職種研究

スタイリストの平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

スタイリストとは

テレビや雑誌で活躍する芸能人などのコーディネートの多くは、スタイリストが手掛けています。華やかなファッション業界で活躍するクリエイティブな仕事のため、とても人気のある職種です。そんなスタイリストの業務内容や平均年収などを見ていきましょう。

スタイリストの業務内容

スタイリストの主な仕事は、企業やタレントから依頼されたテーマをもとに、タレントの魅力やイメージを考慮しつつ、ファッションのコーディネートを完成させることです。

まずは依頼主と打ち合わせを行います。テーマやイメージに合う撮影場所を確保し、使用する服、アクセサリーなどのアイテムをお店やメーカーに借りる手配も行います。借りた衣装のアイロンがけなども仕事のひとつです。

撮影中は衣装に乱れがないかのチェックや、衣装替えにも対応。画像や映像の確認も行います。借りた衣装をお店やメーカーに返却することも、業務に含まれます。

スタイリストに求められる能力について

  • ファッションセンス
  • コミュニケーション能力
  • 体力

スタイリストに最も必要といえるのは、ファッションセンスです。どのようなオーダーにも臨機応援に対応できるよう、色彩などの知識から最新のトレンドまで、さまざまなことを学んで、センスを磨くことが大切になります。

コミュニケーション能力も必須です。スタイリストは、ヘイアメイクやカメラマンなどとチームで活動することがほとんどです。他にも、衣装や小物を借りるお店やメーカーの担当者など、多くの人たちと関わります。周囲の人たちへの気配りは欠かせません。

スタイリストは、衣装を揃えるためにお店やメーカーを回ったり、トレンドをチェックするために展示会に出かけることがあります。撮影現場にも同行するため、勤務時間は不規則になりがちです。一定の体力がなければ、仕事をやり遂げることは難しいでしょう。

自分の「強み」を知らないと出遅れる

今年の就活はコロナで早期化している影響もあり、早めに動いている就活生は自分の強みや適性を把握しています。

そこで活用したいのが、就活偏差値診断ツールの「就活力診断」です。
24の質問に答えるだけで、自己分析や企業理解、就活マナーなどの中で、何が不足しているのかグラフで見る化できます。

ぜひ活用して自分の弱点を効率的に対策し、志望企業からの内定を勝ち取りましょう。

スタイリストの平均年収と他職種との比較

スタイリストの平均年収について

転職会議によると、スタイリスト・ヘアメイクの平均年収は286万円です。スタイリストを目指す場合、スタイリスト事務所に入るか、フリーのスタイリストのアシスタントにつくことが多いと言われています。アシスタントの間は、年収が低い傾向にあるようです。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • ファッションデザイナー:333万円
  • 美容師・理容師:283万円

スタイリストの平均年収は、日本の平均年収422万円と比較すると、136万円少ない金額です。他の関連する職種の平均年収を見てみると、ファッションデザイナーは333万円、美容師・理容師は283万円となっています。

スタイリストのボーナス・昇給事情

ボーナスについて

ボーナス事情は、勤務先や雇用形態によって異なります。スタイリスト事務所に入る場合は支給されるケースもあるようです。フリースタイリストのアシスタントの場合は、一切支給がないこともあります。

昇給について

スタイリストの昇給事情についても、勤務先や雇用形態によって異なります。経験を積んで、企業やタレントから指名が入るようになれば、昇給につながることもあるでしょう。

スタイリストの年齢別平均年収推移シミュレーション

スタイリストの年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 178.6万円 12.3万円 31.6万円
25~29歳 232.6万円 16.0万円 41.1万円
30~34歳 268.0万円 18.4万円 47.4万円
35~39歳 293.7万円 20.2万円 51.9万円
40~44歳 316.6万円 21.7万円 55.9万円
45~49歳 334.7万円 23.0万円 59.1万円
50~54歳 348.6万円 23.9万円 61.6万円
55~59歳 343.6万円 23.6万円 60.7万円
60~64歳 257.6万円 17.7万円 45.5万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は268.0万円、うちボーナスは47.4万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が316.6万円、うちボーナスは55.9万円になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

スタイリストと日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 スタイリストの平均年収 日本の平均年収
20~24歳 178.6万円 263.5万円
25~29歳 232.6万円 343.3万円
30~34歳 268.0万円 395.5万円
35~39歳 293.7万円 433.4万円
40~44歳 316.6万円 467.1万円
45~49歳 334.7万円 493.8万円
50~54歳 348.6万円 514.4万円
55~59歳 343.6万円 507.0万円
60~64歳 257.6万円 380.1万円

スタイリストの平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると低いと言えるでしょう。30~34歳の平均年収は268.0万円で、日本の平均と比較すると127万円ほど低くなると推測されます。40~44歳では◯◯万円の予測です。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

スタイリストの生涯賃金シミュレーション

スタイリストの平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 1.29億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金とスタイリストの生涯賃金を比較してみましょう。スタイリストの平均年収は286万円であることがわかりました。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

スタイリストの生涯賃金は、1.29億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると0.6億円ほど少ないと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

まとめ

スタイリストと聞くと華やかなイメージがありますが、服を選ぶだけが仕事ではありません。体力勝負な面もたくさんあります。大変な仕事ではありますが、自分のコーディネートを認めてもらえれば、大きな達成感を得ることができるしょう。

スタイリストとして活躍する場合、まずは現場で経験を積み、スキルと人脈を得てフリーのスタイリストとして独立するケースが多いようです。指名が入ることで、安定した収入を得ることができます。

ファッションを通じて自分の個性や思いを表現するためには、ベースとなる知識や感性が必要です。現場でスキルアップしつつ人脈を広げることが、スタイリストとしての成功につながるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ