企業研究

マクドナルドの平均年収と生涯賃金|年齢別・役職別の年収・月給・ボーナス推移と業界比較

マクドナルドの平均年収は602万円

マクドナルドは、2002年に設立された、ハンバーガーレストランチェーン店の経営を行う会社です。ハンバーガーを中心に、ポテトやチキンナゲットなどのサイドメニューやドリンクなどを扱っています。クイックサービスレストランとして、顧客にとって「お気に入りの食事の場とスタイルであり続けること」を目標に掲げ、品質・サービス・清潔さ・価値の4項目を徹底しています。本店を新宿に置き、全国におよそ3,000の店舗を構えています。資本金は1億円です。

正式名称:日本マクドナルド株式会社
所在地:東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー
従業員数:2,239人
//www.mcdonalds.co.jp/company/outline/gaiyo/
※従業員数は、日本マクドナルドホールディングス株式会社との連結社員数です。

複数の口コミを参照すると、マクドナルドの年収事例は以下のようになっています。

  • 平均年齢31.2歳・販売・サービス系:466万円
  • 平均年齢32.1歳・営業職:533万円
  • 平均年齢36.6歳・企画・事務・管理系:653万円
  • 平均年齢37.0歳・クリエイティブ系:750万円
  • 平均年齢46.3歳・専門サービス系:617万円

これらの事例から、年齢別・役職別の平均年収を算出しました。

マクドナルドにおける年齢別平均年収

各年齢ごとの平均年収の推移はどのようになっているのでしょうか。年齢階層別の平均年収と、1歳ごとの平均年収をそれぞれ算出しました。

平均年収の年齢階層別の推移シミュレーション

各年齢の年収推移を5歳刻みで推定し、月給・ボーナス・年収についてそれぞれ推定値を算出しました。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 220.9万円 14.6万円 45.8万円
25~29歳 343.2万円 22.7万円 71.2万円
30~34歳 393.5万円 26.0万円 81.7万円
35~39歳 434.0万円 28.7万円 90.1万円
40~44歳 456.7万円 30.2万円 94.8万円
45~49歳 482.8万円 31.9万円 100.2万円
50~54歳 497.7万円 32.9万円 103.3万円
55~59歳 481.3万円 31.8万円 99.9万円
60~64歳 343.8万円 22.7万円 71.4万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

平均年収の1歳ごとの推移シミュレーション

マクドナルドの1歳ごとの平均年収の推移をシミュレーションしました。

年齢 月給 ボーナス 平均年収
22歳 14.6万円 45.8万円 220.9万円
23歳 16.2万円 50.9万円 245.4万円
24歳 17.8万円 56.0万円 269.8万円
25歳 19.4万円 61.1万円 294.3万円
26歳 21.1万円 66.2万円 318.8万円
27歳 22.7万円 71.2万円 343.2万円
28歳 23.3万円 73.3万円 353.3万円
29歳 24.0万円 75.4万円 363.3万円
30歳 24.7万円 77.5万円 373.4万円
31歳 25.3万円 79.6万円 383.4万円
32歳 26.0万円 81.7万円 393.5万円
33歳 26.5万円 83.3万円 401.6万円
34歳 27.1万円 85.0万円 409.7万円
35歳 27.6万円 86.7万円 417.8万円
36歳 28.1万円 88.4万円 425.9万円
37歳 28.7万円 90.1万円 434.0万円
38歳 29.0万円 91.0万円 438.5万円
39歳 29.3万円 92.0万円 443.1万円
40歳 29.6万円 92.9万円 447.6万円
41歳 29.9万円 93.8万円 452.1万円
42歳 30.2万円 94.8万円 456.7万円
43歳 30.5万円 95.9万円 461.9万円
44歳 30.8万円 96.9万円 467.1万円
45歳 31.2万円 98.0万円 472.4万円
46歳 31.5万円 99.1万円 477.6万円
47歳 31.9万円 100.2万円 482.8万円
48歳 32.1万円 100.8万円 485.8万円
49歳 32.3万円 101.4万円 488.8万円
50歳 32.5万円 102.1万円 491.8万円
51歳 32.7万円 102.7万円 494.7万円
52歳 32.9万円 103.3万円 497.7万円
53歳 32.7万円 102.6万円 494.4万円
54歳 32.4万円 101.9万円 491.2万円
55歳 32.2万円 101.3万円 487.9万円
56歳 32.0万円 100.6万円 484.6万円
57歳 31.8万円 99.9万円 481.3万円
58歳 30.0万円 94.2万円 453.8万円
59歳 28.2万円 88.5万円 426.3万円
60歳 26.3万円 82.8万円 398.8万円
61歳 24.5万円 77.1万円 371.3万円
62歳 22.7万円 71.4万円 343.8万円
63歳 18.2万円 57.1万円 275.1万円
64歳 13.6万円 42.8万円 206.3万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

質問に答えるだけで自己PRを完成させよう

就活において、自己PRは大きな意味を持ちます。インターンシップに参加する時点で、自己PRを考えておくのはおすすめです。自己PRには盛り込むべき要素がたくさんありますが、文章を考えるのが苦手という就活生は多いのではないでしょうか。的確にポイントを押さえることも大切ですが、面接官に伝わる文章力が試されるのも自己PRの特徴です。

言いたいことはまとまったけれど、実際に文章にするのが苦手という就活生は、用意された質問に答えるだけの自己PR作成ジェネレータで自然な流れの自己PRを作ってみてください。無料でダウンロードできるので、文章の繋ぎ方や言葉遣いに自信がないという就活生にもおすすめです。

マクドナルドの役職者の年収

役職者の年収について

役職 平均年収
部長 657.5万円
課長 514.3万円
係長 391.6万円
20~24歳の一般社員 220.9万円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

マクドナルドの大卒・大学院卒初任給について

学歴 初任給
大卒 25万円

※リクナビ2018より参照しています。

マクドナルドの大卒初任給は25万円です。大学院卒の初任給に関する情報はありませんでした。昇給は年に1回支給され、賞与は業績連動型となっています。

外食業界における年収の傾向と生涯賃金

外食業界とは

外食業界とは、食材を仕入れて調理を行い、食事場所を提供する産業のことです。外食業界の企業には、ファミリーレストランやファーストフード、中華料理店や和食店、弁当屋、カフェなどがあります。近年、少子高齢化の影響により市場は縮小傾向にあり、外食業界では競争が激しくなっています。このような状況において、各社では、店舗の拡大や店舗の改装、M&Aなど、さまざまな動きを見せています。

外食業界の平均年収推移と生涯賃金

年齢 マクドナルド 外食業界
20~24歳 220.9万円 264.8万円
25~29歳 343.2万円 430.2万円
30~34歳 393.5万円 487.2万円
35~39歳 434.0万円 532.7万円
40~44歳 456.7万円 551.9万円
45~49歳 482.8万円 562.8万円
50~54歳 497.7万円 577.9万円
55~59歳 481.3万円 566.3万円
60~64歳 343.8万円 445.4万円
生涯賃金 1.83億円 2.21億円

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

マクドナルドと外食業界の年齢別平均年収を比較すると、マクドナルドの平均年収は業界平均よりも低いことが予測されています。最も差が大きいのは30代後半で、業界平均より98万円低くなる予測となっています。生涯賃金を比較すると、業界平均よりおよそ3,000万円低くなるシミュレーション結果です。

まとめ

市場規模の縮小が懸念される中、リーズナブルで手軽に食事がとれることから、若者を中心に人気を集めているマクドナルド。社員の教育制度も充実しており、「ハンバーガー大学」という教育機関を設け、あらゆる立場の従業員に対してリーダーシップやマネジメントなどの教育を行っています。今後も、マクドナルドの動向に注目が集まりそうです。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ