルだけでなく、自身も医療知識が必要となります。秘書、医療の両方の幅広い知識が必要です。

そして、やはり秘書としてステップアップしていくためには、相手が求めていることを先回りできるような細やかな気遣いも必要です。ただいわれたことをこなすだけでなく、患者や取引先、医療スタッフのことを考えた業務を考え実行できれば、医療秘書としての評価は上がるでしょう。

医療秘書の平均年収と他職種との比較

医療秘書の平均年収について

信頼のできるたしかな情報は見つかりませんでしたが、240~400万円くらいの年収の幅があることが予想されます。勤務する病院の規模やどんな病院に勤めるか、また学会に勤めるかなど、働き方によって年収は変動するでしょう。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • 看護師:474万円
  • 医療事務:254万円

日本の平均年収と比べると、勤務先にもよりますが、医療秘書の平均年収は低いと予測されます。看護師と比べると低いですが、医療事務と比べるとそれほど差はないかもしれません。

医療秘書のボーナス・昇給事情

ボーナスについて

医療秘書のボーナスの有無については、勤務先によって差があります。学会や大きな病院では年2回の賞与が多いようですが、どんな病院や学会に所属するかによって変動します。

昇給について

医療秘書の昇給についても、勤務先によって差があります。大手病院や学会ならば昇給制度が整っているところもあります。ですが、病院によって異なるため、一概にあるなしを断定できるわけではありません。

医療秘書の年齢別平均年収推移シミュレーション

医療秘書の年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 212.3万円 14.6万円 37.5万円
25~29歳 276.6万円 19.0万円 48.9万円
30~34歳 318.6万円 21.9万円 56.3万円
35~39歳 349.2万円 24.0万円 61.7万円
40~44歳 376.3万円 25.8万円 66.5万円
45~49歳 397.8万円 27.3万円 70.3万円
50~54歳 414.5万円 28.4万円 73.2万円
55~59歳 408.5万円 28.0万円 72.2万円
60~64歳 306.2万円 21.0万円 54.1万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は318.6万円、うちボーナスは56.3万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が376.3万円、うちボーナスは66.5万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

医療秘書と日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 医療秘書の平均年収 日本の平均年収
20~24歳 212.3万円 263.5万円
25~29歳 276.6万円 343.3万円
30~34歳 318.6万円 395.5万円
35~39歳 349.2万円 433.4万円
40~44歳 376.3万円 467.1万円
45~49歳 397.8万円 493.8万円
50~54歳 414.5万円 514.4万円
55~59歳 408.5万円 507.0万円
60~64歳 306.2万円 380.1万円

医療秘書の平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると低いといえるでしょう。30~34歳の平均年収は318.6万円で、日本の平均と比較すると80万円ほど低くなると推測されます。40~44歳では平均年収が376.3万円なので、日本の平均と比較すると90万円ほど低くなる予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

医療秘書の生涯賃金シミュレーション

医療秘書の平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 1.53億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金と医療秘書の生涯賃金を比較してみましょう。医療秘書の平均年収は240~400万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

医療秘書の生涯賃金は、1.53億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると3,700万円ほど多いと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

人気業界の年収をチェック!

高収入の職種を探しているという就活生は、人気業界に属する企業の年収を知っておくといいでしょう。人気業界のトップに位置する企業は、年収も平均を上回っていることが多いです。年収を知るためにおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。

この資料では、各企業の年収以外にも売上高や純利益を掲載しています。企業を比較する際に、これらは必ずおさえておきたい情報になります。無料でダウンロードできるため、業界研究として活用したい就活生にもおすすめです。

まとめ

あまり聞きなれない医療秘書という職種ですが、医療事務とは役割の異なる職種です。また、医療事務のような医療機関のサポート業務においての、ワンランクステップアップした仕事ともいえます。

勤務する病院や学会によって、またパートか正社員かによって年収は変動が大きくなりますが、他の仕事と同様に、役職や経験を積めば年収も上がるでしょう。院長など役職のある人間のサポートや患者、取引先との応対の仕事もあり、責任感のある仕事です。

事務処理などの秘書の仕事に興味があり、医療業界に携わりたい方は、一度検討してみてもよいかもしれません。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ