企業研究

【みずほ証券インターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

みずほ証券を研究!

みずほ証券は、「みずほフィナンシャルグループ」の中核会社のひとつです。大手証券会社として高いブランド力と知名度を誇り、志望先に考える就活生は多いでしょう。この記事ではみずほ証券のインターンについて説明します。

投資家と資金を求める企業などを結ぶ証券会社の役割は、多くの人が理解していると思われます。しかし多くの学生にとって、証券会社の中の様子や社員一人ひとりの業務に触れる機会はあまりないでしょう。その貴重なチャンスがインターンです。

漠然と憧れてきた証券会社の実務を体感することで、自分の適性や志望を現実的に見つめ直す機会にもなるでしょう。また、企業がインターンで出会った優秀な学生に注目してくれることもあります。証券業界を希望する就活生は、ぜひ検討してみてください。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2018年度実施の内容です。

みずほ証券の基本情報

みずほ証券は、日本の三大金融グループである、みずほフィナンシャルグループの総合証券会社です。グループが銀行・信託・証券の一体運営を推進する中で、みずほ証券は証券業界トップクラスの実績を残しています。

正式名称:みずほ証券株式会社
所在地:東京都千代田区大手町1-5-1 大手町ファーストスクエア
設立年:1917年
従業員数:7,554名
平均年齢:不明
平均勤続年数:不明

みずほ証券を企業研究

みずほ証券が属するみずほフィナンシャルグループは、いわゆる財閥系でない唯一のメガバンクグループです。合併を重ねた歴史のもと開かれた企業風土を自任し、「個」や多様性を尊重する人事方針を掲げています。

みずほ証券は、国内外のネットワークを生かしたグローバルビジネスを展開する一方、みずほ銀行との共同店舗化などグループ内の協働を進め、あらゆる相談にグループ内で応じることで総合的な金融サービスを提供することを目指しています。

新しい挑戦を促すために「失敗を含めた経験からの学び」を評価する人事運営を徹底するとしています。専門知識や金融マンにふさわしい倫理観はもちろん、挑戦しつづける意欲を持って自己成長をめざす人が歓迎されるでしょう。

みずほ証券インターンの選考フロー

みずほ証券のインターンに応募するには、応募動機の入力が必要です。応募者多数の場合は、抽選になります。

みずほ証券の選考対策

null

みずほ証券のインターン選考についてみていきます。みずほ証券のインターンは競争率が高く、選考を突破するのはなかなか難しいと言われています。みずほ証券のインターン選考を突破するためには、どういった能力や考え方が求められているのかを知っておくことが大切です。ここでは、過去のインターン選考通過者のESをご紹介します。

志望動機を明確にしておく

実際に貴社のビジネスを体感したいと思い応募した。なぜなら実質的な物が存在しない代わりに人との信頼関係が重要であり、かつ相手のニーズを見極め、対応することが求められる金融業界に興味があるからだ。それは家庭教師として相手に適した提案した経験に起因する。自分の持っている知識や経験を使い、自分にしかできない方法で達成できたことにやりがいを感じた。
また、証券会社に興味を持った理由は、金融緩和政策により貯蓄から投資の流れになりつつあるからである。その流れが定着することで、株式投資の割合が増え、企業の成長資金を潤す結果につながり、経済の活性化に貢献できると考えた。貴社のインターンは優秀な社員や学生が集まる。その環境の中で切磋琢磨しあうことで自分の限界に挑戦したい。そして難易度の高い問題に対してどのレベルまで思考できるのか、周りの人々の心を自分の提案力や説得力でどこまで動かすことができるのかを感じたい。

上記は、志望動機の回答です。金融業界に興味があるということを伝えた上で、その中でも証券会社を選んだ理由について具体的に述べています。また、金融の知識に加え、どのように貢献したいのかまでを伝えているのが特徴です。これらを踏まえた上でインターンに参加してやりたいことを述べているため、明確な目的を持っていることが伝わりやすいです。

学生時代に頑張ったことを具体的に伝える

家庭教師のアルバイトとして生徒自身に合った勉強方法を考え、目標を共に達成したことである。具体的には英熟語で生徒が好きな歌手が登場する妄想の物語を作った。なぜなら単語帳は物語性がなく、つまらないという生徒の意見からだ。単語帳の英熟語で物語を作ることは容易ではなかった。しかし私の強みである粘り強さを発揮し、過去使っていた8冊の参考書から例文を探すことで330個全ての英熟語を使った物語を完成させた。
好きな歌手の恋愛物語なので、生徒は今までは勉強していなかった通学時間にも読む気にもなり、英熟語に触れる時間が多くなった。結果、半年間で5個しか知らなかった熟語も330個全ての熟語を暗記できた。この例のように画一的な方法ではなく、相手に最も適した提案をすることで相手のニーズに答えられた。以上から相手のニーズを見極め、それに対応するために粘り強く取り組む姿勢が身についた。

上記は、学生時代に頑張ったことの回答文です。課題を解決するまでの過程が具体的に述べられています。効果の期待できる方法を考え、実際に根気強く取り組むことで結果を出せたという流れができているため、学生の考え方や人柄がイメージしやすくなっています。証券会社に必要とされる提案力も上手にアピールできている内容といえるでしょう。

みずほ証券インターンの内容と日程

みずほ証券のインターンシップには以下の10種類があります。

・全部門共通 3days
・全部門共通 1day
・グローバル投資銀行部門
・グローバルマーケッツ部門 セールス&トレーディングコース
・グローバルマーケッツ部門 クオンツコース
・グローバルマーケッツ部門 次世代トレーディングテクノロジーコース
・リサーチ部門 エクイティアナリストコース
・リサーチ部門 エコノミスト・債券アナリストコース
・コーポレート部門 リスクマネジメントコース
・コーポレート部門 ITシステムコース

いずれも1~5日間の短期インターンです。グローバルマーケッツ部門、リサーチ部門、コーポレート部門はコース別の設定で、より専門的な業務をリアルに体感できます。

全部門共通 3days

実際の営業に近い状況設定でのグループワークや、先輩社員との交流をおこないます。証券業務のおもしろさや、グループ一体運営の強みを体験します。

実施時期や参加条件は以下の通りです。

実施時期:
2019年2月 4日(月)~2月 6日(水)羽田研修センター
2019年2月11日(月)~2月13日(水)御茶ノ水ソラシティ

参加条件:
大学生または大学院生である(学部・学科・学年は不問)
すべての日程に参加できること

開催地:
東京・御茶ノ水

待遇:
交通費の支給あり

選考の日程は以下の通りです。

・エントリー〆切:
 一次締切:2018年12月25日(火)17:00
 最終締切:2019年 1月 4日(金)17:00
・適性検査・ES:不明
・面接:なし
・合否連絡:不明

全部門共通 1days

グループワークや先輩社員との交流を通じ、みずほ証券が目指す姿を伝えます。3daysのコンパクト版です。2017年9月や12月にも同様のインターンが実施されています。

実施時期や参加条件は以下の通りです。

実施時期:
【東京会場】 
12月12日(水)、13日(木)、19日(水)、20日(木)、21日(金)のいずれか
【大阪会場】 12月10日(月)11日(火)のいずれかの日 終日
【札幌会場】 12月15日(土)終日
【仙台会場】 12月14日(金)終日
【名古屋会場】12月17日(月)終日
【福岡会場】 12月18日(火)終日

参加条件:
大学生または大学院生である(学部・学科・学年は不問)
すべての日程に参加できること

開催地:
【東京会場】 みずほ証券本社(御茶ノ水ソラシティ)
【大阪会場】 みずほ証券関西支社(本町ガーデンシティ)
【札幌会場】 ACU-A(アスティ45)
【仙台会場】 TKP仙台カンファレンスセンター
【名古屋会場】ウインク愛知
【福岡会場】 エルガーラホール

■待遇
交通費の支給あり

選考の日程は以下の通りです。

・エントリー〆切:2018年11月12日(月)17:00
・適性検査・ES:不明
・面接:なし
・合否連絡:不明

グローバル投資銀行部門

第一線で活躍するバンカーのサポートを受けながらM&Aなどの投資銀行業務を体感します。実務への理解を深めるだけでなく、先輩社員との交流を通じてみずほ証券のグローバル投資の特徴を学びます。

実施時期や参加条件は以下の通りです。この部門は夏も同様のインターンの実施があります。

実施時期:
2019年2月18日(月)~2月22日(金)【5日間】

参加条件:
大学生または大学院生である(学部・学科・学年は不問)
すべての日程に参加できること

開催地:
東京

待遇:
交通費の支給あり

選考の日程は以下の通りです。

・エントリー〆切:
 一次締切:2018年12月24日(月) 17:00
 最終締切:2019年 1月 4日(金) 17:00
・適性検査・ES:不明
・面接:なし
・合否連絡:不明

グローバルマーケッツ部門・セールス&トレーディングコース

みずほ証券のトレーディングルームで実際の債券トレーディングを見学しながら債権ビジネスを学びます。ダイナミックでスピード感あふれる取引の現場を体感できます。このコースは夏も同様のインターンの実施があります。

実施時期や参加条件は以下の通りです。

実施時期:
 2019年 1月29日(火) ~2月22日(金) の中で日程応相談 【4日間】

参加条件:
大学生または大学院生である(学部・学科・学年は不問)
すべての日程に参加できること

開催地:
東京

待遇:
交通費の支給あり

選考の日程は以下の通りです。

・エントリー〆切:
 一次締切:2018年12月24日(月) 17:00
 最終締切:2019年 1月 4日(金) 17:00
・適性検査・ES:不明
・面接:なし
・合否連絡:不明

グローバルマーケッツ部門・クオンツコース

デリバティブビジネスやクオンツ業務の実際を理解するため、業務で使用されているモデルの開発などを体験します。このコースは夏も同様のインターンの実施があります。

実施時期や参加条件は以下の通りです。

実施時期:
 2019年 2月5日(水)~2月6日(木)または
2月14日(木)~2月15日(金)【2日間】

参加条件:
大学生または大学院生である(学部・学科・学年は不問)
すべての日程に参加できること

開催地:
東京

待遇:
交通費の支給あり

選考の日程は以下の通りです。

・エントリー〆切:
 一次締切:2018年12月24日(月) 17:00
 最終締切:2019年 1月 4日(金) 17:00
・適性検査・ES:不明
・面接:なし
・合否連絡:不明

グローバルマーケッツ部門・次世代トレーディングテクノロジーコース

人工知能(AI)による株価予測システムなど、トレーディングに関する技術の進歩は目覚ましいものがあります。このインターンでは、これからのトレード関連システムの業務などを体験します。このコースは夏も同様のインターンの実施があります。

実施時期や参加条件は以下の通りです。

実施時期:
2019年 2月18日(月)~2月22日(金) 【5日間】

参加条件:
大学生または大学院生である(学部・学科・学年は不問)
すべての日程に参加できること

開催地:
東京

待遇:
交通費の支給あり

選考の日程は以下の通りです。

・エントリー〆切:
 一次締切:2018年12月24日(月) 17:00
 最終締切:2019年 1月 4日(金) 17:00
・適性検査・ES:不明
・面接:なし
・合否連絡:不明

リサーチ部門・エクイティアナリストコース

上場企業の事業や株価の分析など、アナリストの株式業務について理解が深まるインターンとなります。現場で活躍するアナリストとの交流も設けられています。

実施時期:
2019年1月10日(木)~1月11日(金)【2日間】

参加条件:
大学生または大学院生である(学部・学科・学年は不問)
すべての日程に参加できること

開催地:
東京

待遇:
交通費の支給あり

選考の日程は以下の通りです。

・エントリー〆切:2018年12月17日(月)12:00
・選考:12月26日(水)
・適性検査・ES:(不明)
・面接:なし
・合否連絡:(不明)

リサーチ部門・エコノミスト債券アナリストコース

エコノミストや為替アナリストなどの講義をとおして、金融について理解が深まるプログラムになっています。また、グループワークを行いアナリスト業務を体感できます。

実施時期:
2019年2月18日(月)~2月22日(金)【5日間】

参加条件:
大学生または大学院生である(学部・学科・学年は不問)
すべての日程に参加できること

開催地:
東京

待遇:
交通費の支給あり

選考の日程は以下の通りです。

・エントリー〆切:
 一次締切:2018年12月24日(月) 17:00
 最終締切:2019年 1月 4日(金) 17:00
・適性検査・ES:(不明)
・面接:なし
・合否連絡:(不明)

コーポレート部門・リスクマネジメントコース

こちらのインターンでは、若手社員の指導を受けながら、実際の業務に近い設定でリスク管理の分析業務を体験できます。世界的にビジネスを展開している金融機関の、リスクマネジメントを垣間見ることができます。このコースは夏も同様のインターンの実施があります。

実施時期や参加条件は以下の通りです。

実施時期:
2019年 2月13日(水)~2月15日(金) 【3日間】

参加条件:
大学生または大学院生である(学部・学科・学年は不問)
すべての日程に参加できること

開催地:
東京

待遇:
交通費の支給あり

選考の日程は以下の通りです。

・エントリー〆切:
 一次締切:2018年12月24日(月) 17:00
 最終締切:2019年 1月 4日(金) 17:00
・適性検査・ES:(不明)
・面接:なし
・合否連絡:(不明)

コーポレート部門・ITシステムコース

金融業界にとってITシステムの重要性は高まる一方です。コーポレート部門・ITシステムコースでは、みずほ証券にとってITシステムがどう生かされているかを体感します。

実施時期や参加条件は以下の通りです。このコースは夏も同様のインターンの実施があります。

実施時期:
2019年 2月下旬 開催予定 【2日間】

参加条件:
大学生または大学院生である(学部・学科・学年は不問)
すべての日程に参加できること

開催地:
東京

待遇:
交通費の支給あり

選考の日程は以下の通りです。

・エントリー〆切:
 一次締切:2018年12月24日(月) 17:00
 最終締切:2019年 1月 4日(金) 17:00
・適性検査・ES:(不明)
・面接:なし
・合否連絡:(不明)

みずほ証券のインターンは興味のある内容から参加コースを選ぼう

null

みずほ証券は「One MIZUHO」のスローガンのもと銀行・信託・証券の一体運営を推進するみずほフィナンシャルグループで唯一の証券会社です。新しい発想や想像力で、グループ全体の成長をけん引しようとしています。

社員にも挑戦する意識と高い専門知識を求めており、インターンシップは専門職種を含む8コースが設けられています。ふだん入れないトレーディングルームの見学などもあり、グローバル展開する金融機関の中で繰り広げられる業務に触れる貴重な機会です。

インターンへの参加が企業や業務理解につながり、その後の就職活動に活かされます。実際の現場で自分の未来を想像しながら、インターンを有意義に活用しましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ