企業研究

【ワコールインターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

ワコールを研究!

女性用下着を販売する企業として有名なワコール。多くの女性の味方として、さまざまな下着を販売してきたワコールへの就職を考えている就活生は、少なくありません。そこで本ページでは、ワコールへの就職を考える就活生が気になる基本情報や企業の概要、インターンに関する情報などをご紹介します。ワコールに応募して選考を受けようと思っているならばどれも重要な情報となるため、しっかり把握しておきましょう。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2017年度実施の内容です。

ワコールの基本情報

ワコールは、女性用下着を販売する企業として有名です。しかし、実はメンズ・キッズ向けの下着や、スポーツ用のアウターなども販売しています。そんなワコールの基本情報を、以下で見ていきましょう。

正式名称:株式会社ワコール
所在地:〒601-8530 京都府京都市南区吉祥院中島町29
設立年:1949年11月1日
従業員数:5,289人(単体) ※2017年3月末現在
平均年齢:45歳
平均勤続年数:20.8年

ワコールを企業研究

「女性共感企業」を宣言しているワコールは、「女性に美しくなって貰うこと」を事業目的として掲げ、5つの経営方針を定めています。人間科学の観点から需要を発見し、「美・快適・健康」という3つの価値を創造・提供しているのです。

ワコールでは、インナーウェア・アウターウェア・スポーツウェア、その他関連製品の製造を主におこなっています。とくに、ワコールと聞いてブラジャー&ショーツを想像する女性は、多いかもしれません。

ワコールが求めているのは、「自律革新型人材」です。自分、そして事業のために挑戦を恐れない人材を、ワコールは求めています。とくに、「成長意欲があるかどうか」は、就職活動の選考でも見られる部分だといえるでしょう。

ワコールインターンの選考フロー

ワコールのインターンの選考フローは、公開されておりません。ただ、一開催あたり100名という定員があるため、何らかの形で選考がおこなわれる可能性が高いでしょう。応募の際は、ワコールのホームページ内に特設されるインターン専用サイトか、マイナビ2019インターンシップのエントリーフォームからの申し込みが必要となります。

ワコールインターンの内容と日程

ワコールのインターンシップは、「Wacoal Business College」の1種類のみです。昨年は2部構成でおこなわれており、先輩社員へのインタビューがある点が魅力的でした。営業や宣伝広告など幅広い分野の体験ができるため、自分の求めている情報や体験してみたいことが曖昧な人でも、参加しやすいインターンシップだといえるでしょう。

各回3時間と短めなため、スケジュール管理がしにくい人や忙しい人が参加しやすい点も、魅力の1つです。

Wacoal Business College

ワコールのインターンシップである「Wacoal Business College」は、第一章と第二章の二部構成から成り立っています。第一章では、営業・マーケティング・広報などの仕事が体験できます。第二章では、先輩社員のインタビューがあり、自分が体感したこととの比較・検証が目的とされています。

■実施時期
第一章:2017年12月中旬
第二章:2018年2月中旬(予定)
■参加条件 4年制大学および大学院に在籍の方 ※学部・学科制限なし
■開催地
関東地区:ワコール麹町オフィス(東京) 東京都千代田区麹町1-1
関西地区:ワコール本社(京都西大路駅) 京都府京都市南区吉祥院中島町29
■待遇 交通費の支給なし
■その他
・受け入れ人数は一開催あたり100名
・営業(企業向け・得意先中心)・MD(マーケティング・企画)・宣伝広告等が体験できます。
  • エントリー〆切:2018年2月28日

その他、選考に関する日程は公開されていません。

まとめ

ワコールの基本情報や企業概要、インターンシップに関する情報をご紹介しました。ワコールは、女性用下着を販売する大手企業として、幅広い人に知られています。そのため、選考試験はもちろん、インターンシップへの応募者も多いでしょう。

そんなインターンシップの選考に通り、定員である100名に入るには、しっかりと選考対策をおこなっておくことが大切です。どのように選考がおこなわれるかは公表されていませんが、エントリーシートを作成する際には、内容で気を抜かないようにしてください。また、万が一に備えて、面接対策やグループディスカッションの練習もおこなっておくと良いでしょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ