インターン

【インターンシップを就職に繋げるには】参加するメリットもご紹介

インターンは就活に有利なのか?

就活の対策としてインターンに参加する人は多いですが、「インターンの参加が本当に就職に有利になるのか?」と疑問に思う人も多いです。インターンに参加することで企業の仕事を体験することができますし、社会人経験を積むことができます。しかしインターンに参加しなければ内定がもらえないわけではなく、インターンに参加せずとも内定を勝ち取っている人もたくさんいます。

就活ではやらなければならないことも多いですし、効率的に就活を進めるためには、少しでも無駄な時間は省かなければなりません。インターンに参加するためには選考を受けなければなりませんので、参加するのに手間も時間もかかります。就活の貴重な時間を無駄にすることはできませんので、インターンは本当に就職に役立つかを知っておきましょう。

気になるインターンシップと就職の関係性

インターンに参加する上で最も気になるのが、就職との関係性です。インターンに参加することで就職率が上がるのであれば積極的に参加した方がいいですし、そうでないなら無理に参加する必要はありません。インターンの捉え方は人によってさまざまですが、大きな意味合いとしては就活を有利に進めるためのものです。インターンに参加すること自体が目的ではありませんので、最終的な目的は就活の成功ということを踏まえて関係性を知っていきましょう。

年々増加しているインターンシップ参加者の就職率

インターンの参加と就職の関係性ですが、インターン参加者の就職率は年々増加傾向にあります。インターンに参加することで就職率は上がりますし、就活の成功率も上がりますので積極的に参加することがおすすめです。インターン参加者の就職率が上がっている要因はさまざまですが、そもそもインターンへの参加者自体が増えていることも要因のひとつです。

多くの人がインターンに参加するようになったため、参加者に比例して就職率が上がっている側面があることを忘れてはいけません。インターンに参加することで、さまざまな経験が積めることは確かです。しかしすべてのインターンが就職に有利になるとは限りませんので、自分でも就職のための努力をおこなう必要があります。

企業のインターンシップ実施の目的

企業がインターンシップを実施する目的はさまざまであります。自社を含めた業種やその業界の理解やイメージアップにつなげる、採用を視野にいれた学生の書面だけではわからないスキルを見定めるなどの目的があります。企業によって目的は違いますので、インターンへの参加は一概に就職で有利になるとは限りません。また企業側はインターンシップが選考や採用に直結していると明らかにはしていない場合もありますので注意が必要です。

企業によっては、インターンはインターン、選考は選考と完全に分けられていることもあり、インターンでどれだけ頑張っても就活で有利にならないこともあります。選考で必ずしも有利になるとは限りませんが、学べることは多いのでインターンに参加してさまざまなものを身に付ける努力をすることが大切です。

インターンシップに参加するメリット5つ

インターンシップに参加することで得られるメリットはさまざまありますが、大きく3つに分けられます。メリットを得ることで就活をより有利に、スムーズに進めることができますし、就活の成功にも近づけることができます。

インターンシップは参加が必須のものではありませんが、参加することで得られるメリットは大きいため、積極的に参加することが大切です。参加することで得られる3つのメリットを知って、インターンシップに前向きに参加していきましょう。

①自分を売り込むチャンス

インターンに参加するメリットとしては、自分を売り込むチャンスであることが挙げられます。仕事の体験を通じて自分のスキルを企業に見てもらうよい機会であり、スキルだけでなく仕事に取り組む姿勢や意欲ある働きぶりで自己アピールができます。また、企業へのアピールができるだけではなく、自分自身の自信やスキルアップにつなげることもでき、メリットは大きいです。

自信をつけることで就活全体のモチベーションを上げることができますし、スキルアップすれば他の企業の選考でも役に立ち、就活を有利に進めることができます。インターンで身に付けた能力は参加した企業だけではなく、他の企業でも活かせるものが多いので、アピール力を高めるためにもインターンの参加はおすすめです。

②入社後のビジョンが立てやすくなる

入社後のビジョンが立てやすくなることもインターンに参加することのメリットの一つです。インターンでは企業の仕事を経験することができるため、仕事内容や業種について実際に知ることができます。また仕事への理解が深められるだけではなく、職場の雰囲気を掴むこともできます。どんな仕事をするかも大切ですが、誰と仕事をするかも大切です。

やりたい仕事だったとしても、一緒に仕事をする人によっては嫌になってしまう可能性もありますし、興味のなかった仕事でも人がよければ続けられる場合もあります。また職場の雰囲気から人間関係だけではなく、仕事の進め方、方針なども知ることができます。入社後の働く姿がイメージしやすくなり、将来のビジョンもイメージしやすいです。

③ミスマッチが起こりにくくなる

就活では自分がやりたい仕事、就職したい企業を目指して選考を受けますが、それらが本当に自分に合っているとは限りません。やりたいと思っていた仕事、憧れだった企業でも実際に就職して働いてみれば、自分には合わないと感じてしまうこともあります。これは就職して働くことでしか分かりませんが、インターンに参加することで想像と現実のずれを減らすことができます。

やりたい仕事と自分に合う仕事は必ずしも同じとは限りませんし、インターンで仕事を経験してみることで、ミスマッチを防ぐことが可能です。実際にインターンに参加し、別の業種の企業や、全く異なる業種の企業に入社予定の学生もいます。疑似的に就職を経験できるため、本当に自分に合った企業を見つけることができます。

④業界・企業研究ができる

インターンに参加することで業界や企業についての情報を得られるため、研究の役に立ちます。就活を攻略するには業界・企業研究は必須であり、これらを念入りにおこなわなければなりません。

特に重要なのは生の情報を得ることであり、実際に社員の話を聞いたり、体験したりして情報を入手することが大切です。インターンはまさに情報収集に最適の場であり、参加することで数多くの情報が手に入ります。

また、その場で手に入る情報だけではなく、参加者と仲よくなることで、選考内容や企業に関する情報といった就活全般の情報が手に入ることもあります。企業に関する情報と今後の就活を有利に進めるための情報源の両方を確保できるため、インターンには積極的に参加することが大切です。業界や企業について理解を深めることで、選考をスムーズに進めやすくなるでしょう。

⑤志望動機に活かせる

志望動機の作成に活かせる点も、インターンに参加するメリットのひとつです。インターンで得た情報はそのまま志望動機に反映させることができ、より詳細な情報を持っていることで、アピール力も高められます。

志望動機は業界や企業についての理解度を示すことが大切であり、これを提示する際にインターンで手に入れた情報は役に立ちます。また、実際にインターンでグループワークや仕事を体験することで、その企業で働くということが明確にイメージしやすくなるでしょう。

企業で働くイメージを持っておくことで、志望動機もより具体的に書きやすくなります。インターンに参加した経験を志望動機に盛り込むことで、内容も充実させることができ、評価も獲得しやすくなるでしょう。

インターンシップの時期と期間

インターンに参加するなら、時期や期間も把握しておくことが大切です。インターンの開催時期や期間は企業によって異なり、いつ、どの期間で参加するかによって得られるものも変わります。

同じ企業でも、タイミングが違うと得られるものは異なるため、情報はこまめに確認しておかなければなりません。企業ごとの違いが大きいため一概にいつ、どれくらいやると決まっているわけではありませんが、ある程度の共通点はあるため、これを知っておきましょう。

インターンシップは8月と1月が最も多い

インターンの開催時期でもっとも多いのは、8月と1月です。それぞれサマーインターン、ウィンターインターンと呼ばれるものであり、この時期に実施する企業が集中するため、その少し前から準備をしておかなければなりません。

これらの時期に実施する企業が多いのは、夏休みで時間が取りやすいこと、就活前の最後の追い込みとして実施する企業が多いことが理由です。もちろん、絶対にこの時期に実施されるわけではなく、あえてこの時期を外して実施している企業もあります。

そのため、志望度の高い企業のインターン情報は念入りにチェックする必要があり、応募時期を逃さないようにしなければなりません。また、一定時期に実施が集中するため、参加する企業を選定しておくことも大切です。

期間は1Day~1ヶ月以上まで企業ごとに異なる

インターンの実施期間は企業によって大きく異なり、もっとも短いものだと1DAYで、長いと1ヶ月以上ということもあります。期間による内容の違いも多く、1DAYは企業説明会の延長程度であることが多いです。

企業によってはグループワークを実施することもありますが、比較的気軽に参加しやすい点が特徴です。数日から1週間程度のものは短期インターンと呼ばれ、これもグループワーク形式が主流でしょう。1DAYに比べると作業量も多く、最終日には成果物の発表をおこなうこともあります。

1ヶ月からそれ以上の場合は長期インターンであり、実務を任されることが多いです。期間によって得られるものと手軽さが異なるため、スケジュールを合わせ、かつ何を得たいかを明確にしてから参加先を決めましょう。

就職に少しでもつなげるためにすべき工夫

インターンに参加することで得られるメリットはたくさんありますが、それが得られるかどうかも自分の行動次第です。インターンに参加しても、ただ漠然とこなすだけでは何も身に付きませんし、参加する意味もありません。

せっかくインターンに参加するのであれば、何かを学び、身に付けることが大切です。インターンで成果を得られるかどうかは心がけによって変わるため、少しでも就職につなげるためにさまざまな工夫をしてインターンに参加しましょう。

事前準備を怠らない

インターンを就職につなげるためには、事前準備を怠らないことが大切です。インターンだからと油断していては得られるものはありませんし、マイナスの印象を与えれば選考でも不利になってしまう可能性があります。遅刻や忘れ物などで自分の評価を落とさないよう気をつけ、身だしなみも就活同様にしっかり意識しておきましょう。社会人になるとお客様(取引相手)への印象付けが大事になります。

インターンでは学生ではなく、一社会人として扱われるため、社会人としての自覚を持って臨まなければなりません。緊張感を持たずにいつまでも学生気分でいては得られるものは何もありませんので、社会人として恥ずかしくない振る舞いや行動を心がけましょう。

疑問をそのままにしない

社会人としてさまざまな経験をしていると、初めは分からないことだらけで戸惑ってしまうことも多いです。初めは誰でも分からないことだらけですのでそう感じることに問題はありませんが、感じた疑問をそのままにしないようにしましょう。インターン参加者が大勢いるからと気が引けて質問できず、知りたいことが分からないまま家に帰るのは時間が勿体ないです。

企業で求められるのは正確さと、どれだけ利益を生み出せるかです。損失を生む可能性のある不安要素を疑問のまま放置するのは危険ですし、それが実際に大きなミスにつながってしまう場合もあります。場合によっては企業に迷惑をかけてしまいますし、少しでも多くのものを得るためにも、疑問はその場で解決していきましょう。

インターン後の振り返りも忘れずにおこなう

インターンは参加すればそれで終わりではなく、インターン後の振り返りも忘れずにおこなうことが大切です。振り返りをおこなうことで自己啓発につながりますし、得られるものも多くなります。よい点は伸ばし、悪かった点やミスは繰り返さないように改善策を考えることが大切です。ミスは誰でもしますし、ミスをしてしまうのは仕方がないことでもあります。

しかしミスをそのままにしたり、反省をせずに何度もミスを繰り返すのはよくありません。社会人で求められるのは、ミスをしたその後のフォローとミスを繰り返さないことです。ミスをしてもそれを改善し次につなげていけること、その姿勢を持つことが大切ですので、必ず振り返って反省点を見つけていきましょう。

インターンが就職活動にもたらすメリットは多い

就活の対策としてインターンに参加する人は多いですが、インターンに参加したからといって必ずしも就職に有利になるわけではありません。インターンに参加しても選考で不合格になることはありますし、反対にインターンに参加していない人が合格する場合もあります。インターンは就職において絶対的に有利になるものではありませんが、それでもさまざまなメリットがあるのは確かです。

インターンに参加することでさまざまなメリットを得ることができ、結果的にそれが選考を有利に進める材料となることは多いです。インターンを就職に役立てるためには自身の心がけも大切であり、漠然と参加しているだけでは就職に役立てることはできません。きちんと目的を持ってインターンに参加し、就職に活かせるよう努力を重ねていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ