就活その他

【年収250万の場合手取りは何万円?】税金の計算方法と生活費

新卒の平均年収はいくらなのか?

企業や業界を選ぶときに基準のひとつになるものが年収です。自分がやりたい仕事や企業の将来性も大切ですが、自分がもらえる年収が気になる人は多いでしょう。

新卒の平均年収は一体いくらくらいになるのでしょうか。
厚生労働省による、平成30年度賃金構造基本統計調査によると、平成30年の初任給は、大学院修士課程修了者の平均が約23万8千円で、大学卒の平均が約21万円であることが分かります。

これより12か月分としても、250~280万円ほどが、新卒の年収と考えられます。
企業に入ってすぐに、230~270万円ももらえるならば、自由に使えるお金もたくさんあるように思えるのではないでしょうか。

ここでは、年収250万円の場合に手取りがいくらくらいになり、どのような生活を送れるのかといったことを説明します。年収は生活に直接関係することなので、しっかりと理解しておきましょう。

年収250万の手取りとは

年収250万円の場合に、手取りはいくらくらいになるのでしょうか。「年収と手取りって違うの?」と思う人もいるでしょう。年収は企業が社員に対して支払う金額で、手取りは年収から社会保険料や各種税金を控除されて、実際に自分の口座に給料として振り込まれる金額です。

年収が高いからといって、年収の金額がすべて自分のものになるわけではありません。年収からは、所得税、社会保険料、住民税がそれぞれ控除されます。

所得税

所得税とは、個人の所得に対してかかる税金のことです。所得税は国税といわれ、国に納める税金です。

所得税の計算は、年収から給与所得控除と所得控除を差し引いて、課税対象額に税率を適用して計算します。給与所得控除とは、社員が税金計算の対象から外すことができる控除のことです。給与所得控除は年収によって金額が変わります。

所得控除とは、医療費控除や扶養控除や配偶者控除などのことです。所得税の税率は年収によって変わってきます。

社会保険料

社会保険とは、国で強制的に加入する保険であり、病気や老後や失業といったさまざまなリスクに対して保障される制度です。

社会保険料には、健康保険料や厚生年金保険料、介護保険料、雇用保険料、労災保険料の5つの保険料が含まれています。労災保険料は企業が負担してくれているので、個人負担はありません。介護保険料は40歳以上になると負担する保険なので、新入社員には関係がない保険です。

住民税

住民税とは、自分が住んでいる住所地に納税する税金です。住民税は地方税といわれ、各都道府県や各市町村などの地方自治体に納める税金を指します。

住民税は所得割と均等割の2つで計算されています。所得割は前年1年間の年収に応じて計算され、年収から給与所得控除と所得控除を差し引いた金額に税率10%をかけた金額です。

36個の質問に答えて自己分析をしよう

就活は、あなた自身を企業に売り込む場。だから、自己分析を通じて、自分の強みを理解する必要があります。ただ、そんな時間がない方も多いはず。

そんな時は、自己分析ツールの「My analytics」を活用してみましょう。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsでサクッと自己分析をして、あなたの本当の強み・適職を発見しましょう。

年収250万の場合に考えられる生活

年収250万円の場合、月々約20万円とします。すると控除額を考えると、月の手取りは17万円ほどです。

そのため手取の年収を考えると手取りはおよそ200万円ほどと考えられます。1年間を200万円で過ごすということは、どのような生活になると考えられるでしょうか。

社会人になると付き合いも多くなり、飲み会に参加することも増えます。また、家賃や生活費を考えると、1か月に17万円という金額は、あまり余裕があるようには思えない金額です。

ローンが組みにくい

高額なものを買おうとするときには、ローンを組んで毎月少しずつ支払うという方法を取る場合がほとんどです。年収250万円の場合はローンを組めるのでしょうか。

新入社員で年収250万円の場合は、ローンを組みにくいといえます。社会人1年目の人は、まだ金銭感覚が身についてない場合が多いです。

月に17万というまとまったお金を手に入れると、月にいくら使っていくら貯金してという計画を立てずに、すべて使ってしまうという人もいるでしょう。

ローンはこれから先、何か月や何年も支払っていくものです。毎月ある程度の貯金ができるようになってからローンを組まないと、ローンを支払えないということにもなりかねません。

自由に使えるお金が少なくなる

毎月の手取りが17万円と考えると、自由に使えるお金はどのくらいなのでしょうか。家賃が5万円とすると、残りは12万円です。

日々の生活費として、食費が3万円、光熱費が1万円、携帯電話代が1万円、新聞代が1万円、交際費が2万円、保険料が5千円、ネット代が5千円、その他の生活費が1万円と仮定します。日々の生活費を合算すると毎月10万円かかるため、毎月使う金額は15万円と計算できます。

手取りが17万円なので、毎月2万円の余裕しかありません。仕事で必要なスーツや靴を買ったり、飲み会に何度か参加すれば無くなってしまう金額です。家賃が安いところに住んだり、自炊するといった節約をしないと、自由に使えるお金は少なくなるといえるでしょう。

年収が高い企業に就職するには

年収250万円では、自由に使えるお金が少ないことがわかりました。「趣味や好きなものを買うのにお金をかけて、豊かな生活がしたいから、年収が高い企業に就職したい」と考える就活生もいるでしょう。

年収が高い企業に就職すれば手取りも増えるので、自由に使えるお金も増えます。それでは年収が高い企業に就職するにはどうすればよいのでしょうか。

企業研究をしっかりおこなう

就職活動をするうえで、企業研究は必須です。企業研究をする際に、年収の部分もチェックしているでしょうか。企業の業務内容や業績については調べると思いますが、平均年収にも目を向けてみましょう。

業界ごとに年収が高い業界や低い業界があります。また、同じ業界の中でも企業によって年収に違いがあります。年収と同様に福利厚生についても調べてみましょう。

福利厚生とは企業が社員に対して補助してくれる報酬のようなものです。住宅手当や家族手当、通勤手当といった手当があり、福利厚生の内容で年収は大きく変わってきます。また、残業代や休日出勤といった時間外手当が、きちんと支給されるかどうかという点もチェックしておきましょう。

自分の将来像を明確にする

年収が高い企業に就職できなくても、昇給やキャリアアップによって、高い年収を得ることも可能です。最初は年収が低くても、長く勤務していると昇給によって年収は上がっていきます。そのため、同じ企業に長く務めることも年収を上げる手段の一つです。

また、高い専門性やビジネススキルを身につければ、今よりも年収が高い条件で転職することも可能です。

企業の年収を調べることも大切ですが、自分がビジネスマンとしてどのようなキャリアを積んでいき、どんな仕事をしていきたいのかと考えることが重要といえます。自分が働くうえで、将来なりたい自分という将来像を明確にすることが大切です。

コロナ自粛中に、自己分析をやり直そう

コロナウイルスで就活も自粛の傾向になり、選考が進まず、不安になっていませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自己分析をやり直しておきましょう。

My analyticsなら、36の質問に答えるだけであなたの強み・弱み→それに基づく適職がわかります。

コロナで就活が自粛中の今こそ、自己分析を通して、自分の本当の長所・短所を理解し、コロナ自粛が解けた後の就活に備えましょう。

年収250万の場合の手取りはおよそ200万円程

年収250万円の説明をしてきましたが、年収250万円では手取を考えると自由に使えるお金が、思ったよりも少ないことがわかりました。「仕事は給料のためだけにするのではない」という気持ちは大切ですが、生きていく上で給料の多少は重要です。年収が高いほうが、自由に使えるお金が増えますし、仕事に対するモチベーションを保てるというメリットもあります。

年収が高い企業に就職したい就活生は、年収が高い業界や企業を絞って就職活動するのも良いでしょう。年収が高い企業の中から、自分がやってみたい仕事を探すのも、仕事探しの一つの方法ではないでしょうか。

新卒採用は一度しかないので、広い視野を持ち、後悔しない企業選びをしましょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ