職種研究

ファンドマネージャーの平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

ファンドマネージャーとは

言語聴覚士の平均年収と他職種との比較

ファンドマネージャーは、資産家に代わって資産運用をおこなう仕事です。これは、いわば他人のお金を使って投資をする行為なので、顧客から仕事を任されるには絶対的な信用が必要とされます。

ときに億単位の資産を預かることもあるので、そのプレッシャーはたいへんなものですが、成果しだいでは莫大な収入を得ることも可能な仕事です。

そんなファンドマネージャーの平均年収や賞与について、詳しく調べてみました。

ファンドマネージャーの業務内容

ファンドマネージャーは、保険会社や投資委託会社に所属する会社員です。投資の専門家として、顧客の資産運用を代行します。

資産運用とは、株式や債券の売買によって資産を増やすことです。よって、ファンドマネージャーはマーケットの情勢を常に把握しておかなければなりません。

情報収集は、インターネットや投資先に直接訪問することでおこないます。適切な判断を下すために、トレーダーやディーラーといった同業者と連携することが多いようです。

自分はファンドマネージャーに向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、ファンドマネージャーの仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がファンドマネージャーに向いているタイプか、診断してみましょう。

ファンドマネージャーに求められる能力について

  • お金の知識
  • コミュニケーション能力
  • 冷静さ

資産運用をするには幅広いお金の知識が必要です。具体的には経済や金融、税金、保険、家計といったものです。また、証券アナリストの検定を取得するなど、専門知識について勉強することが求められます。

あらゆる職業にいえることですが、ファンドマネージャーにはコミュニケーション能力が求められます。顧客から信用されるためには、実務能力だけでなく人柄が重要です。また、同業者との連携のためにも、コミュニケーション能力は必須といえます。

投資の世界に予想外は付きものです。たとえプロでも、損失を出してしまうことはあるでしょう。そんなときパニックにおちいることなく、ただちに挽回の手段を考えられる冷静さが必要です。

ファンドマネージャーの平均年収と他職種との比較

ファンドマネージャーの平均年収について

転職会議によると、ファンドマネージャーの平均年収は989万円です。ファンドマネージャーの平均年収は、一般的な水準と比べるとかなり高い傾向にあるようです。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • トレーダー:722万円
  • ディーラー:650万円

ファンドマネージャーの平均年収は、日本の平均年収422万円と比較して、567万円高くなっています。また類似職のトレーダーと比べて267万円高く、ディーラーと比べて339万円高くなっています。

ファンドマネージャーのボーナス・昇給事情

ボーナスについて

ファンドマネージャーのボーナスの有無については、企業によって差があります。年2回の賞与を支払う企業もあるようですが、成果報酬を採用している企業の方が多いようです。成果しだいでは、年収を上回るほどのボーナスを得られることもあるようです。

昇給について

ファンドマネージャーの昇給についても、企業によって事情が異なってきます。定期的な昇給制度を整備している企業も多いですが、成果による昇給をおこなう場合もあるので、一概にあるなしを断定できるわけではありません。

ファンドマネージャーの年齢別平均年収推移シミュレーション

ファンドマネージャーの年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 555.1万円 38.1万円 98.1万円
25~29歳 723.1万円 49.6万円 127.8万円
30~34歳 833.1万円 57.2万円 147.2万円
35~39歳 913.0万円 62.6万円 161.3万円
40~44歳 984.0万円 67.5万円 173.8万円
45~49歳 1,040.2万円 71.4万円 183.8万円
50~54歳 1,083.7万円 74.4万円 191.5万円
55~59歳 1,068.0万円 73.3万円 188.7万円
60~64歳 800.6万円 54.9万円 141.4万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は833.1万円、うちボーナスは147.2万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が984万円、うちボーナスは173.8万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ファンドマネージャーと日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 ファンドマネージャーの平均年収 日本の平均年収
20~24歳 555.1万円 263.5万円
25~29歳 723.1万円 343.3万円
30~34歳 833.1万円 395.5万円
35~39歳 913.0万円 433.4万円
40~44歳 984.0万円 467.1万円
45~49歳 1,040.2万円 493.8万円
50~54歳 1,083.7万円 514.4万円
55~59歳 1,068.0万円 507.0万円
60~64歳 800.6万円 380.1万円

ファンドマネージャーの平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると高いといえるでしょう。30~34歳の平均年収は日本の平均と比較すると437.6万円ほど高くなると推測されます。40~44歳では516.9万円ほど高くなる予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

ファンドマネージャーの生涯賃金シミュレーション

  ファンドマネージャーの平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 4.0億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金とファンドマネージャーの生涯賃金を比較してみましょう。ファンドマネージャーの平均年収は989万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。

20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が上記の表です。

ファンドマネージャーの生涯賃金は4億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると2億1,000万円ほど高いと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

まとめ

ファンドマネージャーは高収入の上、成果しだいではさらに多くの収入を得ることができる職業です。世界トップクラスともなれば、年収は数千億円にものぼります。

当然、リスクもあります。損失を出したときは、一定範囲内であれば借金を負うことはありませんが、顧客の信用を失えば仕事を続けることはできません。

今は価値上昇中の銘柄も明日には大暴落するかもしれない、そんなプレッシャーの中でも長年成果を出し続ける精神力が、ファンドマネージャーには必要なのです。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ