志望動機

【志望動機を就活生が作成する際のコツ4つ】注意点までくわしく解説

志望動機は非常に重要な選考ポイント

志望動機は就活において非常に重要なポイントであり、志望動機がどれだけ練り込まれているかで評価は大きく変わります。志望動機からは企業を志望する理由だけではなく、仕事への熱意、企業への理解度の高さなども伝わりますし、丁寧に作成しなければなりません。他の部分での評価が良かったとしても、志望動機の評価が悪ければ選考でも不利になってしまいますので、注意が必要です。

就活を攻略するためにはさまざまな対策をおこなわなければなりませんが、志望動機はその中でも最重要ポイントです。選考でも重要なポイントになりますし、就活を攻略する上では欠かせないものですので、志望動機を作成するコツを知って、魅力的な志望動機を完成させましょう。

企業が志望動機でチェックしているポイント

評価される志望動機を作成するには、企業がどのような点を評価しているか知ることが大切です。何を評価されているのか知らないままに作成すると、評価が得られず、場合によってはマイナス評価になってしまう恐れもあるため注意しなければなりません。

重要なのは、作成した志望動機が、企業から見てどのように映るかです。就活生と企業では価値観が異なることも多いため、まずは企業が何を考えているかを知ることが大切です。

仕事選びの軸が企業と合っているか

就活では仕事選びの軸が重要であり、これは企業もチェックしているポイントです。就活生の仕事選びの軸と、企業の求める人材像や価値観が合致しているかが、評価されるポイントです。仕事選びの軸とは、簡単に言えば就活生の価値観であり、これが企業と合っていないと評価の対象にならない可能性もあるため注意しなければなりません。

根本的な価値観のずれは、仕事での相性にも関係するため、企業の価値観にすり寄せて、相性のよさをアピールすることが大切です。もちろん、仕事選びの軸が企業と合っているといっても、完全に一致している必要はありません。

企業の考えと大幅にずれてさえいないなら問題はないため、まずは企業の考えを知り、自分の考えと大きなずれがないか確認することが大切です。

志望度の高さ

志望動機は企業に就職したいという気持ちを売り込むものであるため、当然志望度の高さはチェックされています。志望度が不十分だと判断されると、採用メリットがないと判断され、不合格になるため注意しなければなりません。

志望度を提示するには、単に就職したいと伝えるだけではなく、なぜその企業に就職したのかを、明確に伝えることが大切です。就職したい理由が漠然としていると、志望度が低いと判断されるため、志望動機は細部まで練り込んで作成しなければなりません。

重要なのは自分の気持ちを伝えるというよりも、企業が志望度の高さを感じ取れるように作成するということです。企業への興味関心の強さや、仕事への熱意を志望動機で十分に提示することが求められます。

志望動機を作成するための準備

評価される志望動機を作成するには、事前準備をいかにおこなうかが重要です。準備不足のまま作成に乗り出すと、上手く作れなかったり、作成できてもアピール力が低かったりすることは少なくありません。

念入りな下準備をすることで、志望動機の作成はしやすくなり、かつ評価されるものへと質を高めることができます。志望動機作成のためにやっておきたい2つの事前準備を知り、徹底した対策によって評価される志望動機を作成しましょう。

企業研究をしておく

志望動機を上手に作成するには、念入りな企業研究をおこなうことが大切です。企業への興味関心や仕事への熱意を伝えるには、志望先の企業のことを細部まで理解しておかなければなりません。基本的な事業内容をはじめ、配属される可能性のある部署の業務内容、その他業界についても把握しておくことが大切です。

企業研究とは単に企業について知ることを指すわけではなく、志望先が属する業界を知ることも含まれます。つまり、業界と企業について深く知ることが、企業研究の基本です。企業は理解度の高さをそのまま志望度と判断するため、幅広い情報を集めておくことが大切です。

ネットで知識を集めるだけではなく、企業説明会に参加したり、書籍やニュースなどを見たりして、幅広く情報を集めておきましょう。

自己分析をおこなう

志望動機では自分を売り込むことも大切なため、自己分析も徹底しなければなりません。自己分析が正しくできていないと、売り込むべき自分の特徴やスキルが分からないため、アピールが不十分になってしまいます。自分にはどのような特徴があるか、何ができるかを、過去の経験を深堀りして見つけておくことが大切です。

また、志望先の企業で活かせる特徴は何か、役立てられる能力や知識は何かといった観点で自己分析をおこなうことも重要です。企業が評価するのは特徴的な性質や能力ではなく、自社で活かせること、企業の利益に繋がることであるため、仕事での再現性は意識しなければなりません。

志望先の企業で働くことをイメージしながら、自分の特徴をもう一度深掘りしていきましょう。

志望動機を作成する際に押さえておきたいコツ4つ

志望動機を上手に作成するためにはさまざまなコツがありますが、コツは大きく4つに分けられます。コツを正しく理解して志望動機を作成することで、アピール力の高い志望動機を作成することができます。反対に言えばコツを理解していないと、志望動機を上手に作成することができませんので、選考でも不利になってしまう可能性が高いです。志望動機作成における4つのコツを理解し、それらを押さえて魅力的な志望動機を作成していきましょう。

①最初に結論を持ってくる

志望動機では、最初に結論を持ってくることが大切です。最初に結論を述べることで、伝えたい内容が的確に伝わりますし、内容にインパクトを持たせることもできます。志望動機の核となるのは、なぜその企業で働きたいと思ったのかです。大前提として働きたい気持ちが伝わらなければ志望動機のアピールにはなりませんし、好印象を与えることもできません。

最初に結論を述べることで、何をアピールしたいのかを具体的に示すことができますし、志望動機も伝わりやすくなります。最初に結論を述べ、その後に結論を補強する内容、根拠づける内容を伝えて志望動機は進んでいきます。志望動機は結論から伝えて、アピール内容を最初にイメージ付けるようにしましょう。

②自分の経験を盛り込む

結論を述べれば、次に自分の経験を盛り込んでアピールを進めていくことが大切です。なぜその企業を志望したのか、その理由を伝えるためには自身の経験を元に伝えることが大切であり、独自性・個性を出せるポイントでもあります。自身の原体験から企業を志望する理由を伝えることで、志望動機の説得力を上げるだけではなく、自分らしいアピールへとつなげていくことができます。

どれだけ企業への志望度が高く、仕事への熱意があったとしても、それが個性も何もない、就活の指南書などのコピーでは意味がありません。独自性・個性は大きなアピール材料になりますし、自身を印象付け、他の人と差別化をするためにも必要ですので、必ず自分の経験を志望動機に盛り込みましょう。

③何故その業界・企業かを明確に伝える

志望動機では企業を志望する理由として、何故その業界・企業かを明確に伝えることも大切です。仕事を選ぶにあたっての選択肢は無数にありますし、さまざまな業界、企業が存在しています。数ある業界の中からなぜその業界なのかを明確にしなければなりませんし、業界の中でもなぜその企業を選んだのかを伝えていく必要があります。

企業ごとに違いはあるものの、同じ業界であれば似たような仕事をすることも多いです。意識すべきは「何故他の企業ではダメなのか」という点であり、その企業ならではの特徴や強み、その企業でしかできないことを挙げることが大切です。その企業だからこそ成し遂げられること、その企業でしかできないことを踏まえて志望動機を考えましょう。

④入社後のどのように貢献したいかを伝える

志望動機では企業への志望度の高さや仕事への熱意を伝えることが大切ですが、気持ちを伝えるだけではアピールとしては不十分です。企業への気持ちを伝えるだけではなく、入社後にどのように貢献したいかを伝えることも大切です。企業としても熱意ある学生を採用したいと考えていますが、一方で仕事ができる、活躍できる能力を持った学生を採用したいとも考えています。

入社後にどのように貢献したいか、どのように貢献できるかを伝えることで、将来性や採用メリットを示すことができ、選考でもプラスに働く場合が多いです。ポイントは具体的に「どうしたいか」を述べることです。企業の仕事を踏まえて、自分がどうしていきたいかを詳細まで語りましょう。

志望動機を作成するうえでの注意点

志望動機はコツを踏まえて作成すれば上手に作成することができますが、さらに注意点を守って書き進めることが大切です。志望動機作成にあたっての注意点がいくつかあり、それが守れていないとマイナスの印象を与えてしまう可能性があります。

コツを理解していたとしても、注意点が守れていなければ意味はありませんし、失敗しないためにも注意点を知っておくことが大切です。志望動機を作成するうえでの注意点を知って、失敗のない志望動機を完成させましょう。

「自己成長したい」はNG

志望動機で「自己成長したい」とアピールする人は多いですが、実はこれはNGです。会社はあくまで仕事をする場であり、成長するための場ではないためNGです。自己成長を掲げていれば良い印象を与えると感じる人は多いですが、実際にはマイナスの印象を与える可能性が高いので注意しなければなりません。仕事を通じてさまざまな経験をし、それが自身の成長につながることはありますが、本来の目的としては仕事をすること、仕事を成功させることです。

仕事を進めているうちに、付加価値として成長する分には問題はありませんし、歓迎されることですが、そもそも自己成長自体を目的として仕事をするのはよくありません。自己成長を目的に志望動機を語ると、自分勝手な印象を与える可能性がありますので、注意しましょう。

他の企業でも使えそうな内容も避ける

就活では多くの企業の選考を受けることになりますし、そのたびに履歴書の作成や面接の対策を考えなければなりません。そのため志望動機を使いまわしたくもなりますが、他の企業でも使えそうな内容も避ける必要があります。どの企業でも使える志望動機があれば就活をスムーズに進めることができますが、便利な反面、志望動機としてのアピール力は下がってしまいます。

その企業でなければならない理由こそ、企業が求めているものですので、その企業にしか使えない、その企業だけの志望動機を作成することが大切です。もちろん構成などについては他の企業で使いまわしができますし、同じ構成で別の企業の志望動機を書いても構いません。構成は同じでも企業ごとに内容を変えて、その企業ならではの志望動機を作成しましょう。

一貫性のない内容もNG

志望動機は一貫性のない内容もNGですので、主張がバラバラにならないように気をつけなければなりません。さまざまな理由をアピールし、一つでも多くの内容でアピールしたいと考える人は多いですが、内容を広げすぎると一つ一つのアピール力が弱くなってしまいます。広げすぎるあまり他の主張と矛盾してしまう点が生まれる可能性もありますし、志望動機内で言っていることが違うと、結局何が伝えたいのかが分からなくなります。

伝えたい内容が分からなければアピールにはなりませんし、言っていることがコロコロ変わると信用できない人だと評価される場合もあるので注意が必要です。志望動機はできるだけコンパクトにまとめ、主張がぶれないよう一貫性を持ってアピールしましょう。

志望動機の例文

私は物流を支えることで、生活の基盤づくりに貢献し、多くの人に安定した生活を提供したいと考え、貴社を志望しました。貴社は日本全国に物流の拠点を持つだけではなく、輸入品の供給にも強いと感じます。強い基盤を持つ貴社で、品質管理として裏から支えることで、安定した物流システムを提供し続けたいと考えています。
大学時代は工場で品質管理のアルバイトをしていたため、作業の正確性には自信があります。迅速かつ正確な作業をすることで、ミスなく商品やシステムの管理をおこない、貴社の利益を守って活躍したいと考えています。

例文では最初に業界全体の志望理由が、次に企業を志望する理由が述べられています。業界と企業、両方の志望理由を明確にすることで、志望度の高さが伝えられています。また、企業でどのように活躍するかを提示することで、採用メリットが提示できてる点も、評価されるポイントでしょう。

採用担当者の目を引く志望動機で就活を成功させよう

志望動機は就活において要の存在となるものであり、しっかりと考えて作成しなければなりません。採用担当者は志望動機でさまざまなことを判断しますし、選考の中でも評価の比重は大きい場合が多いです。志望動機でつまづいてしまうと、選考でも不利になってしまう可能性が高いですし、アピール力のある志望動機を作成することが就活を攻略する近道でもあります。

上手な志望動機を作成するためにはいくつかコツや注意点がありますし、それらを守って作成することで、誰でも魅力的な志望動機を完成させることができます。志望動機は企業ごとに変え、個性を発揮して作成することが大切です。採用担当者の目を引く志望動機を作成し、就活を成功させましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ