志望動機

【面接での志望動機の回答例文やポイント】内容や話し方を徹底解説

面接で成功の鍵を握るのは志望動機

面接攻略のカギを握っているのは志望動機ですので、例文などを参考にしながら、アピール力の高いものの作成が大切です。志望動機は履歴書でも求められるものですし、面接でも聞かれます。

頻出の質問ですので、絶対におさえておかなければならず、これが上手に回答できなければマイナスの印象を与えてしまいます。志望動機は企業を志すきっかけとなったものでもありますし、それが正しく伝えられなければ評価の対象にはなりません。

志望動機を上手に伝えると、評価される土俵に立てますし、内容が良ければ高評価を得られます。面接攻略には志望動機の作成は欠かせませんので、じっくり考えて面接を攻略していきましょう。

志望動機から面接官は何をみるか

アピール力の高い志望動機を作成するためには、そもそも志望動機を聞くことで企業は就活生の何を見ているのかを知っておく必要があります。志望動機のどのような点が評価されているのか、どんなものが求められているのかを知ることが、志望動機作成のヒントになります。

何が見られているのかを知らないままでは上手にアピールできませんし、高評価も得られません。志望動機を通して企業が何を見ているのかを正しく知って、志望動機作成のヒントを探していきましょう。

入社意欲

志望動機から企業が見ているポイントとしては、入社意欲が挙げられます。企業は就活生の話す志望動機から、企業への入社意欲や仕事への熱意を見ています。志望動機は単に企業を志望したきっかけを伝えるものではなく、企業への志望度の高さをアピールするものです。

志望動機が弱かったり、説得力に欠けるものであれば、企業への志望度は低いと評価され、不合格になってしまいます。反対に企業への志望度の高さが伝われば、仕事への意欲も高いとして好印象を与えられます。

企業としてもやる気のある人材、熱意ある人材を求めていますし、志望動機から熱意が感じられることは大切です。志望度の高さが伝わらなければ、やる気がないと判断されますので注意しなければなりません。

目指す人材像に一致するか

目指す人材像に一致するかも、企業が志望動機から見ているポイントの一つです。企業では採用にあたって求める人材像を掲げていますし、それが採用コンセプトになっています。

採用コンセプトは企業によって違いますし、企業が掲げる戦略などによっても違っています。志望動機は企業としての方向性や、それを実現するのに必要な、目指す人材像と一致するかを判断するものです。

企業の方向性と就活生の方向性があっているかどうかが判断されており、ここが違っていると不合格になる可能性が高いので注意が必要です。どれだけやる気があっても、それが企業とは全く違う方向性のものでは意味がありません。企業と考えが同じか、あるいは大きく違っていないかが判断されています。

能力や人柄

仕事をする上では仕事に対しての熱意や企業の方向性との一致も大切ですが、それだけではなく能力や人柄も重要です。どれだけやる気があっても、能力が全くなければ企業の仕事で活躍はできません。

方向性は一致していても、人柄が悪ければ協力して仕事が進められない場合もあります。企業は志望動機から就活生の能力や人柄を測りたいと考えており、業界研究・企業研究をどのぐらいしているかで評価は決定します。

業界・企業研究が徹底できていれば、情報収集能力の高さが分かりますし、就活への取り組み方から誠実さなども判断可能です。能力や人柄は仕事をする上では大切なものですし、企業で活躍し、成長するためにも必要ですので、志望動機では重要視されているポイントです。

志望動機に盛り込むポイント

志望動機から企業が見ているポイントを知れば、それに合わせて志望動機を考えていく必要があります。評価のポイントを知り、それらを踏まえて作成することで、アピール力の高い志望動機を完成できます。

志望動機のアピール力を高めるためには、どんな内容で書くかが重要です。よりアピール力の高い志望動機を作成するためには、盛り込むべきポイントもいくつかあります。必要なポイントをしっかり盛り込み、評価される志望動機を作成していきましょう。

会社に興味を持ったきっかけ

志望動機に盛り込みたいポイントとしては、なぜその会社を志望したかが挙げられます。これは志望動機で最も基本となる部分であり、かつ重要な部分です。志望動機とはそもそもなぜその企業を志望したかをアピールするためのものですので、十分な業界研究と企業研究に基づいて述べていきましょう。

まずはなぜその業界を志望したのかを明確にすることが大切であり、その上で業界内でもなぜその企業を選んだのかを説明していきます。業界はさまざまなものがありますし、一つの業界内にも企業はたくさんあります。

無数とも言える選択肢の中から、なぜ志望したのかを明確に伝えなければなりません。業界の特徴、企業独自の強みなどを踏まえ、そこでなければならない理由を伝えましょう。

取り組みたい内容

志望動機を述べる上で重要な一つが、「入社後に、自分がどのようなことに取り組んで仕事をしていきたいのか」という内容を具体的に伝えることです。就活をする上で、志望する企業の事業内容や社風、今まで歩んできた企業の歴史などを研究して、面接に備えます。採用担当者側は、自社の魅力を知った上で応募してくる就活生一人一人の違いをチェックしています。たくさんいる応募者の中で、いかに自分をアピールできるかがポイントになります。

そこで、自分が実際に入社した暁にはどんなプロジェクトや業務に取り組みたいのか、という姿勢や具体的な仕事内容などをまとめておきましょう。現時点での自分の考えをしっかりとまとめて、面接で伝える事が大切になってきます。

自分の将来像

志望動機では企業と就活生の方向性が一致しているかも見られていますので、その会社での自分の将来像もアピールしていきましょう。ただ漠然と将来像を伝えるだけではなく、自分のキャリアプランと企業の方向性が一致する点のアピールが大切です。

企業でどのように活躍し、どのように成長するかを企業の方向性に合わせて伝えていきましょう。志望動機では能力も見られていますが、基本的には能力重視ではなく、成長力重視で採用が決定していることが多いです。

そのため就職時の能力よりも、将来性が期待されていることが多く、将来性の高さをアピールすることが評価されるポイントでもあります。自分のキャリアプランを詳細にアピールし、企業で成長する姿もイメージさせていきましょう。

志望動機では「貢献したいこと」には触れない

企業面接を受けるときによく使われる言葉に「御社に貢献したい」というものがあります。貢献できるような仕事ができるように頑張りたい、という意志行事は大切です。しかし注意したいのは、貢献をしたいという内容に関しては述べる必要がありません。

なぜなら企業は新卒者に対して期待はしていますが、その時点で応募者がすぐに企業に貢献できる人物であることまでは望んでいないのです。もちろん将来的に企業の中心人物となり、企業にとってなくてはならない人材に育ってほしい、という気持ちはあります。しかし、現時点で学生である応募者に対してはあくまでも将来性をチェックしています。就活生はその点も把握しておくとよいでしょう。

新卒に対してすぐの貢献は求めていない

毎年新年度には多数の新卒者が企業に入社しますが、入社後はしばらくの間は研修やOJTなどの研修をする企業がほとんどです。企業研修をする理由は、学生から社会人になったばかりの新卒者はさまざまな面で社会人として企業人としての勉強が必要となるからです。

社会人として企業の一員となって働くには、ただ現場の仕事を覚えればよいというものではありません。社会人としての振る舞いや常識、心構えなどが身に付いていない状態で、各部署に配属された場合、現場の人間が一から教育します。社員は多数の仕事を抱えていますので、その上で新卒者に社会人としての教育もするということは、業務上でさまざまな時間的ロスになります。

また業務に支障がでる事になる可能性もあるります。これらの状況がらも、企業は新卒者に対して入社後すぐに実践的に使えるものだ、と思ってはいないのです。あくまでも将来的に、会社に貢献できる人間になって欲しいと考えているのです。

志望動機を話す時のポイント

志望動機を作成すれば、面接でそれを伝えていきますが、面接では話し方も大切です。志望動機の内容が良くても、話し方次第では魅力が半減してしまう場合もありますし、反対により評価される可能性もあります。

同じ内容でも話し方が違えば与えられる印象は変わりますし、得られる評価も違ってきます。志望動機で評価されるためには、話し方が重要です。上手な話し方のポイントを知り、志望動機をさらに魅力的に伝えていきましょう。

①結論から話す

結論から話すことも、面接で志望動機を話すときには大切です。結論から話しだすとアピール内容が明確になり、何についての話しなのか、相手は分かったうえで内容が聞けます。

根拠を伝えるときには具体例を盛り込みますが、すべて話しきれない時は、関連質問を誘導するような構成にすることが大切です。すべて話さなくても、面接官が気になるように疑問点を残しておけば後で深堀りされるでしょう。長々と話すのではなく、極力シンプルに伝えていきましょう。

③正しい言葉遣いをする

志望動機を話すときに限らず、面接全体で言えますが、正しい言葉づかいでテキパキと話すことも大切です。正しい言葉づかいができていなければマイナスの印象を与えますし、だらだらと話していても伝わりません。

言葉づかいとしては「御社」「わたくし」や「です・ます」「います・おります」などが注意しなければならないポイントです。普段から使い慣れていなければ、すっと出てきませんので、就活中は普段の生活の中から正しい言葉遣いを意識しておく必要があります。

また話す時の声は大きく、一本調子にならないよう抑揚や表情などを付けて話すことも大切です。抑揚がなく、無表情で話していると内容も伝わりにくくなります。

③抑揚や表情で感情を表す

就活生は、面接の練習をするときには質問されるさまざまな内容に対しての答えを事前に考えて準備していきます。答える内容はもちろん大切ですが、この内容をいかに面接官に伝えるかという方法もとても大切です。その伝える方法の中でも重要なのは、「抑揚や表情で感情を表す」です。

丁寧で失礼にならない言葉使いで話すことは最低限大事です。しかし、そればかりにこだわっていると、自分の本来の魅力や人間的な良さが面接官には伝わりません。同じ文章を話すにしても、無表情でただ文字を棒読みするだけだと、実は何を伝えたいのかがよく伝わらないのです。

言葉の端々に抑揚を付けたり、大事な内容のところでは笑顔で目を見つめる、など感情も込めて伝える工夫をしてみましょう。コミュニケーション学では、人と会話をするときに相手から受ける印象は、ボディーランゲージや視覚的な要素が多いともいわれています。つまり、相手に対する印象は、言葉以上に視覚から入る情報が重要なのです。面接では、自分らしさがでる表現を心がけてみましょう。

志望動機例文

志望動機を作成し、話し方のポイントを知れば、いよいよ面接本番となります。志望動機の作成は難しいですし、一度完成すればそれで終わりではありません。何度も改善を重ねることが大切ですし、繰り返し見直して修正していく必要があります。

より良い志望動機を作成するためには、さまざまな志望動機に触れ、色々な考えを知っておくことも大切です。志望動機の例文なども参考にしながら、志望動機の書き方を学び、改善に役立てていきましょう。

文系学生の志望動機例文

私は住宅販売の営業として働き、より良い住まいを提供し、多くの人の幸せを実現したいと考え、御社を志望しました。御社ではファミリー層に向けた戸建ての住宅販売に強みがあり、高機能住宅の開発にも強みがあります。より便利な住宅を販売し、豊かな生活を提供したいと考えています。私は大学時代カフェでアルバイトをし、常連のお客様の聞き役になることで傾聴力を身に付けました。御社でもお客様の意見にしっかり耳を傾け、本当に望むことを引き出し最高の物件を提供していきながら、人との関わりの中で成長していきたいと考えています。

文系学生の志望動機例文では、住宅系の営業職が例に挙げられています。例文では結論から述べられており、アピール内容を明確にすることでインパクトを持たせられています。

また企業独自の強みを踏まえてアピールすることで、企業研究を徹底できていることが伝わり、好印象です。仕事へのやる気だけではなく、自身の能力を提示し、それが企業でどのように役立つかも具体的に示されています。

理系学生の志望動機例文

私は研究職の立場から御社製品の開発を支え、より優れた技術を開発することで多くの人の役に立ちたいと考え、御社を志望しました。御社は白物家電に欠かせない部品の製造に強みがありますし、自社の家電製品にも強みがあります。現状の技術をより高めることで優れた家電製品を開発し、多くの人により便利な生活を提供したいと考えています。大学では電子工学を学び、電子部品についての研究を行いました。大学時代に培った知識やスキルを活かして、研究を進め、仕事をする中でさらに知識を深めて、新製品の開発や既存製品の品質アップに貢献したいと考えています。

理系学生の志望動機例文では、家電などの電子部品の研究職が例に挙げられています。志望動機が結論から語られていますし、企業独自の強みを踏まえたアピールもできています。

大学時代に学んだ内容を例に挙げることで、能力の高さをアピールできていますし、戦力としても期待できるため好印象です。企業での働きについても、仕事をしながらさらに知識を深めるとすることで、向上心の高さがアピールできています。新製品の開発や既存製品の品質アップなど、将来的な活躍を具体的に語ることで、企業で働くする姿もイメージしやすくなっています。

面接官を惹き付けるような志望動機を話そう

面接ではさまざまな質問がされ、それらのトータルした評価で評価が決定します。一つの質問で合否が決定することはほとんどありませんが、それでも質問ごとに重要度の違いはあります。

重要度の高い質問にいかに上手に答えられるかが、面接攻略のカギであり、志望動機は重要度の高い質問の一つです。志望動機が弱ければ、印象が悪くなりますし、面接でも不利になってしまう可能性が高いです。反対に志望動機を魅力的に伝えられれば、高評価となることも多く、面接の合格率も上がります。

志望動機は内容も大切ですが、面接での話し方も大切です。内容をしっかりと練り上げ、上手に話して志望動機を魅力的に伝えて面接官を惹きつけましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ