職種研究

バーテンダーの平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

バーテンダーとは

バーやパブといったカウンター席がある飲酒場において、お酒を提供しお客さんをもてなす人のことをバーテンダーといいます。飲酒文化の歴史が長いヨーロッパでは、「バーテンダー」ではなく「バーマン」と呼ばれるのが一般的です。他にも「バーキーパー」「バーキープ」また、女性は「バーメイド」と呼ばれています。

バーテンダーはお客をもてなすサービス業です。そのため、お客さんを楽しませるために曲芸的なパフォーマンスをするバーテンダーもいます。

バーテンダーの業務内容

バーテンダーの主な仕事は、来店したお客さんにお酒を作ることです。また、ちょっとした料理を作ることもあります。お客さんのお酒の要望を正確に作らなければいけないので、お店独自のお酒やメニューを開発することもバーテンダーの仕事です。

ただし、お酒を作るだけが仕事ではありません。お客さんの中にはバーテンダーと話をするために来店する人もいます。そんなお客さんのためにトークで盛り上げることもバーテンダーにとって大切な仕事です。

他にも、お客さんを不快にさせないために清掃したり、お酒に使う氷の切り込みや飾りつけ用フルーツのカット、おつまみなどの仕込み、納品されてきた商品の整理・在庫管理も重要な仕事です。

バーテンダーに求められる能力について

  • コミュニケーション能力
  • 学習意欲(向上心)
  • 判断力

バーテンダーには、コミュニケーション能力が求められます。バーテンダーはお客さんを相手に仕事をするサービス業です。時にはお客さんの話し相手もするため、コミュニケーション、特にトーク力が必要になってきます。

バーテンダーには、学習意欲(向上心)も必要です。バーテンダーは、お酒を扱う職業です。お酒の知識がなければ、お客さんを満足させるお酒を作ることもできません。お酒の種類、扱い方など覚えることはたくさんあります。学習意欲(向上心)を持っていないと、できない仕事の一つです。

判断力も、バーテンダーに必要とされる能力といえます。バーテンダーは複数のお客さんを相手に仕事をしていきます。どんなにサービスが良くてもタイミングを間違えると台無しになってしまうでしょう。そのため、場を読んで的確に物事の優先順位を考える判断力は必要不可欠な能力です。

自己分析の浅さは人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るには、自己分析が必須です。自己分析を疎かにしていると、選考で説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。

ツールでサクッと自己分析を終わらせて、選考を有利に進めましょう。

バーテンダーの平均年収と他職種との比較

バーテンダーの平均年収について

キャリアガーデンによれば、バーテンダーの平均年収は、およそ300~400万円です。オーナーや個人経営者であれば少しは金額が高くなります。平均月収は16~22万円となっています。この記事では、年収を300万円と仮定してシミュレーションをしていきます。

他の職種・平均との比較

  • 日本の平均年収:422万円
  • 居酒屋:462万円
  • ソムリエ:300~600万円

日本の平均年収は422万円です。その金額を基準にして、バーテンダーと同じお酒を扱う他の職種の平均年収を見ていきましょう。居酒屋の平均年収は462万円、ソムリエは300~600万円となっています。

バーテンダーのボーナス・昇給事情

ボーナスについて

バーテンダーのボーナスは、各店舗、経営企業によって変わってくるので、ある・なしといったことは断言ができません。就職を希望している企業などのホームページを確認してみましょう。

昇給について

バーテンダーの昇給についても、各店舗、経営企業によって変わってくるので、ある・なしといったことは断言ができません。就職を希望している企業などのホームページを確認してみましょう。

バーテンダーの年齢別平均年収推移シミュレーション

バーテンダーの年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。

年齢 年収 月給 ボーナス
20~24歳 218.6万円 15.0万円 38.6万円
25~29歳 284.7万円 19.5万円 50.3万円
30~34歳 328.0万円 22.5万円 57.9万円
35~39歳 359.4万円 24.7万円 63.5万円
40~44歳 387.4万円 26.6万円 68.4万円
45~49歳 409.5万円 28.1万円 72.4万円
50~54歳 426.7万円 29.3万円 75.4万円
55~59歳 420.5万円 28.8万円 74.3万円
60~64歳 315.2万円 21.6万円 55.7万円

年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は328.0万円、うちボーナスは57.9万円になると予測されます。40~44歳では平均年収が387.4万円、うちボーナスは68.4万円
になると予測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

バーテンダーと日本の平均年収との年齢別比較シミュレーション

年齢 バーテンダーの平均年収 日本の平均年収
20~24歳 218.6万円 263.5万円
25~29歳 284.7万円 343.3万円
30~34歳 328.0万円 395.5万円
35~39歳 359.4万円 433.4万円
40~44歳 387.4万円 467.1万円
45~49歳 409.5万円 493.8万円
50~54歳 426.7万円 514.4万円
55~59歳 420.5万円 507.0万円
60~64歳 315.2万円 380.1万円

バーテンダーの平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると低いと言えるでしょう。30~34歳の平均年収は328.0万円で、日本の平均と比較すると70万円ほど低く高くなると推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

バーテンダーの生涯賃金シミュレーション

バーテンダーの平均年収 日本の平均年収
生涯賃金 1.58億円 1.90億円

日本の平均的な生涯賃金とバーテンダーの生涯賃金を比較してみましょう。バーテンダーの平均年収は300万円と仮定します。一方、日本の平均年収は422万円です。20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。その結果が、上記の表です。

バーテンダーの生涯賃金は、1.58億円と予想されます。日本の平均生涯賃金と比較すると0.32億円ほど少ないと推測されます。

※編集部で規定したアルゴリズムに基づいた算出であるため、あくまでも予測シミュレーション数値となります。

まとめ

バーテンダーの平均年収を見ていきましたが、日本の平均年収422万円と比較をすると、やや低い傾向にありました。ですが、バーテンダーとしての腕を上げて個人でお店を持つことで、年収は高くなっていきます。頑張れば頑張るほど成果に繋がっていくので、モチベーションも上がると思います。

お客さんがバーに来店する理由は「仕事でミスをしたから」「恋人と別れたから」「誰でもいいから話を聞いてほしいから」など、人それぞれ違います。そういったお客さんをもてなして、少しでも元気になってもらえたらバーテンダーとして、とても素晴らしいことだといえます。

「人を喜ばす仕事がしたい」「人の役に立ちたい」「自分が作ったもので癒されてほしい」と思っている人に、バーテンダーの職種をおすすめします。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ