就活その他

【就活中のオフィスカジュアル】コーディネートとおすすめのアイテム

オフィスカジュアルな私服を指定する企業もある

就活ではスーツ着用が基本ですが、企業によっては面接時にオフィスカジュアルを指定してくる場合もあります。オフィスカジュアルはスーツよりも若干カジュアルになったものであり、どんな服装がこれにあたるのか分からずに悩んでいる人は多いです。

就活で私服OKな場合は基本的にはオフィスカジュアルになりますし、服装のマナーが守れていないとマイナスの印象を与えてしまいます。オフィスカジュアルを求める企業の思惑としては、社会人としての常識が身に付いているかを判断するための場合もありますし、服装には充分に注意が必要です。

オフィスカジュアルが指定されている場合も、身だしなみは細部までチェックされていますので、正しい服装を知っておきましょう。

【男女共通】オフィスカジュアルの基本

オフィスカジュアルで気をつけるべき点や着こなしのマナーなどは男女で違っていますが、共通している部分もあります。男女別のマナーを守って服装を考えることも大切ですが、最も重要となる基本の部分が守れていないと、マイナスの印象を与えてしまいますので注意が必要です。

基本をしっかりとおさえておけば、オフィスカジュアルはそれほど難しいものではありません。男女共通の基本部分を正しく理解して、オフィスカジュアルの服装について理解を深めていきましょう。

華美なものは避けてジャケットは必須で着用

オフィスカジュアルの場合は私服でOKですが、就活のためカジュアルすぎるものや華美なものは避けるようにしましょう。派手は服装をしていると、それだけでオフィスカジュアルではなくなってしまいますので注意が必要です。

カジュアルとついていますが、あくまでオフィスであることを忘れてはいけません。オフィスカジュアルの基本は男女ともにジャケットです。ジャケットの着用は必須であり、これはすべてのシーズンに言えることです。

女性の場合は服装によってはジャケットが必要ない場合もありますが、男性の場合は服装に関係なく必須となります。派手にならないためには色遣いも大切であり、2色~3色に抑えると全体をまとめやすいので、シンプルな服装を心がけましょう。

髪形や髪の色も個性的すぎるものはNG

オフィスカジュアルでは服装だけではなく、髪型や髪の色にも注意しなければなりません。明るすぎる髪色や個性的すぎる髪型はNGであり、これはスーツを着ている場合と同じです。

基本的な就活の基準で照らし合わせて髪色や髪型を考えていけば、それほど難しいものではありません。また髪の長さについても、男性は短髪・女性も長い髪はまとめるなど清潔感のある髪型を心がけましょう。

スーツを着ているときよりは若干カジュアルになりますが、清潔感は大切ですし、通常の就活と同じように整えておかなければなりません。特に女性の場合はオフィスカジュアルでは髪の毛をまとめずに面接などに臨んでしまう場合が多いので、ゴムやピンなどで忘れずにまとめるようにしましょう。

デニムやスウェット素材のものなどは避ける

就活のオフィスカジュアルでは服の素材にも注意が必要であり、デニム、スウェット素材のものなどは避けるようにしましょう。ジャケットなどを着用していたとしても、素材によってはカジュアルな印象を与えてしまいます。

カジュアルに見える素材は避け、ウールやコットンなどフォーマルでも使用されている素材のものを選ぶことが大切です。また小物にも注意が必要で、ブーツ、サンダル、スニーカー、リュックであったり、露出の多い服装などカジュアルな印象のアイテムはNGです。

小物によっても全体の印象は変わってきますし、身だしなみで好印象を与えるためには、細部までこだわる必要があります。素材や小物もフォーマルを意識して、服装を整えていきましょう。

【男性編】気を付けるべきポイントとおすすめアイテム

オフィスカジュアルの基本を知れば、男女それぞれで注意すべきポイントなどを確認していきましょう。男性の場合はオフィスカジュアルと言っても着られる服装などは限られていますが、それでも気を付けるべき点はいくつもあります。

可能な服装が限定的だからこそ、間違っていればすぐにわかりますし、充分に注意しなければなりません。オフィスカジュアルで気を付けるべき点を知り、おすすめのアイテムなども知って、上手に身だしなみを整えていきましょう。

ジャケットのインナーは白が基本

男性の場合はオフィスカジュアルではジャケットの着用が必須であり、ジャケットのインナーにも注意が必要です。ジャケットのインナーとしては白のシャツが基本であり、派手にならないように無地のものを選びましょう。

白以外の色であったり、柄付きのものだと、カジュアルな印象を与えてしまう可能性がありますので注意が必要です。また男性の場合はオールシーズンジャケットの着用ですので、ジャケットとインナーのシャツだけでは冬場などは寒い場合もあります。

寒い時期はインナーの上にベストやニットを重ねてもOKです。ベストやニットなどはそれほど指定はありませんが、派手になり過ぎない色味のものを選び、デザインも奇抜なものは避けるようにしましょう。

パンツはチノパンかスラックスがふさわしい

オフィスカジュアルのパンツは、チノパンやスラックスがふさわしいとされています。チノパンやスラックスなら、シャツやジャケットにも合わせやすく、コーディネートにも困りません。

シルエットも色々なものがありますが、太すぎるものはダボっとしてだらしない印象になってしまうため、スッキリとしたデザインのものを選びましょう。細すぎるタイトなパンツも、カジュアルすぎる印象を与えてしまいます。自分の体形にあったものが理想的です。パンツの色は、派手なものは避けて、黒やネイビー、ベージュ、グレーなどのベーシックな色を着るようにすれば、ビジネスにも使えます。短パンやジーンズはカジュアルすぎるため、ビジネスシーンではNGとなります。

ステンカラーコートやトレンチコートがおすすめ

真冬などはインナーの上にベストやニットを着ていても、寒さがしのげない場合もありますので、その場合はジャケットの上にコートを着ましょう。コートはスーツの時に着ているステンカラーコートやトレンチコートがおすすめです。

これらのコートであれば、オフィスカジュアルとしても充分使用できますし、合わせても不自然にならない場合も多いです。コート以外では小物にも注意が必要であり、コートと合わせてバッグもビジネスバッグをチョイスするといいでしょう。

また靴・鞄・ベルトの色はそろえておくと、コーディネートしやすいです。これらも派手になり過ぎないように黒や茶色などの色味を抑えたものを着用し、全体のバランスを整えていきましょう。

バッグや靴は革製のものを選ぶ

オフィスカジュアルでは、バックや靴も注意して選ぶ必要があります。布製のトートバックやリュックではカジュアルすぎる印象になります。オフィスカジュアルの時のバックは、革製のトートバックがおすすめです。黒やグレー、茶色などの落ち着いた色なら、ビジネスシーンでも違和感なく使うことができます。また、素材が革であれば、高級感があり、大人っぽい印象になるので社会人としても自然です。

大きさとしては、A4サイズの書類が無理なく入るサイズにしましょう。デザインはシンプルなもので、プリントや装飾は無い方が無難です。靴は、革靴が理想的です。先のとがったデザインのものや、光沢感があるものはふさわしくありません。スニーカーはカジュアルすぎるのでNGです。

【女性編】気を付けるべきポイントとおすすめアイテム

女性の場合は、オフィスカジュアルでも男性よりも着こなしの幅が広いので、正しい服装をしっかりと理解しておかなければなりません。着られる服が多いことで選択肢も広がりますが、逆に正しい服装を選ぶことが難しくもあります。

女性の場合も着こなしでは気を付けるべきポイントがいくつかありますし、コーディネートする上でおすすめのアイテムもあります。女性ならではの注意点を正しく理解して、オフィスカジュアルを上手に着こなしましょう。

ジャケットのインナーは白かパステルカラー

オフィスカジュアルでは男女ともにジャケット着用が基本であり、女性でもジャケットを着るシーンは多いです。ジャケットを着る場合はインナーに注意が必要であり、白もしくはパステルカラーのインナーを選びましょう。

男性の場合であれば白一択でしたが、女性の場合はパステルカラーも着用可能です。柔らかな印象を与えることができ、派手になり過ぎないものであれば、白以外の色でも問題はありません。

またインナーは必ずしも襟付きのシャツである必要はなく、ノーカラーのカットソーやニットでもOKです。女性はインナーひとつとっても着られる種類が多いですが、それぞれで与えられる印象は異なっています。与えたい印象に合わせて、インナーの色や種類も変えていきましょう。

フレアスカートやタックパンツが合わせやすい

女性のオフィスカジュアルでのボトムスは、フレアスカートやタックパンツが合わせやすくおすすめです。シャツやジャケットともコーディネートしやすいアイテムです。ウエストをボトムスに入れると、すっきりとした印象になります。

フレアスカートは女性らしい華やかなイメージです。大きなフリルのついたものや、派手な色は避けましょう。ピンクや水色などのパステルカラーを選ぶと爽やかです。

また、タックパンツも全体をすっきりと見せる効果があるのでおすすめです。白いシャツやブラウスに合わせると清潔感が出て、上品に見えます。ベージュや茶色なら、どんなトップスにも使えるので便利です。足が長くきれいに見えるシルエットのパンツを選ぶと良いでしょう。

ワンピースは無地やドットなど清楚なイメージのもの

女性の場合は、オフィスカジュアルの服装としてはワンピースも着用可能です。ワンピースを着る場合は無地やドットなど清楚なイメージで、カラーも清潔感があるものにし、膝丈のものを選びましょう。

丈が身近過ぎるとカジュアルな印象になりますし、長すぎてもだらしない印象を与えてしまいよくありません。ワンピースはシルエットも大切であり、身体のラインが出にくいものをチョイスする必要があります。ラインが出すぎると、これも派手な印象を与えてますので、印象が悪くなる可能性があります。

シルエットはゆったり目のものを選び、ダボッとしていてもベルトでウエストマークできるものを選ぶと良いでしょう。普通のワンピースではなく、ウエストマークされたシャツワンピースもおすすめです。

コートや小物は全体のバランスを見て選ぶ

オフィスカジュアルではコートやバッグなども重要であり、コートとバッグは男性同様、スーツ時に着ているコートがおすすめです。スーツ時に着ているものであれば、カジュアルには見えませんし、オフィスカジュアルに合わせても不自然ではありません。

女性の場合はスーツ同様、オフィスカジュアルでもスカートかパンツかを選ぶことができます。スカートは膝丈、かつ華美でないものを選ぶましょう。パンツも丈やサイズ感に注意が必要です。

またどちらを着用する場合でもストッキングは必須です。素足はNGですので、注意しなければなりません。靴はヒール高3~5㎝のパンプス選びましょう。ヒールが高過ぎると、カジュアルな印象を与えてしまいますので注意が必要です。

ストッキングを着用しヒールが低いパンプスを履く

ビジネスシーンでは、素足のまま靴を履くのはNGです。肌の色に近いベージュなどのストッキングを着用しましょう。ストッキングは、伝線しやすいので念のために予備をかばんに入れておくと安心です。

黒などの色がついたストッキングは、ビジネスシーンに好ましくないので避けましょう。パンプスは、ヒールが高すぎないものを選びます。服装に合わせて、黒やベージュ、ブラウンなどの落ち着いた色がおすすめです。1日中動き回ることもあるので、履きなれた靴を履くようにしましょう。

ヒールが高いと、派手な印象を与えてしまうだけでなく、足が疲れやすいというデメリットもあります。歩きやすい、自分の足のサイズに合ったものをあらかじめ用意しておくと良いでしょう。

就活における身だしなみはマニュアルを参考にしよう

就活において、自身の身だしなみに気を付けるのは印象をよくするためにも大切なことです。身だしなみがきちんとしていないと、社会人としての常識がないと思われてしまいます。そうした事態を防ぐためにも、就活マナーマニュアルを参考にしてみましょう。

身だしなみや入退室のマナー、言葉遣いなどについてまとめて知ることができます。無料の資料となっていますので、ぜひ活用してみてください。

就活にふさわしいオフィスカジュアルを心がける

就活では面接時などに、企業からオフィスカジュアルであったり、私服を指定される場合があります。オフィスカジュアルであれば、スーツ以外の服で面接に臨むことができますが、あくまで就活中であることを忘れてはいけません。

カジュアルな服装がOKとはいえ、就活中であることには変わりなく、フォーマルを意識した服装を心がけることが大切です。オフィスカジュアルでOKな場合でも、Tシャツにジーンズなどカジュアルすぎる服装で臨んでしまうとマイナスの印象を与えてしまいますし、評価も下げられていまいます。

就活中は常に身だしなみを意識して整えていかなければなりませんので、オフィスカジュアルの場合も正しい服装を心がけて、着こなしを考えていきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ