履歴書

【エントリーシートと履歴書の違い】書く際に気を付けるべきポイント

エントリーシートと履歴書は就活では欠かせない

就職活動を進めるにあたって、エントリーシートと履歴書は欠かすことの出来ない書類です。どんな就活生も必ず一度は作成することになるでしょう。就活生の中には「エントリーシートも履歴書も同じようなモノ」と混同してしまっている人もいます。しかしこれらは異なる書類であり、それぞれ違った役割のあるものなのです。

そこでこの記事では、エントリーシートと履歴書を区別して考えるべき理由と、それぞれの書き方のポイントまで解説していきます。エントリーシートと履歴書は内定への最初の登竜門となります。これらで高評価を得ることが出来なければ面接にさえ進めない可能性が高いのです。しっかりと対策をおこない、内定に向けて順調に進んでいけるようにしましょう。

エントリーシートと履歴書の違いとは

上述の通り、エントリーシートと履歴書を混同している就活生は多いです。しかしそれぞれ異なる役割を持つ書類である以上、その役割を理解し、それに沿う文面を作成しなければ効果的なアピールをおこなうことは出来ません。ここからは、エントリーシート・履歴書それぞれの役割について解説していきます。エントリーシートと履歴書は面接においても利用される重要な書類です。これらを押さえたうえで記入を進め、採用担当者に好感を与えられる書類に仕上げるようにしましょう。

エントリーシートは自己PRのためのもの

エントリーシートとは、自己PRのための資料のことです。エントリーシートには「学生時代頑張ったこと」や「志望動機」、「長所」や「短所」など多くの事項を記載することになります。これらの項目では全て「自分が如何に企業にとって有益なスキルを持っているか」と「入社への意欲の強さ」を採用担当者にアピールすることが求められているのです。

これらは面接においてアピールするべき項目と同じであり、その点でエントリーシートによる選考は、面接による選考と同じ意味合いを持つものだと言うことが出来ます。このような背景から、エントリーシートを作成する際には、「とりあえず提出しておけばいいや」という気持ちではなく、面接と同様の姿勢で作成を進めることが重要になるのです。

履歴書はエントリーシートの裏付けになるもの

「エントリーシートを作成するのに、なぜわざわざ履歴書まで作成しなければならないの?」と思う就活生もいることでしょう。履歴書の提出が求められる理由は、エントリーシートの裏付けをするためです。エントリーシートにおいて採用担当者にアピールしたいがために、つい話を盛って作成してしまう就活生が稀にいます。

そのような就活生がいると、企業としては公正な目でそれぞれの就活生を見ることが出来なくなり、結果、企業の採用活動が妨げられてしまう恐れがあります。企業も莫大な資金と時間を費やして採用活動をおこなっている以上、自社に貢献してくれる人材を公正な目で慎重に選びたいのです。そのためエントリーシートとは別に履歴書の提出を就活生に求め、エントリーシートの裏付けをおこなっているのです。

エントリーシートは未来・履歴書は過去について書く

エントリーシートと履歴書の違いを考える際、エントリーシートは未来、履歴書は過去について書くという違いもあります。もちろんエントリーシートであっても「学生時代に頑張ったこと」のように過去について書く欄もあります。しかしエントリーシートの目的は「自身の〇〇という強みを活かすことで、貴社の発展に貢献していきたい」ということをアピールすることであり、その目的は未来を指しているのです。

一方、履歴書については「学歴」や「保有資格の有無」のように自身の過去について書く欄が多いと言えます。エントリーシートの裏付けが履歴書の役割であり、そのためエントリーシートの内容を裏付ける過去の事実について、履歴書には記入することになるのです。

エントリーシートと履歴書は一貫性があれば重複しても問題ない

応募する企業によってエントリーシートや履歴書の取り扱いに違いがありますが、両方を提出するケースも多くなっています。内容に同じ項目があった場合は回答が重複しても問題はありません。

基本的にエントリーシートは選考に使われ、履歴書は個人データの確認用と考えている企業が多いようです。履歴書は選考期間中だけでなく、入社後も保管して個人情報として扱われます。エントリーシートと履歴書は利用目的が異なるため、内容が重複していても大丈夫だと考えられます。

結論を変えずに内容を膨らませるのがおすすめ

エントリーシートと履歴書の内容が重複してしまっても問題はありませんが、全く同じ文章は印象がよくありませんので注意しましょう。また、2つの内容が大きく異なると信憑性が無くなってしまいます。

自分の強み、性格、一番伝えたいこと、志望動機など、結論として主張したい部分は一貫性を持たせるようにしましょう。軸が違ってくると説得力がありません。主張するところはエントリーシートと履歴書で同じにして、別のエピソードを紹介したり、話の内容を膨らませたりして多方面からアピールするとより効果的です。

まずは結論を決めてから、どのようなエピソードを伝えるかなどをエントリーシートと履歴書でそれぞれ考えてみましょう。

複数のエピソードでアピールできる項目もある

エントリーシートと履歴書で複数のエピソードを使い分けて、それぞれ別の観点からアピールすることもできます。例えば、「学生時代に力を入れたことは何ですか?」という質問は選考試験の定番ともいえるよく聞かれる質問のひとつです。

そこでエントリーシートには部活で努力して勝利した話を、履歴書ではゼミの研究成果についてをそれぞれ記載すると多面的なアピールが可能です。同じ結論だとしても、エピソードが違うと読んだ人に与える印象も異なります。

この時のポイントは、より伝えたいエピソードをエントリーシートに記入することです。企業はエントリーシートのアピール内容を重視して選考に役立てる傾向が強いため、自分の強みがよく伝わるでしょう。

エントリーシートと履歴書で差別化すべき点

ここまでの内容を踏まえると、エントリーシートと履歴書において同様の項目があった場合には異なる内容を記述することが重要と言えます。それではどのような項目の場合、特に注意して作成するべきなのでしょうか。ここからはエントリーシートと履歴書において、差別化をおこなうべき点を2つ挙げ、それぞれ解説していきます。ここで挙げているものは履歴書・エントリーシートそれぞれで問われることが多いものです。しっかりと理解し、履歴書とエントリーシートの使い分けが出来るようにしておきましょう。

志望動機

履歴書とエントリーシートにおいて差別化をおこなうべき点の1つ目として、志望動機が挙げられます。「志望動機は同じものしか書けない」と悩む就活生もいることでしょう。志望動機を履歴書・エントリーシートそれぞれに記入する際、話の流れは同じで問題ありません。むしろ異なる内容を書き、矛盾が生じてしまうほうが問題です。エントリーシートに記入する志望動機に、その志望理由に至ったエピソードなどを付け足すことで差別化をおこなえばよいでしょう。

履歴書・エントリーシートそれぞれに志望動機を記入する場合、エントリーシートのほうが記入欄を広く設けているのが一般的です。そのためエントリーシートに記入する志望動機については、より具体的なエピソードも含め、詳しく記述することで差別化すればよいのです。

自己PR

履歴書とエントリーシートにおいて、差別化をおこなうべき点の2つ目として、自己PRが挙げられます。「自己PRについては複数準備している」という就活生も多くいることでしょう。履歴書とエントリーシートで同じ内容をPRしても意味がないので、異なる内容の自己PRを書けば問題はありません。しかしそれだけでなく、エントリーシートに記述する自己PRに将来の話も盛り込むとより効果的になります。

上述の通り、エントリーシートでは「企業で活かすことの出来るスキルを持っているか」と「仕事への熱意」が見られています。自己PRの中で、「自身の強みを〇〇という点で活かして仕事に邁進したい」というところまで踏み込んで述べることで、効果的な自己PRとすることが出来るのです。

エントリーシートは結論から・履歴書は簡潔明瞭に

エントリーシートに記入する際には結論から記入するようにしましょう。エントリーシートの書式は比較的自由であることが多く、それ故ダラダラと記入してしまう就活生がいます。しかしエントリーシートは採用担当者が見るものであり、読みやすい文章を書かなければよくない印象を持たれてしまう恐れがあるのです。結論から記入を進め、読みやすい文章を作成することを心がけましょう。

また履歴書の記入においては、簡潔明瞭に記入をおこなうことがポイントとなります。履歴書の場合、一つ一つの項目について、あまり広いスペースが設けられていないことが多いです。狭いスペースに小さな字で詰め込んで記入すると非常に見苦しく、読みづらいものになってしまいます。履歴書への記入の際には簡潔明瞭を意識して記入するようにしましょう。

エントリーシートと履歴書を書く際に注意するポイント

エントリーシートは選考において重要な役割を果たします。これまでエントリーシートと履歴書の違いを中心に解説してきましたが、ここではそれぞれの書類を記入する際に注意するポイントを紹介していきます。

エントリーシートでは、自分の長所や強み、アピールしたい点が伝わるように工夫することが大切です。これまでの経験やスキルだけでなく、入社後の目標なども意識して書くことで活躍が期待できると感じられるでしょう。また、指定された文字数の8割以上を埋める、書き方のルールを理解することなどもポイントになります。

指定された文字数の8割以上は埋める

エントリーシートや履歴書は簡潔に分かりやすく記入することが大切です。しかし、シンプルにしたいからといっても短い文章にすればいいというわけではありません。文字数が指定されている場合は、8割以上を目安に埋めるようにしましょう。

短すぎたり、大幅にオーバーしたりするのもNGです。自然な文字の大きさで書き、スペースがほどよく埋まるくらいにエピソードや具体例を合わせて、なぜそう思うのかなどを説明していきます。

半分にも満たない場合は自己分析が不十分だと考えられますので、もう一度自分の強みや長所を確認してみましょう。あまりに文字数が少ないと、入社への熱意がないと感じられてしまいますので注意してください。

学歴の書き方などの基本ルールを理解して記入する

履歴書ではこれまでの学歴などを記載します。記入する時には、基本的なルールを守るようにしましょう。まず履歴書の日付は企業へ提出する日、郵送する場合にはポストへ投函する日となります。印鑑は忘れずに捺印しましょう。かすれたり、大きく傾むかないように注意します。

学歴・職歴の項目では中学校から記載します。県立、市立などの学校名は省略せずに正式名称で書いてください。大学の場合は学校名の他に学科やコースなども記載して「卒業見込み」と加えます。学生時代におこなったアルバイトは職歴には含みませんので、職歴の欄には「職歴なし」とすればOKです。

免許や資格の名称も略さずに書きましょう。企業の業務内容や職種に全く関係ない資格は記載しない方が無難です。間違えた場合は、修正ペンなどは使用せず、新しいものに書き直しましょう。誤字・脱字がないように最後にもう一度確認してください。

履歴書とエントリーシートの違いを知っておこう!

ここまで履歴書とエントリーシートの違い、それぞれの作成にあたってのポイントを解説してきました。「履歴書とエントリーシートの両方を作成するのは面倒だな」と思う就活生も多くいるでしょう。しかし逆に言えば、自身をアピールすることの出来る機会が増えるのです。履歴書とエントリーシートの内容を上手く差別化し、それぞれ異なる視点から自身をアピールすることで、より効果的に自身をアピールすることが出来るようになります。

取り組み方次第では、2種類の書類を提出することをメリットとすることが出来るのです。ここで述べた履歴書とエントリーシートを作成する際のポイントをしっかりと押さえ、自身をしっかりとアピールできるようにしましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ