OB・OG訪問

【OB訪問時の服装マナー】私服とスーツの使い分けと注意点を解説!

OB訪問を円滑に進めるためには印象が大事!

充実した就職活動をするためには、社会人の先輩に話を聞くことがとても大切です。業界研究や企業研究のため、OB訪問を検討している就活生も多いでしょう。実際にOB訪問をすることになったときに迷うのが、どのような洋服を着ていけばよいのかです。OB訪問は採用面接ではないため、どの程度ビジネスマナーを守るべきなのか判断しかねるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、OB訪問を上手に進めるために着るべき洋服のポイントをご紹介します。就活生らしいフレッシュな第一印象を目指し、OB訪問を有意義なものとしていきましょう。

服装指定がなければスーツがベスト

OB訪問は、採用試験ではありません。しかし服装指定をされなかった場合は、就活生らしくスーツで臨むのがベストです。スーツでOB訪問にいくべき理由は、2つあります。1つ目は、OB訪問もビジネスの場のひとつだと考えられるからです。ビジネスである以上、スーツが正式な格好だといえるでしょう。

2つ目は、OB訪問に対する熱意を表すためです。就活生としてきちんとしたスーツを着ることで、OBの話を聞きたいという真剣な気持ちを表すことができます。では、具体的にはどのようなスーツの着こなしをすればよいのでしょうか。

ベーシックなスーツやリクルートスーツでOK

OB訪問に着ていくスーツはリクルートスーツでもビジネススーツでも構いません。ただし、無地で黒か紺のベーシックなデザインのスーツにしてください。インナーは男女とも白無地のシャツを着用しましょう。シャツにはきれいにアイロンをかけておくことも忘れてはいけないポイントです。

男性は、就職活動でつけるような派手さのないネクタイを選びます。色は赤系か青系がオススメです。ストライプやドットの柄は、あまり目立たないものにしてください。女性は、肌色のストッキングをはきましょう。靴下やタイツはNGです。ストッキングが破れてしまったときのために、予備を鞄に用意しておくと安心です。皮靴やパンプスもきれいに磨いておくようにしましょう。

アクセサリーは外す

OB訪問をするときの服装のポイントとして、忘れてしまいがちなのがアクセサリーです。せっかく就活生らしい服装を選んでいても、アクセサリーを付けていると派手な印象を持たれてしまう可能性があります。ピアスやイヤリングは外すようにしてください。ネックレスも外しておきましょう。ネックレスはシャツで隠れて見えないだろうと思っていても、話している相手からは意外と見えている場合があります。きちんと外して安心した状態で、集中してOBの話を聞くようにしましょう。

女性の場合、マニキュアにも気を遣う必要があります。マニキュアは、透明か肌色のものを選びます。剥げかけていたりすると汚い印象になります。マニキュアが傷んでいる場合は落としておくようにしてください。爪の長さも短く切り揃えておいた方が好印象となるでしょう。

コートは入室前に脱いでおく

OB訪問をするときにコートを着ていた場合は、採用試験を受けるときと同様にコートのマナーを守るようにします。コートに関するマナーは2つです。1つ目は脱ぐタイミングです。OB訪問はカフェや喫茶店でおこなわれることが多くなります。コートは、OBと待ち合わせているお店に入る前に脱ぐようにしてください。脱いだコートは裏側が表になるようにたたみ、腕に掛けましょう。

2つ目はコートの置き方です。やってはいけないのは、椅子の背に掛けることです。脱いだコートは膝かカバンの上にたたんで置きます。ハンガーやフックといったコート置き場がある場合、利用しても構いません。OBからハンガーを勧められた場合は、礼を言い遠慮せずに使用してください。相手からの好意を素直に受け取るというのも、社会人にとって大切なマナーです。

私服でいいと言われた場合はオフィスカジュアルで

リクルートスーツとビジネススーツの違い

OB訪問の約束をしたときに、特に服装の指定がなければスーツでいくのが鉄則です。ですが場合によっては、私服で来てくださいと言われることがあります。そのようなときは、私服でいくようにしましょう。ただし面接や企業訪問と同日の場合には、スーツでいっても構いません。OBと会ったときに、スーツで来ることになった旨を簡潔に伝えてください。私服の場合、遊びにいくような格好や派手な洋服は不適切です。OB訪問へは、オフィスカジュアルを意識した洋服を着ていきましょう。

男性の場合

男性のオフィスカジュアルの基本は、襟付きシャツとパンツです。どちらも、シンプルなデザインのものを選びましょう。OB訪問では、襟付きの白シャツに、ベージュか黒か紺のチノパンがオススメです。シャツの上にはジャケットを羽織ってください。ジャケットもシンプルなデザインで、ベージュか紺のものがよいでしょう。

靴はスニーカーではなく革靴を合わせます。OB訪問に適さない洋服は、カジュアルすぎる洋服です。例えば、デニムやカーゴパンツ、TシャツはNGです。パーカーやジャージもやめてください。スーツのときと同様、清潔感と誠実さを意識した洋服を選ぶようにしましょう。

女性の場合

女性のオフィスカジュアルの基本は、ひざ丈スカートとブラウスです。どちらもシンプルなデザインと色を選びましょう。裾の広がったフレアスカートなどではなく、きちんとしたタイトスカートがよいでしょう。ブラウス以外にも、カットソーでも構いません。カットソーは胸元の開きすぎていない、白いものがオススメです。ブラウスやカットソーの上にジャケットかカーディガンを羽織って、きちんとした雰囲気をだします。

私服OKの場合でも、アクセサリーは外してください。マニキュアをするときには、肌色か透明なものにします。また私服とはいえ、ブーツやサンダルはNGです。ヒールの高さが3センチ程度の、シンプルなパンプスを合わせるようにしてください。

派手にならないように注意

OB訪問の目的は、先輩社会人であるOBにその業界や企業の話を聞くことです。OBはリラックスした雰囲気で話をするために私服を提案してくれたのであって、オシャレを求めているわけではありません。清潔感のある、シンプルなデザインを心がけることが大切です。ダボっとした太めのデザインの洋服や派手な装飾が付いたもの、高級ブランドと分かる洋服は避けてください。

色は黒や白、ベージュ、紺を選ぶようにしましょう。奇抜な色やパステルカラーはやめておくべきです。メガネをかけている人は、眼鏡もシンプルなデザインを選びます。デザイン性のあるオシャレなメガネは、私服でのOB訪問でもかけるべきではありません。

服装自由といわれた場合の対応

OB訪問はスーツで臨むのが基本ですが、場合によっては服装自由と指定されることがあります。服装の指定があるならそれに従うだけでよいですが、自由となると何を着るべきか、悩んでしまう人は多いでしょう。

服装自由と指定する理由は複数あり、企業や人によって異なるため注意しなければなりません。服装自由といわれていても、何を着てもよいとは限らないため、どのような服装が望ましいのか、細かい点まで注意して決めることが大切です。

企業の情報を調べて相応しい服装を選ぶ

服装自由といわれた場合は、訪問する企業の社風に合わせて服装を選ぶことが大切です。企業によって服装に関する規定は異なり、スーツしか認めない堅い企業から、カジュアルな服装でもOKとする企業まであります。

堅い企業なら服装自由でもスーツでの参加が望ましく、服装に関するこだわりが少ない企業なら、ある程度カジュアルな服装でも問題はないでしょう。大切なのは、その企業の雰囲気にあっているかどうかであり、悪目立ちしない服装を選ぶことが重要です。

もちろん、スーツはもっとも無難であるため、迷った時にはスーツと考えても問題ありません。企業の雰囲気を読み取ることが難しい場合は、無難にスーツを着用しておくとよいでしょう。

実際に企業で働く人の服装を参考にする

企業ごとの雰囲気の違いを探りたいなら、企業のホームページを見て、実際に働いている人がどのような服装をしているのかチェックするのもおすすめです。その企業で働いている人の服装に合わせているなら、違和感なくOB訪問も実施できるでしょう。服装に関する部分でマイナスの印象を与えてしまう心配は小さくなります。

もちろん、ホームページに掲載されている写真はあくまで撮影用であり、実際の仕事の服装とは異なることもあるため、その点には注意が必要です。ホームページの情報だけでは不安なら、会社説明会やその他イベントで企業の人がどのような服装をしていたかを思い出すとよいでしょう。担当者の服装に合わせて参加することで、悪目立ちしづらくなります。

OB訪問は鞄や髪型にも気を付ける

ここまでは、OB訪問で着用する洋服について、スーツと私服のパターンでそれぞれ見てきました。就活生らしいスーツや私服を着て、OB訪問をする自分の姿がイメージできてきたでしょうか。OB訪問での第一印象をよりよくするためには、さらに鞄や髪型にも気を遣わなければなりません。どのような鞄と髪型を選べばよいのか、見ていきましょう。

鞄は就活用の鞄を持っていく

OB訪問で使用する鞄は、シンプルなビジネスバッグが適しています。就活用のものがある人は、就活用のカバンを使いましょう。就活用の鞄をまだ揃えていない人は、別の鞄でも構いません。A4サイズの書類が入る、シンプルな色と形の鞄を選びましょう。キーホルダーやチャーム、スカーフといった装飾品は外しておいてください。

床においても横に倒れず自立してくれる鞄であれば、置き場に困らず使い勝手がよいでしょう。社会人の中にはリュックサックで出社している人もいますが、OB訪問ではリュックサックは使わないようにしましょう。また、ブランド物だとひと目でわかるようなバッグも避けるようにしてください。

清潔感のある髪型を意識する

OB訪問へは、スーツでも私服でも就活中と同じ髪型をしていけば問題ありません。何より、清潔感を持ってもらえるような髪型にすることがポイントです。男性の場合は髪を短く切りそろえておきましょう。ワックスをつけすぎず、自然な髪形にすることがポイントです。

女性の場合は、長さにより違います。ロングヘアの人は、後ろでひとつに束ねて顔周りをスッキリさせます。ミディアムヘアの人は必ず結ぶ必要はありませんが、顔に髪の毛がかからないようにしておきましょう。ショートヘアは、きれいに揃えてまとめましょう。就活中の髪型は、これといった正解があるわけではありません。不快感を与えるような奇抜な髪形でなければOKです。

OB訪問の服装の注意点

OB訪問時の服装にはいくつか注意点があります。これが守れていないと失敗したり、評価を下げてしまったりすることも多いです。就活を有利に進めるためのイベントで不利にならないように、注意しなければなりません。

また、注意点が守れていないと、評価を落とすだけではなくOBに対して失礼になったり、迷惑をかけたりすることもあります。注意点は正しく把握して、失敗や失礼のないようにOB訪問を実施しましょう。

暑い日でもクールビズは避けた方がよい

OB訪問はお互いのスケジュールさえ合うならいつでも実施でき、暑い時期におこなうこともあります。真夏だとクールビズで参加したいと思う人は多いですが、OB訪問では通常通りジャケットを着用して臨むことが基本です。

クールビズはビジネスでも認められている服装ですが、ジャケット着用時に比べると軽装です。そのため、カジュアルな服装と判断されることもあり、評価に悪影響を及ぼしかねないため注意しなければなりません。また、クールビズは明確な定義があるわけではなく、どの程度の服装までをOKとするかは、企業によって異なります。

そのため、A社の訪問ではOKだった服装が、B社ではNGということもあります。企業による差を出さないためにも、夏場でも通常通りのスーツ姿で臨むことが無難でしょう。

休日のOB訪問はスーツが望ましい

OB訪問は平日におこなわれるだけではなく、OBの都合次第では休日におこなわれることもあります。休日であっても服装はスーツが基本であり、カジュアルな私服で参加しないようにしましょう。もちろん、社風や服装指定によっては私服でもよい場合はありますが、特に指定がないならスーツで参加することが基本です。

ただし、休日までスーツを着ていると、堅苦しいと思われることもあるため、この点にも注意しなければなりません。普段からカジュアルな服装でOKとされている企業の場合は、休日までスーツを着ていると悪印象を与えてしまう可能性があります。

基本的には休日もスーツで間違いありませんが、企業によっては変化をつけたほうがよいことは覚えておきましょう。

OB訪問の相手が知り合いの場合もスーツがよい

在学中に知り合った先輩のもとに訪問する場合は、連絡が取りやすく、関係性が親しいなら予定もスムーズに合わせやすいでしょう。初めて会うOBよりは気軽な気持ちで参加できますが、たとえ知り合いでもOB訪問時はスーツを着用することが基本です。

特に企業に訪問する場合はスーツの着用は必須であり、OBだけではなく他の社員にも見られているという意識を持たなければなりません。知り合いだからと私服で臨んでしまうと、就活に対する気持ちが弱いと判断され、マイナス評価になってしまうこともあります。

ただし、飲食店やプライベートな空間で相談する程度なら、当然私服でも問題ありません。企業を通してOB訪問をするなら知り合いでもスーツ着用が基本ですが、ごく個人的に相談するだけなら、お互いの関係性で服装を決めても問題ないでしょう。

ファッション業界の企業は服装も評価の対象

スーツの着用が基本となっている中で、ファッション業界は特例的に私服の着用が認められていることが多いです。これはOB訪問時の服装も評価に含まれるからであり、どのような服を着ているかによって、センスが見られているからです。

つまり、無難にスーツを着てしまうと、真面目で面白みがないと思われたり、個性が分からないとして評価してもらえなかったりするため注意しなければなりません。もちろん、OB訪問はフォーマルな場でもあるため、おしゃれをし過ぎてカジュアルになり過ぎるのも禁物です。

TPOに合った服装をしつつも、いかにセンスをアピールできるかが見られているため、他の業界や企業以上に、服装には気を遣わなければならないことは覚えておきましょう。

OB訪問では社会人らしい服装でよい印象を残そう!

OB訪問は、就活生にとって2つの意味があります。1つ目は、実際に現場で働く社会人から業界や企業についての話を聞けることです。OB訪問では、ホームページや会社説明会では聞くことができないような深い話まで聞くことができます。業界や企業への理解が深まり、志望動機や自己PRをワンランクアップすることができるでしょう。

2つ目は、OBの働く企業の選考のプラス材料になることです。OBは採用担当者ではありません。しかしOB訪問をしたときには、OB訪問をしたということが採用担当者に報告されます。よい印象でOB訪問を終えることができれば、OB訪問をするくらいその会社へ就職したいという熱意がある学生として、採用担当者にも伝わるはずです。実りあるOB訪問ができるよう、ぜひ社会人らしい爽やかな身だしなみを心がけてみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ