企業研究

【東芝インターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

東芝を研究!

東芝は、東芝グループの中核となる企業で、日立製作所、三菱電機と肩を並べる日本の大手電機メーカーです。エネルギー、社会インフラ、電子デバイス、デジタルソリューションの4つの事業を展開しています。

東芝は数多くの電化製品を手掛けており、東芝の商品を使ったことのある人も多いのではないでしょうか。東芝は、就活生からも注目を集める存在です。こちらの記事では、東芝のインターンの内容や選考フローなどについてまとめました。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2018年度実施の内容です。

東芝の基本情報

東芝は、家電のみならず、太陽光発電システムや道路機器システム、生態情報センサや小信号デバイスなど、多様な商品の研究および開発、製造、販売を手掛けています。東芝の商品は、国内に留まらず、海外にも提供されています。

正式名称:株式会社東芝
所在地:東京都港区芝浦一丁目1番1号
設立年:1904年6月
従業員数:3,462人
平均年齢:43.5歳
平均勤続年数:17.5年

東芝を企業研究

東芝は「人と、地球の、明日のために。」を経営理念に掲げ、「エネルギー」「ストレージ」「ヘルスケア」の事業に注力して社会に貢献するという考え方のもと、事業構造の改革に取り組んでいます。

また、エネルギー・社会インフラ・デジタルソリューションの4つの事業を、グローバルに展開しています。また、「エコ・リーディングカンパニー」を目指し、環境問題の解決と、人々が地球と調和して豊かに暮らすための「環境ビジョン2050」を目標としています。

東芝の求める人材とは、社会で叶えたい夢を持っている人、同じ目標を目指して協力することができる人、主体的に行動でき最後までやり遂げる人です。東芝の事業は多岐に渡りますが、それぞれが同じ目標に向かって、情熱を持って取り組むことができる人材が求められます。

東芝インターンの選考フロー

東芝インターンの選考フローは、エントリー・参加予約→OpenES提出→インターンシップ運営事務局から連絡です。

東芝の選考対策

null

東芝のインターン選考についてみていきます。東芝のインターンは競争率が高く、選考を突破するのはなかなか難しいと言われています。東芝のインターン選考を突破するためには、どういった能力や考え方が求められているのかを知っておくことが大切です。

志望理由を明確にしておく

東芝の過去のインターン選考のESでは、志望理由を問われたことがあります。東芝のインターンに参加する志望理由を明確にするには、企業について理解を深めておかなければなりません。また、それだけでなく業界全体についても調べ、業界の立ち位置を把握することで、「東芝ならでは」の情報を収集できるでしょう。

インターンに参加する目的を持つことが、志望理由を充実させることにつながります。インターンに参加して何がしたいのか、どのように成長したいのかが伝わる文章を作成しましょう。インターンは学生の成長を促す目的もあるため、成長意欲を上手にアピールしてください。

東芝が求める人物像を把握する

東芝のグループ理念体系は「経営理念」「私たちの存在意義」「私たちの価値観」の3つで構成されています。その中でも注目したいのが「私たちの価値観」です。この価値観を共に持ち続けられる社員を、東芝は求めているといえます。インターン参加であっても、選考時に共感を示すことが効果的な場面もあるのです。

「私たちの価値観」の内容は以下の5つです。

・誠実であり続ける
・変革への情熱を抱く
・未来を思い描く
・ともに生み出す

東芝インターンの内容と日程

東芝のインターンには夏期と冬期の2つのインターンがあります。そのほか、好条件g九やキャリア形成セミナーも実勢しています。

ここでは、夏期と冬期の2種類のインターンシップについてご紹介します。

①夏期インターンシップ

夏期インターンは、2週間コースと4週間コースの2度の開催です。公式HPの体験レポートによると、初日は東芝の事業・技術紹介などのセミナーが開かれ、2日目以降は各職場での実習、最終日は職場実習および成果発表、修了式、懇談会がおこなわれています。

実施時期や参加条件は以下の通りです。

実施時期:
・2018年8月20日~2018年8月31日(2週間コース)
・2018年8月20日~2018年9月14日(4週間コース)

参加条件:
不明

開催地:
各職場および東芝研修センター(新横浜)

夏期インターンのエントリー締め切りや選考の日程は、公開が終了されています。

②冬期インターンシップ

冬期インターンでは、業務を体験するうえで、仕事に対しての理解を深めます。研究開発からエンジニアなどの職種を希望する就活生が例年数多く参加しています。理系のみと思われがちですが、文系の就活生も参加できるようになっています。

実施時期や参加条件は以下の通りです。

実施時期:
2018年11月16日(金) ~ 2018年12月9日(日)

参加条件:
国内の技術系の大学および大学院に在籍している学部生、修士生、博士である
国内の高専に在籍している本科生、専攻科生である

開催地:
本社(東京都港区、神奈川県川崎市)、研究所、工場およびグループ会社(東京、神奈川が中心)

■待遇
交通費の支給あり
現住所からの通勤が片道2時間以上の学生に対し、宿泊施設を無償で提供
勤務日1日につき1,000円の食事代の支給あり

■その他
勤務時間は8時30分~17時15分
東芝の損害保険に加入する
障害を持つ学生のインターンシップも受け入れている

冬期インターンのエントリー締め切りや選考の日程は、公開が終了されています。

東芝のインターンに参加して働くイメージを付けよう

null

東芝は、家電や太陽光発電、電子機器など様々な製品を取り扱っており、私たちの生活にとても馴染みのある存在です。そんな東芝の裏側を覗くことのできる機会は、なかなかありません。東芝のインターンでは実際の業務に触れたり、工場を見学したりと、とても貴重な体験をすることができます。

東芝は夏期および冬期の長期インターンのほか、工場見学会やセミナーなどの短期インターンもおこなっています。前者は実際に各営業所に配属し、業務を体験します。工場見学では東芝の扱う商品の製造工程を見学し、セミナーでは社員による講話を聴くことができます。

企業ホームページや口コミの情報もいいですが、実際に現場に行って人に触れ合うことで分かることも多く、業務の知識も深められますので、ぜひインターンの参加を検討してください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ