就活その他

【ホワイト会社に就職する方法を徹底解説】就活生が知っておきたい企業研究の重要性をご紹介!

ホワイトな会社で働きたい就活生は多い

ホワイトな会社で働きたいと考える人は多く、ホワイト企業は常に就活生に人気が高いです。仕事をする上ではどんな仕事をするか、それが自分に合っているかが大切ですが、それらに加えて働きやすい環境であるかも大切です。どれだけ魅力的な仕事であっても、働きづらい環境であれば長く続けるのが難しい場合もありますし、仕事が嫌になってしまう可能性もあります。

就活ではただ就職すればいいわけではなく、長く続けられる企業に就職することが大切です。同じ業界であっても企業によって環境は違いますし、ホワイト企業もあればブラック企業もあります。ホワイト企業に就職することで得られるメリットはたくさんありますので、企業研究をしっかりとおこなってホワイト企業への就職を目指しましょう。

ホワイト会社の特徴

ホワイト会社に就職するためには、まずはホワイト会社の特徴を知っておく必要があります。ホワイト会社の定義はさまざまですが、具体的にどんな会社のことを指すのかを知っておかなければホワイト会社を見つけることができません。

特徴を知っておくことで、それに当てはまる企業を探せばホワイト会社を見つけることができますし、就活の選択肢を広げることができます。ホワイト会社の特徴を知って、自身の中でしっかりと定義づけをおこなっておきましょう。

職場環境が良い

ホワイト会社の特徴としては、職場環境が良いことが挙げられます。職場環境は企業によって違いますし、環境が違えば働きやすさも異なっています。どれだけ好きな仕事、やりたかった仕事であっても職場環境が悪く、人間関係などが悪ければ続けるのが難しい場合も多いです。仕事をする上ではどんな仕事をするかだけではなく、誰と仕事をするかも大切な指標です。

好きな仕事でも一緒に仕事をする人が悪ければ楽しくありませんし、仮にそれほど好きではない仕事でも、仕事をする人が良ければ楽しく感じる場合もあります。また職場環境は人間関係だけではなく、仕事がしやすいように設備投資がきちんとおこなわれているかも大切です。職場環境はさまざまな要因で決定しますが、全体として働きやすいことが基準になります。

福利厚生が充実している

福利厚生が充実していることも、ホワイト会社の特徴の一つです。福利厚生は給料以外の待遇面を表したものであり、企業によって制度は違っています。ホワイト企業の場合は福利厚生が充実しており、仕事がしやすいだけではなく、プライベートも充実させやすい環境が整っています。

福利厚生はさまざまなものがありますが、社会保険完備や住宅手当など各種手当が充実していること、産休、育休の制度が充実しているなどがホワイト会社の特徴です。企業によってはさらに会社の保養所の利用が可能であったり、社内に食堂や診療所などを併設している場合もあります。福利厚生が充実していることで、公私ともにメリットを受けることができ、理想的なワークライフバランスを実現しやすいです。

離職率が低い

働きやすいだけではなく、離職率が低いこともホワイト会社の特徴です。どれだけ職場環境が良く、福利厚生が充実していたとしても離職率が高ければ意味がありません。仕事は長く続けることが大切ですし、離職率の低い企業を選ぶことも大切です。離職率が低くなる理由はさまざまですが、休日がしっかり取れることや残業がない、あるいはあってもかなり少ないことが考えられます。

企業によって休日の定めは違っていますし、必ずしもカレンダー通りに休めるわけではありません。また有給があっても取得できない場合もありますので、休みが取りやすいかどうかは重要なことです。残業もあまりにも多いと負担が大きくなりますし、仕事を続けるのが難しくなりますので、離職率が低い会社は残業も少ない傾向にあります。

ホワイト会社を探す方法

ホワイト会社に就職するためには、具体的にどの企業に就職するのか、就職先を探していかなければなりません。いくらホワイト会社の特徴を知っていたとしても、就職先を見つけることができなければ意味はありませんし、就職するためにはまずは会社を見つける必要があります。志望する企業を見つけるのは就活では最初の一歩ですし、そこからすべてが始まります。ホワイト会社を探す方法を知って、自分に合った企業を見つけていきましょう。

就活情報サイト

ホワイト会社を探す方法としては、就活情報サイトの利用がおすすめです。リクナビやマイナビをはじめとして、就活情報サイトはさまざまあり、それらを利用することで多くの企業を見つけることができます。1つのサイトだけを利用するのではなく、さまざまな就活情報サイトを確認し、気になる会社があれば徹底的に調べることが重要です。

サイトによって求人情報を掲載している企業は違いますし、複数のサイトを利用することで、より多くの企業を知ることができます。気になる会社を見つけたからといって、その会社が必ずしもホワイト会社であるとは限りません。ホワイト会社かどうかを判断するためにも、徹底的に調べ、必要であれば会社説明会などにも参加しましょう。

実際に働いているOBから話を聞く

就活情報サイトで調べることでもホワイト会社を見つけることはできますが、百聞は一見にしかずですので、実際に働いているOBから話を聞くのもおすすめです。OBの話を聞くことで、職場環境などを詳細まで聞くことができますし、働きやすいかどうかを知ることができます。ネットで調べることで会社の情報を知ることはできますが、限界がありますし、生の情報に勝るものはありません。

気になることを働いている人から直接聞いてみることが重要ですので、OB訪問などを積極的におこなうことが大切です。OBに話を聞いてみることでホワイト会社かどうかが分かるだけではなく、企業への理解度を深めることもできます。就活の対策もできて一石二鳥ですので、積極的に話を聞いていきましょう。

ホワイト会社に就職するには

ホワイト会社を見つければ、いよいよ選考を受けて就活を進めていきますが、選考を受けた企業に必ずしも就職できるわけではありません。就職するためには選考を勝ち抜いて内定を獲得しなければなりませんし、内定を獲得するためには念入りに対策を進める必要があります。

就活を攻略するためには対策が必須ですが、ホワイト会社を目指す場合はさらに徹底した対策をおこなわなければなりません。ホワイト会社に就職するためには何をすればいいのかを知って、効率的に対策を進めていきましょう。

業界を絞る

ホワイト会社に就職するためには、業界を絞って就活を進めていくことが大切です。ホワイト会社はさまざまな業界にありますし、選択肢としては広いですが、すべての業界を志望するのは無理があります。選考で勝ち抜くためには業界研究を徹底しておこなわなければなりませんし、志望する業界が多くなればなるほど、業界研究に費やす時間も多くなります。

就活ではそれほど時間の余裕はありませんし、志望業界が多くなると、どうしても一つひとつの業界研究が雑になってしまう可能性が高いです。必ずしも1つの業界に絞る必要はありませんが、2つ、多くても3つ程度におさめるのが無難でしょう。自分が対処できる範囲に絞って業界研究を進めていくことが大切です。

企業研究を行う

選考を勝ち抜くためには企業研究を欠かすことができませんが、ホワイト会社に就職するためには、さらに徹底した企業研究が必要です。ホワイト会社に就職したいと考える人は多いですし、応募者が多く、倍率が高くなってしまうことも多いです。就職難易度が高い場合が多いため、企業研究がしっかりとできていなければ準備不足と判断され、落とされてしまうでしょう。

企業研究をおこなう理由は単に企業について知るだけではなく、理解を深めて企業への関心が高いこと、入社意欲が高いことを伝えるためでもあります。企業に対しての興味・関心の高さ、理解度の高さはそのまま仕事への熱意として判断されますので、しっかりと企業研究をおこない、志望度の高さをアピールしましょう。

ホワイト会社へ就職するには早めの準備が大事

ホワイト会社は働きやすい環境にあり、目指す就活生は多いですが、その分倍率も高くなりますので、事前準備を徹底する必要があります。しっかりと対策ができていなければ選考を勝ち抜くことはできませんし、ホワイト会社に就職することはできません。業界について、企業について徹底的に理解を深める必要がありますので、早いうちから準備をしておくことが大切です。

選考を勝ち抜くためにも早めの準備が大切ですし、ホワイト会社を見つけるためにも、早くから行動しておかなければなりません。隠れたホワイト会社も多いですし、早めから会社を探しておくことが大切です。誰よりも早く準備を進めて、憧れのホワイト会社への就職をめざしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ