企業研究

【コクヨインターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

コクヨを研究

コクヨは文房具やオフィス家具、事務機器を製造・販売する大手企業です。2006年から海外向けにオフィス用品のカタログ通信事業を開始し、近年ではグローバルな販売事業にも力を入れています。

コクヨのインターンシップは、エンジニアインターンシップと建築系インターンシップの2種類があります。入社したい方、興味のある方は、コクヨのインターンシップ情報を確認しましょう。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2018年度実施の内容です。

コクヨの基本情報

コクヨは、1905年に「黒田表紙店」として設立されました。国内だけでなく海外にも拠点を置き、ステーショナリー事業、ファニチャー事業、通販・小売関連事業、3つの事業を展開している会社です。

コクヨの基本情報は下記の通りです。

正式名称:コクヨ株式会社
所在地:大阪市東成区大今里南6丁目1番1号
設立年:1905年
従業員数:2,014人(2017年12月末時点)
平均年齢:43.9歳(2017年12月末時点)
平均勤続年数:19.0年(2017年12月末時点)

コクヨを企業研究

コクヨの社風を一言で表すと、世の中の役に立つために日々奮闘し、社員一丸となって熱い夢をもって取り組む、情熱的で探求心のある企業であるといえるでしょう。

コクヨは「商品を通じて世の中の役に立つ」という企業理念のもと、皆さん一度は目にしたことがあるでしょうCampusのノートなどの文房具やPC関連商品を開発し製造販売するステーショナリー事業、オフィスや公共施設・商業施設の家具や空間デザインを手掛けるファニチャー事業、日本だけでなく海外も含めた通販をおこなう通販・小売事業の3種類の事業を展開しています。

コクヨの選考フロー

コクヨのインターンの選考フローは、エントリー→ES提出→書類選考→適性検査・面接→合否判定という流れです。開催場所は大阪と東京です。

コクヨのインターン選考対策

コクヨのインターンに参加するためには、上記選考フローに記載していますように、書類・適性検査・面接での選考があります。就職希望の多いコクヨのインターンに参加するための選考対策は必須でしょう。

コクヨのインターン参加理由を明確にする

面接選考に進むまでに、まずは書類選考を通過しなくてはいけません。そのためには、自分のなかでコクヨのインターン参加理由を明確にさせましょう。文具・インテリア業界ではシェア率、売上ともに上位を争うのがコクヨです。業界のなかでもなぜコクヨのインターンに参加するのか、競合との差別化はできているでしょうか。

書類上でコクヨへのインターン参加の熱意が伝われば、面接選考へ進む可能性は高まります。インターンの内容をしっかりと把握し、どうしてコクヨのインターンに参加したいのか自分の言葉で表せるようにしておきましょう。

求める人物像と自分の人柄をマッチさせる

他の企業でも言えることです。多くの企業で求める人物像やこれからの企業の方針は、固められています。これらは、企業のwebサイトや採用ホームページで確認することができます。コクヨの場合、採用ホームページから、変化を楽しむ人やものづくりを形にして生み出せる人を求めていることが分かります。

自分のなかで、周りの環境が変化しながらもそれに応じて成し遂げたことや、自分の思いを形にした経験をアピールしていくといいでしょう。

あなたが受けない方がいい職業をチェックしよう

就活では、自分に適性のある仕事を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は、適職診断ツール「My analytics」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

My analyticsで強み・弱みを理解し、自分がどんな仕事に適性があるのか診断してみましょう。

コクヨのインターン内容と日程

コクヨのインターンは、職種によって3つに分かれています。それぞれ、仕事内容のみに限らず、会社の雰囲気なども知れる内容になっています。自分の興味ある職種のインターンをしっかりと調べて応募してください。

①事務系インターンシップ オフィス営業実践コース

オフィス見学を通して、働く場所を体験します。見学後にはチームを作り顧客の課題に対する解決案をグループワークで取り組みます。

実施時期:
【大阪】8/10(金).21(火).22(水).23(木).24(金).25(土)
【東京】8/27(月).28(火).29(水).30(木).31(金)

参加条件:
4年制大学以上在籍が必須

開催地:
【大阪】コクヨ梅田オフィス
【東京】コクヨ品川オフィス

待遇:
報酬なし
交通費なし

・エントリー〆切:7月9日13:00
・書類選考:不明
・適性検査:不明

②エンジニアインターンシップ

エンジニアのインターンでは、「商品開発」と「生産技術」の現場に配属され、コクヨで働く社員と、業務課題に取り組む実戦型のプログラムになっています。また、今後の就活や社会人生活に活かせるコンテンツも用意されています。

実施時期:
【開発職コース】
(キックオフ)8/17
(実施日)8/27~8/31の連続5日間
(最終発表)9/5
【生産技術職コース】
(キックオフ)8/17
(実施日)8/20~8/24の連続5日間
(最終発表)9/5

参加条件:
4年制大学以上の学府に在籍している方
・工学系の学問(機械/電気/ロボティクスなど)を専攻されている方、または専攻予定の方 
・趣味/学外の活動で「ロボコン」や「鳥人間」など、ものつくりの実績がある方

開催地:
コクヨ梅田オフィス

待遇:
(旅費交通費 )100km以上の遠方からご参加する方には弊社規定により一部補助あり
海外からの渡航費用は自己負担
(宿泊施設 )遠方の方には、会社寮を提供予定
(傷害保険 )会社負担 

②建築系(施工管理)インターンシップ

このインターンシップではコクヨの空間構築や工事事業等の講義を受けたあと、実際の現場に足を踏み入れ、内装施工業務体感できる内容になっています。

最終日には成果を発表する機会が設けられており、コクヨの雰囲気や社風をより体感できる内容となっています。

実施時期:
8/2~8/6の連続5日間

参加条件:
4年制大学以上在籍が必須
工学部建築学科・空間デザイン系を専攻または専攻予定者

開催地:
コクヨ霞ヶ関オフィス(東京都)

待遇:
(旅費交通費 )100km以上の遠方からご参加する方には弊社規定により一部補助あり
海外からの渡航費用は自己負担
(傷害保険 )会社負担

日程は以下の通りです。

・エントリー〆切:7/4 13:00
・書類選考:不明
・面接:不明
・合否連絡:不明

コクヨのインターンシップは今後の就活に活かせる内容

応募の条件は大学4年生以上となっていて、工学系やデザイン系を専攻している人が対象となっているものもあります。実際に参加できるのは各コース5名から8名程度でとあることから、インターンシップ通過は非常に狭き門であるといえるでしょう。

コクヨのインターン参加を検討される方は、ぜひこちらの記事を参考にしてください。また、コクヨへの入社を希望される方は、難関のインターンシップに挑戦し、本選考への第一歩としてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ