面接対策

【面接結果の問い合わせ方法】企業へ確認する際のマナーと例文

面接の結果が早く知りたいのはみんな同じ

就職活動において面接を受けた後、その結果連絡が来るまでの間は気持ちが落ち着かないものでしょう。面接結果が気になって落ち着かないのは自分だけではありません。面接結果を早く知りたいと思うのはみんな同じなのです。「落ち着かないから、企業に直接問い合わせたい」と思う就活生も多くいるでしょう。

ここでは面接結果の問い合わせをするのはアリなのか、連絡をおこなう場合のマナーについて解説していきます。面接結果の問い合わせを不用意におこなうと、「まだ選考の途中なのに」と採用担当者に不快な思いをさせてしまう恐れがあります。どのような場面であれば問い合わせをしてもよいのか、その際にはどのような点に気を付けるべきか、以下でしっかりと押さえておくようにしましょう。

面接の結果が届く平均の期間とは

面接結果が来るまでの時間は非常に長く感じるものです。面接結果が気になって、やるべきことが他にあるにも関わらず、そちらに気持ちが向かない可能性もあるでしょう。あまりにも長い期間待つのは得策とはいえないこともあります。面接結果が届く平均の期間はどれぐらいなのでしょうか。ここでは、面接結果が届く平均の期間を解説していきます。企業も慎重に選考をおこなっているため、面接結果が出るまでには多少の時間が必要となります。問い合わせをおこなう場合は、まず以下の期間を1つの基準として把握しておくようにしましょう。

翌日~1週間以内には届く

面接結果が届くまでの期間は企業によってさまざまですが、早ければ、面接を受けた翌日に連絡が来ることもあります。1次・2次面接の結果連絡などではこのような傾向があります。企業は優秀な人材を他社に取られないようにするために、出来るだけ早期に人材の囲い込みをおこなってしまいたいと考えているのです。そのため、選考において一定の基準を設け、その基準をもとに合否の判定を速やかにおこなうのが一般的といえるでしょう。

一方、面接結果が届くまでに1週間程度必要になる場合もあります。最終面接など内定までの距離が近づいてきた面接においては、このような傾向にあるでしょう。内定に近づけば近づくだけ、その選考結果を判断するまでのプロセスが複雑になります。そのため自然と選考結果の連絡が遅くなってしまうのです。

企業によってはもっとかかる可能性もある

ただ、企業によっては、もっとかかる可能性も十分にあります。面接の2週間後に結果を通知している企業もあるのです。企業は予定採用人数を設けて採用活動をおこなっています。その枠を優秀な人材だけで埋めることが出来るよう、選考をおこなうことが採用担当者の使命であり、そのため選考は慎重におこなわれるのです。

内定をどんどん出してしまい、予定採用人数を埋めてしまった後に、極めて優秀な人材が来てしまうような事態は避けなければなりません。そのため、面談で優秀だと思える人材に出会ったとしても、すぐに合否の判断をおこなわないこともあり得ます。他の就活生の選考がすべて終了するまで待ち、他の就活生と比べたうえで合否の判断をおこなう場合もあるのです。

面接の連絡が遅れる理由

企業の選考試験で面接がおこなわれた際は、面接をした日から1週間ほどで連絡が来るといわれています。しかし、企業の事情やその時の状況により、目安より遅れる場合があります。連絡が来ないと落ちたのではないかと不安になりますが、まずは落ち着いて連絡が来るのを待ってみましょう。

ここでは、面接の連絡が遅れる理由として考えられるものをいくつかご紹介します。焦って何か行動を起こす前に、遅れることもあると理解しておくと気持ちが楽になるはずです。

選考に時間がかかっている

面接結果の連絡が来ない場合、選考がまだ終わっていない可能性が高いです。そのような場合には、面接結果の問い合わせをおこなわないことが賢明です。企業は多くの資金と時間を費やして採用活動をおこなっています。そのためそれに見合う人材を確保する必要があり、会社の将来を支える優秀な人材を確保するために慎重に就活生を吟味しているのです。そのような背景から、面接結果の連絡までにはある程度の時間が必要となります。

面接において、「結果は〇日までに伝えます」と採用担当者から指示を受ける場合もあるでしょう。その場合、指定された日時まで、合否の判断が終わらない可能性があることを示唆されているのです。そのため、このようなことを指示された場合には、期日内に問い合わせをおこなうのはNGなのです。

不合格者への連絡が遅れている

面接の連絡は、通常合格者へ優先的にされることが多くなっています。企業によって応募者へ連絡するタイミングはさまざまで一概にはいえませんが、不合格だった場合は目安とされる1週間よりも遅れる可能性が高くなります。

また、なかには合格者が入社を辞退することをあらかじめ見越して、次点の人には合否の連絡を保留にする企業もあります。そうなると、合格だったとしても通常より遅れて連絡が来ることになります。面接の連絡に2週間以上かかることも珍しくありません。

面接を終えてすぐに連絡が来ないと不安に感じますが、「1週間経っても連絡が来ないから不合格」だと決まっているわけではないため、しばらく待ってみましょう。

連絡方法が郵送のため時間がかかっている

企業によっては面接の連絡を郵送で伝えることがあります。メールや電話だとすぐに連絡ができますが、郵送物は手元に届くまで時間がかかります。面接の際にどのような形式で結果を連絡するのか面接官から伝えられるはずです。

必要な書類と合わせて郵送で連絡する企業もあります。郵送はメールや電話と比べるとコストや手間がかかるため、内定のケースが多いといわれています。郵送で内定通知を受け取った場合は、入社の意思をなるべく早く企業へ連絡するようにしましょう。

その際は、メールや電話で担当者へ伝えるとスムーズです。どのように企業へ連絡するべきか、通知を受け取った後は何をするのかなど、必要なことは郵送で届いた書類に記載されているためよく確認しましょう。

期日を過ぎても連絡が来ない場合は問い合わせてOK

逆にいえば、「〇日までに伝えます」といわれたにも関わらず、期日を過ぎても連絡が来ないのであれば、問い合わせをおこなっても大丈夫です。「問い合わせをおこなって採用担当者に悪い印象を持たれてしまったら」と心配する就活生もいるでしょう。もちろん丁寧な対応をおこなわなければ自分の評価を下げてしまうことになるでしょう。

しかし、そのような対応が出来るのであれば、問い合わせをおこなっておいた方がよい場合もあるのです。面接結果が気になるあまり、他にやるべきことがあってもそちらへの気持ちの切り替えが上手くできない就活生がたまにいます。1社の選考結果に振り回され、就職活動全体に悪影響が出てしまうのはもったいないです。そのような場合には、礼節をわきまえた上で、問い合わせをおこなうほうがよいといえるでしょう。

面接結果の問い合わせをする際のマナーと例文

「実際面接結果の問い合わせをおこなう際、どのような言葉遣いをすればいいの?」と疑問に思う就活生もいることでしょう。ここでは面接結果の問い合わせをする際のマナーと例文を紹介していきます。しっかりとしたマナーで対応することが必要であるのはもちろん、事前に問い合わせる際に話す内容も整理しておく必要があります。失礼のない対応をおこなえるよう言葉を選びつつ、かつそれにばかり時間をかけずスピーディーに問い合わせをおこなうことが出来るよう、以下を参考にしてください。

失礼のないように言葉を選んで問い合わせる

面接結果の問い合わせをおこなう際には、失礼のないように言葉を選んで問い合わせをおこなうことが重要になります。予定の期日を過ぎても連絡が来ないようであれば、イライラしてしまうこともあるでしょう。しかしそれを前面に出してしまうのは採用担当者に対して失礼にあたります。選考結果がまだ確定していないのであれば、そのような態度により、かえって選考結果に悪影響を及ぼしてしまう恐れがあるのです。

また問い合わせる際には「選考結果」ではなく「連絡を頂ける日時」を問い合わせるようにしましょう。まだ選考が終わっていないため連絡が来ていない可能性もあるのです。直接的に聞くのではなく間接的に聞くことで、採用担当者に対して催促しているような印象を与えずに済ませましょう。

メールで問い合わせる場合の例文

〇〇株式会社
人事部人事課
〇〇様

〇〇大学〇〇と申します。
先日はお忙しい中、面接のお時間を頂戴しましてありがとうございました。
選考結果の連絡の件でご連絡させて頂きました。
面接の際、〇月〇日までに選考結果の連絡を頂けるとお伺いしていたのですが、
選考結果に関してはいつ頃ご連絡を頂くことが可能でしょうか。
お忙しい中大変申し訳ないのですが、可能であればお教え頂きたく存じます。
勝手を申しますが、何卒ご対応の程、宜しくお願い申し上げます。

____________

署名

この例文では、選考結果ではなく、日時について質問できており、その点がよいといえるでしょう。選考結果を質問してしまうと、問いただしているような印象を与えてしまい、自分の印象に悪影響が出てしまう恐れがあります。

また全体的に丁寧な言葉遣いが出来ており、このような文面であれば、採用担当者も真摯に対応してくれるといえるでしょう。メールの場合、その文面で全てが判断されてしまいます。あくまでも自分の印象に悪影響が出ないよう、丁寧な文面で作成する必要があるのです。

問い合わせだとわかる件名にする

メールはすぐに担当者へ連絡できるため、とても便利です。送信する際にはマナーに気を付けましょう。担当者は毎日たくさんのメールを受信しています。受信ボックスにメールがいくつも貯まってしまっていることもあるため、一目見ただけでどのような内容なのか分かるようにしておきましょう。

件名は、どのようなことが書かれているのかすぐに理解できるように工夫します。例えば「〇月〇日の面接について 大学名・氏名」とあれば、内容だけでなく誰からのメールなのかもすぐに分かります。面接は数日に分けておこなわれている場合も考えられるため、日付も記載しておくとよいでしょう。

件名に何も書かれていないと担当者がメールに目を通さない可能性もあるため、必ず問い合わせだと分かるようにしておきます。

電話で問い合わせる場合の例文

お世話になっております。〇〇大〇〇と申します。人事部人事課〇〇様はお手すきでいらっしゃいますでしょうか。

はい、〇〇です。

〇〇様〇〇大学〇〇と申します。先日は面接のお時間を頂戴しまして、誠に有難うございました。それに関して1点質問させて頂きたい事項があり、ご連絡させて頂きました。少々お時間宜しいでしょうか。先日の選考結果に関して、いつ頃結果のご連絡を頂くことが可能か教えて頂きたく、ご連絡させて頂きました。お忙しい中かと思いますが、ご回答のほど何卒宜しくお願い致します。

この例文のポイントは、まず要点をシンプルに伝えている点です。採用担当者は日々忙しく業務に励んでいます。他の業務を中断して電話に対応している可能性もあるのです。出来るだけスピーディーに用件を伝えられるよう、言葉を選んで話しましょう。また「どうしても気になってしまうものでして…」のように本音を混ぜて話すのも効果的です。

本音を混ぜて話すことで、「そんなにうちの選考結果を気にしているのか」と自分の志望度の高さを伝えることも可能になります。電話で問い合わせる際には簡潔にかつ本音を交えて話すのが効果的なのです。

電話は問い合わせる時間帯に気を付ける

電話での問い合わせは、連絡する時間に気を付けましょう。始業直後はその日の業務内容の確認や、朝礼などをおこなっている企業も多いため、避けるほうが無難です。また、一般的に昼食の時間となっている12~13時や、終業時間以降も控えましょう。

企業の就業時間が何時から何時までなのか事前に確認しておくと安心です。非常識だと思われる時間帯に電話で問い合わせをすると、マナー違反となりますので充分に注意してください。

一般的に、始業から少したって落ち着いている時間帯である10~12時、お昼過ぎの14~16時の時間帯で電話をかけるとよいでしょう。電話で問い合わせをおこなう際には、担当者の負担にならないように心掛けることが大切です。

面接結果が長らく届かない場合だけ問い合わせよう

ここまで面接結果の問い合わせをおこなうことはアリなのか、その際の注意点は何なのかについて解説してきました。面接結果の連絡をおこなうことを企業から明言されているにも関わらず、連絡がなかなか来ない場合は、選考に時間がかかっている可能性が高いです。そのため基本的には問い合わせをおこなわずに、連絡を待っておいたほうがよいといえるでしょう。

しかし予定の期日を過ぎている、明らかに連絡が遅すぎる、といった場合は別です。これらの場合、問い合わせをおこなわないと、いつまでも他のやるべきことに気持ちが向かない可能性があります。礼節をわきまえて問い合わせをおこなうことで気持ちを切り替え、他のやるべきことに気持ちを向けることも可能になるのです。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ