就活その他

【就職するには英語が大きな強みになる】スキルを活かせる職業の種類

就職する際に英語はどう役立つのか

就活で語学力を問われることがありますが、「実際に就活でどのように役立つのか」と疑問を感じている人は多いです。英語力があることは、自身のスキルとしてアピールする際に活かせます。ないよりはあるに越したことはありませんが、仕事をする上で必須スキルというわけではありません。

企業によって、仕事で英語力は全く必要ない場合もありますし、一方で英語力を最低条件としている仕事もあります。自分の志望する企業で英語力が求められるのであれば、英語力は身に付けておかなければなりません。

本記事では「英語が使えることを就活でアピールする方法」「英語を活かせる仕事」について紹介します。英語学習に興味がある人、英語を就活で活かしたいと思っている人は参考にしてください。

英語を話せることは就活で大きな強みになる

英語力を就活でアピールするメリット

就活で自身をアピールする際、英語を話せることは大きなアドバンテージとなります。近年ではグローバル化を目指す企業が増えており、外国への興味関心を持っていることをアピールできます

また、英語を読むことができても英文を書ける人、英語を話せる人は少ないでしょう。簡単に身につけられないスキルを持っていることは、「他の人より努力できる」というアピールにもつながります

具体的にどのようなアピールにつながるのか、以下より紹介していきます。

グローバル社会に対応できる人材と評価される

英語力が就活の強みになる理由として、「グローバル社会に対応できる人材」と評価されやすくなります。海外事業を積極的におこない、グローバル化を進めている企業はたくさんあります。そのため、英語を使える人は貴重なグローバル人材として、評価されることになります

海外事業を展開するには、海外で成功する戦略を考えるだけなく、それを実行できる人材がいなければなりません。英語は世界の公用語であるため、国を問わず海外展開を進める企業では強みを活かせるでしょう

学生時代に努力したこととして挙げられる

英語が使えるということは「学生時代に努力をした人」と評価されやすくなります。英語力自体が評価されなくても、目標に向かって努力ができる、向上心が高いなどの印象を与えることができますそのため、「英語が話せる」「英文を書ける」といった強みをアピールすることは、大きなアドバンテージとなるでしょう。

また、英語力を求めない企業であっても、「英語力のある人材」と「そうでない人材」であれば前者を選ぶでしょう。必ずしも英語力が評価されるとは限りませんが、ないよりはあった方が良いスキルです。

英語を活かせる職業

英語を活かせる職業

英語力と一言で言っても、習熟度合によって適切な職業は異なります。英語力は「日常会話レベル」「専門英語レベル」「ネイティブレベル」の大きく3つに分けることができます

英語力が正しく評価されれば、より高評価を獲得でき、選考を有利に進めることができます。自身のレベルと照らし合わせて、志望する仕事を決めていきましょう。

それぞれのレベルに応じて、適切な職業を紹介していきます。

日常会話レベルの場合

基本的な読み書き、日常会話ができるレベルを「日常会話レベル」とします。日常会話レベルの英語力であれば、英語教材の編集者やツアーコンダクターなどの仕事がおすすめです

初心者向けの教材であれば日常会話レベルでも仕事を進めることができますが、教材によっては、より高いレベルで英語力が必要になる場合もあります。英語力の向上が業務範囲の拡大にもつながりますので、勉強を続けることが大切です。

ツアーコンダクターの主な仕事は、「ツアー旅行における参加者の管理」「観光地のガイド」などです。外国人観光客は増える傾向にあり、英語対応ができるツアーコンダクターの需要は増加しています。そのため、参加者との意思疎通や観光地の説明などが必要になります。業務の質を上げるためにも、英語力の向上を目指すことが大切です。

日常会話レベルの英語力が活かせる仕事

    • 英語教材の編集者
    • ツアーコンダクター
    • 英文事務
    • キャビンアテンダント
    • ホテルのスタッフ
    • テーマパークのスタッフ
    • 入国審査官

    専門英語レベルの場合

    基本的な英語力に加え、専門的な場面でも英語が活かせるレベルを「専門英語レベル」とします。専門用語に精通しているレベルの英語力であれば、英文速記者やメディカルライター、通訳案内士などがおすすめです

    速記者は日本語でもある職業ですが、英文速記者はその英語版です。会議などで話されている内容を、英語で素早く正確に書き留めなければなりません。英語の読み書きだけでなく、人の話を聞きながら文を書けるスキルも求められます。

    メディカルライターとは、医薬品や医療機器に関する契約書を作成する仕事です。契約書はすべて英語で作成しなければなりませんし、医療関係の専門用語の知識が必要です。そのため、英語だけでなく、医療分野にも精通していることが求められます。

    通訳案内士は、プロのガイドとして外国人の案内をおこないます。ツアーコンダクターよりも高いレベルで英語力が求められ、英語力だけではなくガイドとしての知識も必要です。外国人の出身地はさまざまですので、英語以外の語学力も身につけると良いでしょう。

    専門英語レベルの英語力が活かせる仕事

      • 英文速記者
      • メディカルライター
      • 通訳案内士
      • 英会話教室
      • 英語担当の教師
      • 外資系企業
      • 総合商社
      • 公認会計士

      ネイティブレベルの場合

      専門的な英語力にとどまらず、現地人のように流暢に英語を使える段階を「ネイティブレベル」とします。ネイティブに近いレベルの英語力があれば、英語力を要する仕事では基本的に何でも活かせることができます

      職業の選択肢は広いですが、おすすめは映画翻訳家です。映画翻訳家は、洋画のセリフを和訳して日本語字幕を作成する仕事です。高い英語力が必要なことはもちろん、日本語に合わせて内容を編集しなければなりません。セリフの長さによって文字数の増減もおこないます。

      直訳では上手く伝わらない場合もあり、意味を汲み取って訳さなければなりません。そのため、日本と海外の文化の違いなども考慮する必要があります。単純に英文が訳せるだけでなく、両国の文化や風土にも興味を持つことが求められる仕事です。

      ネイティブレベルの英語力が活かせる仕事

        • 英語翻訳家
        • 通訳者
        • 語学専門学校の教師
        • 国際経営コンサルタント
        • 公認会計士
        • その他英語圏での仕事

        英語を活かせる職業に就職するにはTOIECスコアが必要

        英語力をアピールすることで選考を有利に進めることができますが、単に英語力があるとアピールしても説得力がありません。そのためには、TOEICのスコアをアピールできるようにしましょう。

        TOEICは海外でも共通の評価基準です。そのため英検とは異なり、TOEICのスコアは海外の企業からも評価されます。

        また、企業によっては「TOEICのスコア○点以上」など条件を定めているところもあります。自分の志望する企業の条件を把握し、それに応じてTOEICの目標スコアを決めましょう。

        TOIECが必須となっている企業は増加している

        グローバル化の推奨により、英語力は重視されるようになっています。英語を使う企業であれば、TOIECのスコアを応募条件としている企業もあります。TOEICは英語力の高さを表したものであり、他には英検やTOEFLなどもあります。

        就活で英語力の高さを証明するのであれば、TOEICが最もおすすめです。TOEICとその他英検やTOEFLとの違いは、試験の出題範囲です。TOEICはビジネス英語を含めた問題が数多く出題されているため、実用的な英語力を身につけていることを証明できます

        英語力を仕事で活かすには、ビジネス英語を身に付けていることが大切です。そのアピールとして、TOEICが最も適していることを覚えておきましょう。

        企業のTOIECの平均スコアと目標

        TOEICは英検などのように、級数で能力が表されるわけではありません。TOEICはスコアがそのまま成績として発表され、獲得したスコアが高いほどアピールになります。

        英語力を必要とする企業は数多くありますが、企業によって求められるレベルは異なります。そのため、志望する企業の条件を満たすには、どれくらいスコアを取っておくべきかを知ることが大切です。基本的に、TOEICが評価されるのは600点以上からです。商社などは700点以上、外資系では800点以上が求められることが多いです

        TOEICに関しては別の記事でも紹介しています。具体的な対策などを知りたい人は、併せて読んでみてください。

        自分はどんな仕事に向いているタイプか、適性を診断してみよう

        自分の適性や性格が、どんな仕事に向いているのか気になりませんか?
        そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。
        My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

        My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に向いているタイプか、診断してみましょう。

        英語力を活かして海外の企業に就職する方法

        英語力を活かして海外の企業に就職する方法

        英語力を活かせる仕事には、海外の企業という選択肢もあります。「海外の企業に就職する」と言っても、具体的な方法がわからず、漠然とハードルが高いと思ってしまう人も少なくありません。

        まずは、海外の企業に就職する具体的な方法を知り、自分に向いているか判断しましょう。以下より、海外の企業に就職するための方法について紹介します。外資系企業、海外企業への就職を検討している人は参考にしてください。

        ①自分の能力を客観的に分析する

        まず必要なのは、自分の能力を客観的に分析することです。国内外問わず、志望する企業で「自分の能力を活かせるか」を客観的に分析しましょう。ここで注意したいのが、日本の労働市場ではなく、海外の労働市場における分析をすることです。

        日本市場と海外市場とでは、働き方や仕事に対する価値観が必ずしも一致するとは限りません。日本では上下関係や組織のあり方が重視されるのに対し、海外では個人や実力が重視されるなど、違いがあります。自己分析をおこない、自分に合った働き方を考えてみましょうそれをもとに「自分は海外の働き方でもやっていけそうか」検討することが大切です

        また、自分の能力を訴えるだけでなく、「その能力をどう仕事に活かせるか」という点が重要になります。そのためにも、企業の求人情報などを使った情報収集をしておくことが大切です。

        ②英文履歴書を用意する

        自分の志望する企業が見つかったら、英文履歴書を用意しましょう。英文履歴書は、日本で使われている履歴書の内容をただ英語にすればいいというものではありません。読んだ人が「きちんとした内容だ」と認識してもらえるレベルのものでなくてはなりません。

        ここで大切になるのが、複数人のネイティブにチェックしてもらうことです。英文履歴書の書き方はさまざまなサイトで紹介されています。それらを参考に英文履歴書が完成したら、実際にネイティブにチェックしてもらいましょうネイティブの目で見てもらうことで、「不自然な履歴書」を防ぐことができます

        他の添削手段として、英文履歴書を送付するとフィードバックがもらえるサイトもあります。海外のコンサルタントなどに有料でチェックしてもらえるため、完成度を高めることができるでしょう。

        英語で履歴書を作成する方法は別の記事で紹介しています。英文履歴書を作成する人は、参考にしてください。

        ③海外の就職先探しは求人サイトを活用する

        海外の就職先探しでは、求人サイトを利用しましょう。求人サイトは、自分が就職を志望する国や地域によって種類が異なるので注意してください。英語圏であればindeedなどの求人サイトが幅広く使われています

        各国や地域には、それぞれ広く使われている求人サイトがあります。まずはそれらを把握し、求人情報を収集していくのがよいでしょう。

        Googleなどの検索エンジンで”○○(国や地域名) recruitment site”などと検索すれば、その国・地域でよく使われている求人サイトがヒットします。求人サイトは1種類だけでなく、3〜4種類くらいのサイトに目を通すのがおすすめです

        英語力を強みとして就活でアピールしよう

        グローバル化が推奨され、海外事業に積極的な企業は多くなっています。それに伴い、就活生に英語力を求める企業も増えています。英語力が高ければ、選考を進める上で大きな強みとなり、就活を有利に進めることができます。

        一口に英語力が求められると言っても、企業によって求められるレベルは異なるので注意が必要です。ある企業では評価されるレベルであっても、他の企業では評価されない場合もあります。反対に、英語力が低いとマイナス評価になる可能性もあります。

        英語の使用頻度や業務内容によって、求められるレベルは異なります。志望企業ではどの程度のレベルが求められるのかを知っておくことが大切です。志望する企業の基準に合わせて、英語力を上手にアピールして就活を有利に進めていきましょう。

        監修者プロフィール

        ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
        吉川 智也(よしかわ・ともや)
        1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
        現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

        記事についてのお問い合わせ