職種研究

アートディレクターの平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

アートディレクターとは

アートディレクターとは、クライアントが伝えたいコンセプトを理解してデザイナーやコピーライター、カメラマン、制作スタッフなどを統括し、コンセプトに沿った広告やデザインを制作していく責任者のことです。そんなアートディレクターの業務内容や平均年収について見ていきましょう。

アートディレクターの業務内容

アートディレクターがやらなければいけない業務は「統括」、すなわち全体の管理の仕事です。アートディレクターが実際にデザインやコピーライティングなどの制作作業を行うことはさほど多くありません。

主な業務の流れとしては、まずクライアントが持っているイメージをコンセプトに落とし込むための打ち合わせを行い、デザイナー、カメラマン、コピーライターなどのスタッフを選任します。さらにスタッフとアイデアを出しながら方向性を決めてクライアントに企画をプレゼンし、決定した企画内容に沿ってスタッフに制作の指示を出していき、納期や予算にあわせて制作物の完成・納品につなげていきます。

あなたの就活力は何点?

就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

アートディレクターに求められる能力について

  • 実務経験
  • 管理能力
  • コミュニケーション能力

まずはスタッフとしての実務経験が必須となります。制作の現場で経験を重ね、広告やデザインがどのように作られているのかを把握しながら、アートディレクターに必要な幅広い知識を身につけていきます。

また、ディレクターとしての管理能力は大変重要です。制作物には必ず予算と納期がありますから、それに合わせて全体を俯瞰的に捉え、各々のスタッフに指示を出しながら管理していくことが出来なければなりません。

さらにクライアントの意向を的確に掴み、その内容をスタッフに具体的に指示するためのコミュニケーション能力も欠かすことはできないでしょう。

アートディレクターの平均年収と他職種との比較

アートディレクターの平均年収について

DODAによれば、アートディレクターの平均年収は464万円となっています。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • グラフィックデザイナー:332万円
  • Webディレクター:445万円

アートディレクターの年収は、日本の平均年収と比較して40万円ほど高くなっています。また実際の制作クリエイターであるデザイナーの平均年収(DODA調べ)と比較すると、130万円以上、上回る見込みです。

アートディレクターのボーナス・昇給事情

ボーナスについて

アートディレクターのボーナスについては、雇用形態などによって大きく異なってきます。そのため一概には断言できません。

昇給について

アートディレクターの昇給についても、雇用されている企業や雇用形態によって大きく変わってきます。そのため一概には断言できません。

アートディレクターの年齢別平均年収推移シミュレーション

アートディレクターの年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 289.7万円 19.9万円 51.2万円
25~29歳 377.4万円 25.9万円 66.7万円
30~34歳 434.8万円 29.8万円 76.8万円
35~39歳 476.5万円 32.7万円 84.2万円
40~44歳 513.6万円 35.2万円 90.7万円
45~49歳 542.9万円 37.3万円 95.9万円
50~54歳 565.6万円 38.8万円 99.9万円
55~59歳 557.4万円 38.2万円 98.5万円
60~64歳 417.9万円 28.7万円 73.8万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は434.8万円、うちボーナスは76.8万になると予測されます。40~44歳では平均年収が513.6万円、うちボーナスは90.7万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

アートディレクターと日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 アートディレクターの平均年収 日本の平均年収
20~24歳 289.7万円 263.5万円
25~29歳 377.4万円 343.3万円
30~34歳 434.8万円 395.5万円
35~39歳 476.5万円 433.4万円
40~44歳 513.6万円 467.1万円
45~49歳 542.9万円 493.8万円
50~54歳 565.6万円 514.4万円
55~59歳 557.4万円 507.0万円
60~64歳 417.9万円 380.1万円

アートディレクターの平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると高いです。30~34歳の平均年収は434.8万円で、日本の平均と比較すると40万円ほど高くなると推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

アートディレクターの生涯賃金シミュレーション

アートディレクターの平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 2.09億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金とアートディレクターの生涯賃金を比較してみましょう。アートディレクターの平均年収は464万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

アートディレクターの生涯賃金は、2.09億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると0.19億円ほど多いと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

まとめ

広告やデザインの華やかな世界は、ともすればデザイナーやコピーライターなどクリエイターの仕事にだけ目が行きがちですが、それらをまとめあげて作品にしていくアートディレクターの存在は欠かすことができません。

幅広い知識や経験、管理能力に加え、コミュニケーション力など様々な能力が必要ですが、その分やりがいも大きい職業だと言えるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ