職種研究

公認会計士の平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

公認会計士とは

公認会計士は、監査と会計の専門家です。企業から依頼を受けて監査業務をおこない、場合によっては財務や経理も担当することがあります。監査では独立した立場から上場企業の会計報告書に承認を与えます。グローバル化にともない、資格を持った会計士のお墨付きが必要なケースがでてくる機会が増えていて、需要の高まりもある職業です。

公認会計士の業務内容

公認会計士になるには、国家資格を取得する必要があります。公認会計士が独占的に行うことができる業務として、財務諸表の監査があります。これは金融機関や株式の投資家などに対して、公に発表する会計報告書を作成する業務です。

その他にも、財務や経理の仕事をおこなうこともでき、会計のスペシャリストとして会計に関する全ての業務に従事することができます。

公認会計士に求められる能力について

  • 責任感
  • 正義感
  • 数字が得意

公認会計士には大きな責任感が求められます。金融機関の融資や投資家の判断では、原則として公認会計士の作成した会計報告書を見ながら判断することになるためです。意思決定の材料となる資料になるため、間違いがあってはならず、大きな責任が求められます。

正義感も同様に重要といえるでしょう。企業の中には、役員の指示で粉飾決算がなされていることもありえます。これを正すことも、公認会計士のひとつの役割です。世の中に誤った情報を流布しないためにも、きちんと指摘することが求められます。

最後に、数字が得意であることが挙げられます。会計業務という性質上、数字からは避けられません。得意といえるほどではなくても、苦手意識をもっていると業務を滞りなく遂行できないかもしれません。

自分は公認会計士に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、公認会計士の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が公認会計士に向いているタイプか、診断してみましょう。

公認会計士の平均年収と他職種との比較

公認会計士の平均年収について

公認会計士の平均年収は、厚労省の賃金構造基本統計調査によると、864万円です。経験年数や、どこで勤務しているかによっても異なりますが、おおむねこの程度と考えてよいでしょう。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • 弁護士:759万円

公認会計士の年収は、日本の年収である422万円と比べてかなり高いです。また厚労省の賃金構造基本統計調査によると、公認会計士と同じく独占業務である弁護士の平均年収は759万円です。公認会計士は弁護士と比較しても年収が高いことがわかります。

公認会計士のボーナス・昇給事情

ボーナスについて

公認会計士のボーナスは、ある場合とない場合があり断言はできません。経験年数や、どの会計事務所または企業で勤務しているか、独立開業しているか否かによっても異なってきます。

昇給について

昇給は、経験年数と勤務場所によってはあるでしょう。ただし、独立開業すると自分の腕ひとつで稼げるか稼げないかが決まるため、状況によっては収入は一気に増えることもあります。

公認会計士の年齢別平均年収推移シミュレーション

公認会計士の年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 539.5万円 37.0万円 95.3万円
25~29歳 702.8万円 48.2万円 124.2万円
30~34歳 809.7万円 55.6万円 143.0万円
35~39歳 887.3万円 60.9万円 156.8万円
40~44歳 956.3万円 65.6万円 169.0万円
45~49歳 1,011.0万円 69.4万円 178.6万円
50~54歳 1,053.3万円 72.3万円 186.1万円
55~59歳 1,038.0万円 71.2万円 183.4万円
60~64歳 778.1万円 53.4万円 137.5万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は809万円、うちボーナスは143万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が956万円、うちボーナスは169万円になると予測されます。

公認会計士と日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 公認会計士の平均年収 日本の平均年収
20~24歳 539.5万円 263.5万円
25~29歳 702.8万円 343.3万円
30~34歳 809.7万円 395.5万円
35~39歳 887.3万円 433.4万円
40~44歳 956.3万円 467.1万円
45~49歳 1,011.0万円 493.8万円
50~54歳 1,053.3万円 514.4万円
55~59歳 1,038.0万円 507.0万円
60~64歳 778.1万円 380.1万円

公認会計士の平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると高いと言えるでしょう。30~34歳の平均年収は809万円で、日本の平均と比較すると387万円ほど高くなると推測されます。40~44歳では956万円の予測です。

公認会計士の生涯賃金シミュレーション

公認会計士の平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 3.89億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金と公認会計士の生涯賃金を比較してみましょう。公認会計士の平均年収は864万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

公認会計士の生涯賃金は、3.89億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると1.99億円ほど高いと推測されます。

まとめ

3大難関国家試験のひとつに数えられるほど、資格取得の難易度がきわめて高い公認会計士であるだけに、年収はそれ相応に高くなっています。独立開業をすれば、自分の腕ひとつでかなりの高額な報酬をもらって仕事を請け負うことも可能になります。一方で、公認会計士は不正が発覚すれば資格はく奪などの処分もありえます。強い責任感と正義感が要求される職業といえるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ