企業研究

【博報堂インターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

博報堂を研究

博報堂は大手広告代理店で学生にも人気の就職先です。そのインターンシップに参加することは今後の就職活動にも活かせることでしょう。人気のあるインターンシップのため、参加の難易度は高いと考えられますが、チャレンジする価値のあるプログラム内容になっています。

博報堂は年収も高く、自由な社風が特徴としてあります。上下関係はそれほどないと言われています。博報堂に入社したい方はもちろん、広告代理店に興味のある方は、このインターンシップに応募すると良いでしょう。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2018年度実施の内容です。

博報堂の基本情報

博報堂は、大手広告代理店です。仕事自体は早いと1年目から小さいクライアントを担当することもできます。クリエイティブの場合、ごくわずかなトップ層のクリエイターは通常以上の給与がオファーされることもあります。実力をつければしっかり給料を貰える会社です。

社風は、特に営業職の場合は部署ごとの差が大きいと言われています。個人の裁量が大きい部署もあれば、管理が厳しく組織力重視な部署もあり、配属による差がつきやすい企業と言えるでしょう。

正式名称:株式会社 博報堂
所在地:東京都港区赤坂5丁目3番地1号 赤坂Bizタワー
設立年:1924年2月11日
従業員数:3,481人(2018年4月1日時点・契約社員含む)
平均年齢:43.7歳
平均勤続年数:16.3年

博報堂を企業研究

博報堂は、自由で個性を重んじる社風です。比較的自由で、個性豊かな人材が集まっているという特徴があります。博報堂では、個人の個性を重んじてのびのびと業務をおこないながら、チームとしての結束も強めていくという社風になっています。

事業内容は主に広告事業です。「生活者発想」と「パートナー主義」という企業理念のもとにクライアントの課題解決を行なっています。企業HPによれば、「世界一級のマーケティングサービス企業集団を目指す」「先進的かつ創造的な統合マーケティング・ソリューションの提供を通じて、新たな市場やムーブメントを創造し、社会/生活者に活力を与え続ける存在になる」ということを基本戦略としています。

2013年の宣伝会議のインタビューによれば、求める人物像は、人を動かすような方だと言います。未来の変化を意識して「こんなものが必要になるのではないか」という、自分なりの思いやロジックに基づく、柔軟な発想ができる人物を求めているようです。

博報堂の選考フロー

博報堂インターンの選考は、まずプレエントリーから始まります。エントリーシートとコース別課題を提出すると、順次WEBテストの案内がきます。選考結果はマイページで確認することになります。

博報堂のインターンの選考フローは、以下のようになっています。

プレエントリー→エントリーシート・課題提出→WEBテスト→面接→参加者決定

博報堂のインターンの選考対策

博報堂のインターン選考についてみていきます。博報堂のインターンは競争率が高く、選考を突破するのはなかなか難しいと言われています。博報堂のインターン選考を突破するためには、ESや課題を通してどういった能力や考え方が求められているのか、知っておくことが大切だといえるでしょう。

各コースの課題で求められる力を理解しておく

・日本をどう変えたいか?を論ぜよ
・あなたならどう説明するか?を論ぜよ
・電子マネー時代の募金箱を考えよ

博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ インターンシップ2018では、選考として課題の提出を求められます。「日本をどう変えたいか?を論ぜよ」では、世の中はこうあるべきだ、という自分の気持ちを表現する課題です。空想力と緻密な設計力を発揮しなければなりません。
「あなたならどう説明するか?を論ぜよ」という課題は、「村人が生活用水を組み入れている川端に工場を建てる場合、一定の不安を感じている住民に最終説明会でどのように伝えるか」という内容です。経営層をも動かす解決策を自ら考えて生み出す力が試されます。
「電子マネー時代の募金箱を考えよ」では、クリエイティビティで課題を解決する力を求めています。他の人とは違う新鮮な視点が評価のポイントとなっているため、ありきたりな提案では評価は上がらないといえるでしょう。

ESでは博報堂の理念「生活者発想」について問われる

・あなたの身の回りの「生活者」の行動で、気になっている「変化の兆し」を一つ挙げ、その理由を具体的に説明して下さい。
・「変化の兆し」を踏まえ、あなたが「こうあったらいいな」と思う暮らしの未来を作るアイデアを考え、その内容を具体的に説明して下さい。

博報堂は、会社の理念として「生活者発想」を掲げています。そのため、博報堂のインターンでは「生活者発想」についてESで問われることがあるようです。「生活者発想」とは、人を単に消費者として捉えるのではなく、多様化した社会の中で生きる「生活者」として捉え、深く洞察し新しい価値を創造していこうという考え方です。詳しくは博報堂のHPを参考にしてみましょう。
博報堂のインターン選考では、「生活者発想」という考え方を事前に理解しておくことが大切といえるでしょう。

インターン選考内定者のESを覗き見!

インターンの選考に通るためのESを作成するために、実際の通過者のESを参考にしましょう。そこで活用したいのが「インターン選考通過者が実際に提出したES集」です。JALや日清製粉、三菱UFJ銀行や大正製薬などの通過者が提出したESを無料でダウンロードできます。設問の内容も確認できるため、事前の対策として持っておきたい資料です。

博報堂のインターン内容と日程

博報堂のインターンシップは2種あります。

①博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ インターンシップ2018
②2018 HAKUHODO Design Summer Camp

①では5日間の体験型インターンシップがおこなわれます。②は、よりクリエイティブなインターンシップになっています。

①博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ インターンシップ2018

博報堂のインターンは夏に開催され、国内外の大学または大学院に在籍している方が参加できます。全部で5日間のプログラムなのですが、2~3日目は職種別のプログラムを受けます。その後、グループワークとプレゼンテーションがおこなわれます。

■実施時期
9月10日(月):全体プログラム
9月11日(火)~12日(水):職種別プログラム
9月13日(木)~14日(金):グループワーク、プレゼンテーション、フィードバック

■参加条件
国内外の大学、または大学院に在籍している方

■開催地
博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ 赤坂Bizタワー

■待遇
不明

■その他
受入人数は合計70名程度

  • エントリー〆切:7月18日(木)
  • ES・課題提出〆切:7月24日(火)12時0分
  • 面接:不明
  • 書類選考の合否連絡:8月中旬

参考:博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ インターンシップ2018

②2018 HAKUHODO Design Summer Camp

2018 HAKUHODO Design Summer Campは、夏に開催され、学年不問で国内外の大学または大学院に在籍している方が参加できます。

博報堂所属のクリエイターが講師となり、非常に豪華な講義を受けることができます。

■実施時期
8月7(火)8日(水)、21日(火)22日(水)、28日(火)の5日間

■参加条件
国内外の大学、または大学院に在籍している方(学年不問)

■開催地
博報堂本社ビル(赤坂Bizタワー)

■待遇
参加費無料。地方からの参加者に対して、通い講義・演習の交通費は別途支給されます。

■その他
受入人数は合計約30名

  • エントリー〆切:6月27日(水)正午
  • ES・課題提出〆切:6月27日(水)正午
  • 面接:不明
  • 合否連絡:不明

参考:2018 HAKUHODO Design Summer Camp

博報堂のインターンでクリエイティブとは何か考えよう

博報堂のインターンシップは毎年夏に行なわれます。選考内容はあまり明確には提示されていないので、まずプレエントリーしてマイページから情報を得ましょう。コースごとに課題を提出しなければならないなど、難関のインターンシップではありますが、チャレンジしてみる価値はあるのではないでしょうか。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ