面接対策

【課外活動やアルバイト経験について聞かれる理由】アピールするためのポイント3つをご紹介

課外活動やアルバイトについて聞かれることは多い

interview-seminar面接では課外活動やアルバイトについて聞かれることは多く、高評価を獲得するためには、上手に回答していかなければなりません。課外活動やアルバイトについて聞くのにはさまざまな理由があり、評価されるためにはそれらのポイントを知っておくことが大切です。

評価のポイントを知らなければ上手にアピールすることはできませんし、高評価を獲得することもできません。ただ漠然と伝えるだけでは充分なアピールにはなりませんし、どのように伝えるか、またどのように伝えれば評価されるのかを知っておく必要があります。

面接は一つの質問に対する回答で評価が決まるのではなく、複数の回答の積み重ねで評価が決定します。少しでも加点評価を得られるように、課外活動やアルバイトを上手にアピールしていきましょう。

課外活動やアルバイトについて聞かれる理由

課外活動やアルバイトついての質問に上手に答えるには、それらを聞かれる理由を知っておくことが大切です。面接での質問は意図のないものはありませんし、企業は何かを知りたいと考えて質問をしています。

無駄な質問は一つもなく、課外活動やアルバイトについても聞かれる意味は必ずあります。質問の意図、理由を知っておくことで、そこから何が評価されるかを知ることでもできますので、聞かれる理由を正しく知っておきましょう。

学業以外の部分で何を学びどう成長したのかが見たい

課外活動やアルバイトについて聞かれる理由としては、学業以外の部分で何を学びどう成長したのかが見たいことが挙げられます。課外活動やアルバイトは学業以外の部分であり、選択肢は幅広くあります。

学業では学べる範囲は決まっていますが、課外活動などはその範囲も広いです。さまざまなことが経験できるため、どんなことを経験したかをアピールすることが大切ですが、実は課外活動自体はさほど見られていません。

見られているのは課外活動そのものではなく、重要なことはそこから何を学んで、どう成長したかであり、課外活動を通しての成長が見られています。課外活動の内容だけを伝えてもアピールにはなりませんので、経験を通じて学んだこと、成長できたこと伝えることが大切です。

長く働いてくれそうかを見極めたい

長く働いてくれそうかを見極めたいことも、課外活動やアルバイトについて聞かれる理由の一つです。学業は学生として必須のものですが、課外活動については必須のものではなく、それをやるかどうかは個人の意思に任されています。

企業は課外活動やアルバイトなど、特に期限が決められていないことに対して、どれくらいの期間続けているかを知って、長く働いてくれそうかどうかを見ています。期限が決められていることであれば、期限が一つの目標になりますし、それに向かって努力することはできるのです。

しかし課外活動やアルバイトなどは明確な期限はありませんし、目標は自分で定める必要があります。続けるも辞めるも自由な環境で、どれくらい長く続けているかが評価されています。

課外活動やアルバイトをアピールするポイント3つ

課外活動やアルバイトは上手に答えることで、高評価を獲得することができますが、アピールの方法を間違えれば評価の対象にはなりません。同じ内容でも伝え方次第で印象は大きく変わりますし、場合によってはプラスが得られないどころか、マイナスの評価になってしまう可能性もあります。

上手にアピールするためには、伝え方のポイントを知っておくことが大切です。アピールするためのポイントは大きく3つありますので、それらを踏まえて上手にアピールしていきましょう。

①活動内容を簡潔に

課外活動やアルバイトを上手にアピールするためには、活動内容を簡潔に伝えることが大切です。課外活動やアルバイトは活動内容自体はそれほど見られていませんが、何をしていたかを伝えるためには、活動内容を説明しなければなりません。

具体的な活動内容を伝えることが大切ですが、活動していた分野によっては、相手に伝わりづらい場合もあります。面接で伝えるときは簡潔に伝えることが大切ですので、専門用語などは使わず、予備知識がなくても分かりやすく述べることが大切です。

専門用語などを使ってしまうと、活動内容自体が理解できず、評価もできなくなってしまう可能性がありますので、注意しなければなりません。相手は何も知らないと考えて、初心者に教えるように簡単に説明することが大切です。

②活動における役割は必ず盛り込む

課外活動やアルバイトは、活動内容を伝えることが大切ですが、それだけではなく課外活動やアルバイトにおいて、どのような役割を担っていたのかも述べましょう。ただ活動に参加していただけでは、アピールの材料にはなりませんし、高い評価を獲得することもできません。

活動の中で何らかの役割を果たし、他人や社会に対して貢献していることが大切ですので、担っていた役割の説明は必須です。役割を担うことで責任が生まれますし、役割をしっかり果たせるかどうかで評価は大きく変化します。

役割を担っているだけでは評価の対象とはならず、役割を担って、求められることをしっかりと果たしていることが大切です。役割を説明し、そこでどのように活躍したかをアピールしておきましょう。

③学んだ事とその経験をどう企業に活かすか

課外活動やアルバイトの活動内容や役割を伝えれば、学んだこととその経験をどう企業に活かすかを伝えていきましょう。課外活動やアルバイトで得た知識やスキル、経験をどのように仕事に活かそうと考えているかを盛り込むことが大切です。

ただ課外活動などをおこなっていただけでは就活のアピールにはなりませんし、これは活動内容などに関係なく言えることです。就活のアピールとして使用するのであれば、それらの経験が仕事に活かせることが大切であり、仕事への再現性をアピールしていく必要があります。

課外活動でどれだあけすごいことをしていても、それが仕事で活かされるものでなければ意味はありません。活動内容ではなく、そこから得た経験やスキルがどのように仕事に活きるかをアピールしていきましょう。

課外活動やアルバイトの経験がない人は?

課外活動やアルバイトはアピールすることが難しく、どのようにアピールすればいいのか分からず悩んでいる人は多いです。しかし悩みはそれだけではなく、人によってはそもそも課外活動やアルバイトの経験がない人もいます。

何らかの経験があれば、アピール方法を考えればいいだけですので、それほど難しくはありませんが、経験そのものがない場合はアピールは難しくなります。課外活動やアルバイトは経験がなければアピールできないわけではありませんので、それらの経験がない人も上手に対処していきましょう。

一生懸命取り組んでいた趣味があればそれをアピール

課外活動やアルバイトの経験がない人は、一生懸命取り組んでいた趣味などがあれば、それをアピールしていきましょう。アルバイトはどこかで働き、お金をもらっている状態ですので、ある程度限定的になりますが、課外活動の範囲は広く、さまざまなことをアピールすることができます。

課外活動の考え方は、基本的には学業以外のこと全般ですので、アルバイトも課外活動のうちに含まれますし、趣味なども課外活動として認められます。趣味でアピールする場合でも、趣味自体をアピールするのではなく、そこから得た経験やスキル、知識などをアピールすることが大切です。

課外活動やアルバイトの経験がどうしても何もない場合は、他の部分でアピールしていきましょう。

短期間でやめてしまった人は説得力のある理由を

人によっては課外活動やアルバイトの経験はあるものの、それらを短期間でやめてしまっている場合もあります。課外活動などを短期間でやめてしまった人は、やめてしまったことに対して、説得力のある理由を伝えることが大切です。

短期間でやめた場合は、説得力のある理由がないと「続けられない人」という印象を持たれてしまいます。課外活動やアルバイトなどは、長く続けられそうかを見られているため、続けられない人と思われると大きくマイナスの評価になってしまいます。

短期間でやめた場合は、続けた期間とその理由を伝える必要がありますが、1週間や2週間と、非常に短い場合は期間については言及しない方が無難です。続けられない印象を与えないためにも、理由付けを必ずおこなうようにしましょう。

課外活動やアルバイトは効果的にアピールしよう!

就活の移動距離が多い場合は交通費について確認をしておこう面接では課外活動やアルバイトについて聞かれることも多く、どのように答えるかによって印象や評価は変わります。学生の本分は学業ですが、就活生を知る上では大切なのは学業だけではありません。

学業はもちろん大切ですが、それ以外の部分で何を経験し、何を学んだのか、どのように成長したかも重要なことであり、面接ではそれらが見られています。課外活動やアルバイトは活動自体が見られているのではなく、そこから得たものが見られているので、アピールにも工夫が必要です。

活動内容だけを述べるだけではアピールにはなりませんし、評価もされません。評価されるためには、経験から得たものを挙げ、それが仕事で役立つことをアピールする必要がありますので、上手に伝えて高評価を目指しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ