職種研究

【SEの残業時間は実際どのくらいなのか】就職前に知っておきたいポイントを徹底解明

SEの残業時間が気になる就活生は多い

SE(システムエンジニア)という仕事をご存じでしょうか。文系学生と比較すると、理系学生の方が馴染み深い職種かも知れません。身の周りに「エンジニアになりたい」という人もたくさんいらっしゃるでしょう。もしかすると、「残業が多い」、「徹夜が続く」「会社に泊まり込みする」というイメージを持たれている人もいるかもしれません。

そこで本記事では、SEの残業などについて幅広くご紹介します。具体的には、まずSEを知らない人向けに詳しい仕事内容をお伝えします。そのあとは、残業時間の実態や効率よく仕事をするポイントをまとめていきますので、ぜひご活用ください。

SEの主な仕事内容

まず初めに、SEの具体的な仕事内容を見ていきましょう。もしかしたら、「プログラマーとの違いわからない」という人もいるかもしれません。もちろん企業や配属部署によって何を担当するのかに相違はありますが、基本的にはある案件の一部分を担うのがプログラマーの仕事です。SEの場合は、業務内容がかぶることはあるものの、顧客折衷なども含まれます。そのため、別の仕事として覚えておいてください。では、詳しくみていきましょう。

プログラミング

まずは、プログラミングです。「プログラムを作成すること」をプログラミングと言いますが、これは先ほどご紹介した「プログラマー」が担当することになります。とはいえ、会社の方針や状況によっては、SEが兼任するケースも考えられるのです。プログラミングは、「プログラミング言語」を使用してプログラムを組みます。そしてそれがコンピュータ上で動作するソフトウェアやシステムになるのです。

「プログラミング言語」には人気があるもの、仕事に有利なものなどたくさんの種類があるので、ぜひ覚えておきましょう。もう少し具体的に述べると、どうプログラムを組めば良いのかがわかる「仕様書」というものがあります。それに基づいて作業を進めていくのです。

クライアントとのミーティング

先に述べた「仕様書」を作成するのがSEのメイン業務と言えるでしょう。そのためには、クライアントにヒアリングを行い、システムでどのようなことを実現したいのか方向性を決めていきます。SEには「黙々と作業する仕事」というイメージがあるかもしれませんが、「聞く力」も重要になってくるのです。「何を実現したいのか」、「どうすれば目的を達成できるのか」を考えることは、あらゆる業界の「ディレクター」的なポジションに似ているかも知れません。

そして、クライアントからのヒアリング内容を検討し、「仕様書の作成」、「基本設計」、どのような機能があるプログラムにするのかという「詳細設計」をしていきます。プロジェクトにより、SE自らプログラミング業務を担うこともあるでしょう。

プロジェクトチームでの会議

ひとつのプロジェクトに対してひとりで対応することよりも、チームで開発することの方が多いでしょう。そのため、仕様書などの作成後、ミーティングは欠かせません。そこでのまとめ役を担当するのもSEの仕事になります。具体的には、クライアントと開発メンバーの間に立つポジションだと言えるでしょう。

会議の中で出たメンバーからの意見を、クライアントとの打ち合わせで伝えることがあります。逆にクライアントからの絶対的な要望をメンバーに伝え、説得するような状況も出てくるかもしれません。そのため、プログラムや設計の知識だけではなく、「リーダー力」も必要になってくるでしょう。責任の重いポジションである分、やりがいは大きいとも言えます。

現代社会における残業の実態

具体的なSEの仕事内容に触れてきましたが、「残業が多そう」と感じた人もいるかもしれません。詳しくは後述しますが、SEは比較的残業が多い仕事ではあります。とはいえ、もちろん企業によって状況は異なると言えるでしょう。中でも金融系のシステムエンジニアは、時期によっては、他業界のSEよりも残業が少ないと言われています。SEに限らず、どの職種でも繁忙期は残業することが多いかもしれません。それでは具体的に残業時間をみていきましょう。

SEの残業時間は比較的長い傾向にある

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」では、ひと月の残業時間がわかります。平成27年度のデータでは、SEのように忙しいイメージの強い看護師が「9時間」でした。前半でもご紹介したプログラマーは「17時間」なので、1日1時間は残業していない計算となるでしょう。SEはどれくらいかというと、「23時間」なので、月20日程度の勤務であれば、1日1時間以上は残業することになり、別の仕事よりも多い傾向にあると言えます。

もちろんこのデータはあくまでも平均値なので、会社により残業時間は異なります。企業方針で残業を推奨しない会社であれば、先の数字よりも少ない可能性があるでしょう。もちろん、もっと残業時間が多い会社があることは考えられます。

依頼内容が頻繁に変わると残業しなくてはいけない

クライアント先から仕事を受注している場合、残業が多くなってしまう可能性は否定できないでしょう。自社のシステム開発を担当しているエンジニアであれば、話は別かもしれませんが、企業の事業内容によっては受注して仕事を請け負っていることもあります。その場合、クライアントの言っていることがすぐに変わるのであれば、SEやそのチームは大きな負担を負うことになるでしょう。

企業によっては、予算の調整や全国各地でプレゼンをすることなども担当業務になるので、残業せざるえないシチュエーションになるかもしれません。プロジェクトによっては、休日出勤することもあるでしょう。設計〜納品まで関わるポジションになるので、どうしても働く時間が長くなってしまいます。

残業時間を減らすために知っておきたいポイント3つ

働く時間が長くなってしまうポジションではありますが、ある程度の工夫により残業時間を短縮することは可能でしょう。「忙しい」と愚痴をこぼしても、仕事が終わるわけではありません。それならば、現状の進捗状況をしっかりと把握して、時間の使い方をコントロールすべきではないでしょうか。仕事量が多かったり、難しい案件が続くと、逆にダラダラしてしまう傾向もあります。なので、自身のタスクを理解し、きちんとスケジュールを組んでいく必要があるでしょう。

①始業前にその日やるべき事柄を整理する

朝会社に行って、パソコンをつけてぼんやりとしている時間はもったいないでしょう。その時間があるならば、その日のやるべきタスクをチェックし、極めて効率的に働くためにしっかりとスケジュールを組む必要があります。今日必ず達成すること、明日に回せるもの、来週でも良いことなど、仕事内容によってはきちんと振り分けられるに違いありません。

こうした優先順位をつける対応をしないと、夜遅い時間に「あの仕事を忘れていた」と気づき、徹夜してしまう可能性も考えられます。「TO-DOリスト」を作り、毎日更新していくことは、スケジューリングにおいて大切なことかもしれません。最近ではアプリでも「TO-DOリスト」はありますので、活用してみてはいかがでしょうか。

②短期的目標と長期的目標を分けて設定する

クライアントから近々にやってもらいたいという案件や「来月までで良い」と言われているものなど、納期が異なる仕事はさまざまあるでしょう。「できるだけ近日に」という案件に手をつけず、「来月まで」という仕事を優先的にやっても、まったく効率的ではありません。もちろん、長期的に仕上げる案件でも、難しいものであれば、毎日コツコツと取り掛かる必要があるでしょう。

このように、短期的目標と長期的目標を分けて設定することが大切と言えるでしょう。仕事に慣れていないうちは、そうしたことの判断が難しいかもしれません。とはいえ、経験・スキルを積み重ねていくうちに、正しく賢い選択ができるでしょう。「自分では無理そうだ」という仕事は、人に任せることもあるかもしれません。

③何よりも体調管理に気を付ける

前半でご紹介した通り、SEは残業が続いてしまう日々を経験してしまう可能性の高い仕事です。毎日決まった時間に眠れるわけではなく、睡眠時間も少なくなり、心身ともに疲労を蓄積してしまう可能性が高いと言えるでしょう。だからこそ、先にお伝えした残業時間を減らすメソッドを参考に、なるべく睡眠時間を確保することが大切です。

こうした対応をしないと仕事の効率も悪くなり、負のサイクルにはまってしまうこともあるでしょう。もちろん、食生活を整えることも大切です。「忙しいから」という理由で、食事を取らなかったりすることは、後々スタミナ切れしてしまう可能性が考えられます。それが原因で、長時間働いてしまうこともあるでしょう。

SEは比較的残業も多いがその分やりがいも大きい仕事

SEは、あるシステムやソフトウェアを作る時に、リーダー的なポジションを担う仕事だと言えるでしょう。プロジェクトによっては、プログラミングをする可能性も考えられるので、プログラミング言語の深い理解は必要不可欠です。正直な話、一般的に「忙しい仕事」というイメージのある仕事よりも、残業時間は長いかもしれません。

とはいえ、携わるタスクや企業によっては、あまり残業時間がない可能性もあるので、要チェックです。残業時間の削減対策としては、スケジューリングの重要性を理解し、「今すぐやるべきもの」、「ある程度ほおっておいても良いもの」などを見極める必要性があります。いずれにせよ、裁量が大きな仕事の分、確かなやりがいを実感できるポジションでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ