職種研究

デザイナーの平均年収・ボーナス事情|比較シミュレーションで比べてみよう

デザイナーとは

デザイナーと言えば、一昔前まではファッションデザイナーのことを指していましたが、近年のパソコンやインターネットの急速な発展によって、現在ではパソコンを使って仕事をするデザイナーが増えてきました。

美的センスを駆使するものから高度なパソコン技術を必要とする仕事まで様々ですが、技術者や職人的資質が必要な職業です。またその独特のセンスで、外見的にお洒落な人も多いのが特徴です。そんなデザイナーの仕事について、業務内容や平均年収を見てみましょう。

デザイナーの種類について

  • グラフィックデザイナー
  • インダストリアルデザイナー(プロダクトデザイナー)
  • Webデザイナー

グラフィックデザイナー:イラストや文字、写真などを使って図案を作る職業です。一昔前までは紙とペンなどアナログなものを駆使して作成していましたが、現在はグラフィックソフトの発展により、短い時間で高度なグラフィックが作れるようになっています。ネット上の広告媒体等における需要が高くなっています。

インダストリアルデザイナー(プロダクトデザイナー):企業から依頼を受けて、自動車や家具家電、商品のパッケージなどを作るのが仕事です。プロとして独立しているデザイナーもいれば、企業の社員としてデザイン部に所属している人もいます。企業からは、売上アップや話題性のために魅力的で売れるデザインを作ることが求められます。

Webデザイナー:インターネットの普及でウェブサイトやウェブ広告媒体が増えたことにより、デザイナーの中でも一気に需要が増えているのがwebデザイナーです。サイト全体のデザインやバナー、ボタン、スタンプなどの画像素材の制作を専門に行う人を指します。最近では画像デザインの制作以外にも、サイト自体のCSSコーディングを行う人もwebデザイナーと呼ばれています。

デザイナーの業務内容

グラフィックデザイナーは、企業などから依頼を受けて様々な図案を作ります。パソコン上で完結するデザイン作成から、外へ出かけて行って自分で写真撮影をして素材を作り上げるものなど案件によって様々ですが、雑誌やフリーペーパー、パンフレットなどの紙媒体デザインの仕事が多くあります。最近ではウェブ上の画像素材の制作も多いことから、webデザイナーとの区別が曖昧になりつつあります。

インダストリアルデザイナー(プロダクトデザイナー)は、企業の商品デザインを担当するため、企業のイメージ戦略や売り上げを大きく左右する重要な職業です。そのため、依頼をする企業側もデザイナー選びには慎重で、名門芸術大学を卒業していたり、デザインコンテストで優勝或いは入賞するなど、ある程度実績があり素晴らしいセンスを持ったデザイナーを求めています。

webデザイナーはウェブサイト上の様々なデザイン物の作成依頼を受けますが、依頼主の目的はサイトのページビュー数や話題性をアップして広告収入や商品の売り上げにつなげることなので、サイト訪問者に対して訴求力の高いデザインを作ることがポイントになります。依頼主の要望を確実にくみ取ってデザインに反映させることが必要です。

デザイナーに求められる能力について

  • デザインセンス
  • コミュニケーション力

 

デザイナーに必要なスキルは、主にデザインセンス、コミュニケーション力です。

デザイナーですから、芸術的センスが無ければ始まりません。色のセンス、バランス感覚などを駆使して、依頼主の期待に応える必要があります。デザインセンスを向上させて仕事を多くもらえるようになるためには、やはり経験が必要になります。どういうデザインを納めたら喜ばれるのかということを地道に経験値として積み上げていきます。

またコミュニケーション力も重要になってきます。企業の担当者からの要望をしっかり汲み取ること、何度も連絡を取り合い過不足の修正を重ねること、こういう風にしたらより良いものができますよという提案、それらをスムーズに進めるためにはコミュニケーション能力の高さが影響するのです。

デザイナーの平均年収と他職種との比較

デザイナーの平均年収について

DODAによると、デザイナーの平均年収は332~465万円。デザイナーの種類や企業に雇用されているか否かによって、バラつきがあります。

他の職種・平均との比較

●日本の平均年収:422万円

●SE・プログラマー:433万円

●IT戦略・システム企画:584万円

上記の通りデザイナーの平均年収はおよそ390万円となっており、日本の平均年収422万円と比較すると約30万円ほど少なくなっています。他のパソコン技術関連の類似の職業と比べても、SEやプログラマーは433万円、IT戦略・システム企画は584万円と、両方ともデザイナーより大幅に高くなっています。

デザイナーのボーナス・昇給事情

ボーナスについて

企業に所属する社員デザイナーの場合は、その他の社員同様、規定に沿ったボーナスが支給されます。特に制作したデザインが話題になったり売り上げに貢献した場合は、上乗せがあるでしょう。フリーの場合も、成果によっては依頼主から臨時のボーナスが支給される場合があります。

昇給について

昇給についてもボーナス同様、企業に雇われているデザイン担当者であれば年次昇給があります。フリーのデザイナーの場合は完全実力主義のため、年収が上がるか否かは自身の努力と工夫次第となります。

人気業界の年収をチェック

就職先を決めるには、自分自身に合った業界を知ることも大切です。そのためには、まず業界について知っておく必要があります。そこでおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。こちらでは、就活生に人気の21業界をピックアップしています。

21の業界ごとに主要企業の売上高や年収も掲載しているため、この1冊でたくさんの情報を無料で収集することができます。就活は、時間との戦いでもあります。無料でダウンロードできるため、就活を効率よく進めるためにも、GETしておきましょう。

まとめ

デザイナーの仕事は自分のセンスや仕事効率が大きく影響する専門職です。デザインが好きでその仕事に就いている人が殆どですが、仕事量が多く残業時間の長さがしばしば問題になっています。また芸術家肌の人が多いためか、依頼者と自身のデザイン性がかみ合わず、うまく仕事が進まないという問題も起こりがちです。

デザイナーとして収入を得るためには、自分の主義主張に真っ直ぐな堅物ではいけません。様々な依頼に柔軟に対応できるだけの技術力や臨機応変さを身に付けていることが大切です。また時代の流行を捉える感覚、デザインを通して人に訴えかける力など、繊細な感性を常日頃から磨く努力が必要です。自分から流行を仕掛ける斬新さも、時には必要になるでしょう。

※最後に、本記事につきましては、公開されている情報を活用し、当社が独自の基準によってシミュレーションした結果を開示しているものとなります。読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ