企業研究

【リクルートキャリアインターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

リクルートキャリアを研究

リクルートホールディングスの中で、人材紹介事業と求人広告事業など人材採用に関わる事業を手掛けるリクルートキャリア。リクナビなど有名なコンテンツもあり、憧れを持つ学生も多いでしょう。

リクルートキャリアでは、キャリアアドバイスや採用コンサルなど人間力が求められる仕事が多いですが、インターンはどのようなことをするのでしょうか。この記事ではリクルートキャリアのインターンについて説明します。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2018年度実施の内容です。

リクルートキャリアの基本情報

リクルートキャリアは人材採用に関わる事業を手掛ける会社です。有名なサービスは就活サイトのリクナビと転職支援サービスのリクルートエージェントです。

正式名称:株式会社リクルートキャリア
所在地:東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
設立年:1977年
従業員数:3,912人
平均年齢:不明
平均勤続年数:男性5.8年 女性6.6年

リクルートキャリアを企業研究

リクルートキャリアの社風は一言で言うと「自由」です。チャレンジしたいことに自由にチャレンジができる、社員の主体性を大事にする企業といえるでしょう。

事業内容を簡単に言うと、働く人の就職支援と企業の採用活動のお手伝いです。人と企業とをつなげるのが、リクルートキャリアの仕事です。

リクルートキャリアには、“ひとりでも多くの人たちが「働く喜び」を膨らませ、「働く喜び」の輪が、新たな活力を生み出している社会を創りたい”というビジョンがあります。働くという人生の中で重要な要素を扱うため、リクルートキャリアでは何事にも本気で取り組むことが求められます。

リクルートキャリアのインターンの選考フロー

リクルートキャリアのインターンは、リクルートグループ合同で開催されています。各インターンの選考フローは、「webエントリー→ES提出→面接→合否連絡」です。インターン内容によっては、面接が2回あるようです。

また、webエントリーの際は企業公式採用ページから、専用のマイページへの登録を事前におこなう必要があります。各インターンの募集要項を確認した上で、自分が参加したいインターンと日程を選びましょう。

リクルートキャリアのインターンの選考対策

リクルートキャリアのインターンは競争率が高く、参加するのは難しいといわれています。リクルートキャリアのインターン選考を突破するためには、どういった回答が求められているのかを知っておくことが大切です。リクルートキャリアのインターン選考対策についてみていきます。

ESでは一番やりきった経験について問われる

リクルートキャリアのインターンでは、今までで一番やりきった経験について問われます。就活でよくある質問の、「学生時代に頑張ったこと」と同じような質問といえるでしょう。やりきった経験であれば成功体験・失敗経験のどちらでもかまわないため、その結果に辿り付くまでの過程について具体的に答えるようにしましょう。

企業は、一番やりきった経験を聞くことで、就活生が何かに取り組む時の姿勢をみています。一番やりきった経験を聞く企業側の意図を理解したうえで、工夫して答えることが大切だといえるでしょう。

面接ではモチベーショングラフを用いて回答する

リクルートキャリアの面接では、これまで一番力を入れた経験について問われます。ESでの質問と近い内容といえますが、面接ではモチベーショングラフに沿って回答するという違いがあるようです。モチベーショングラフとは、縦軸をモチベーション、横軸を時間として、自分の人生のモチベーションの上がり下がりを書きだすものです。このモチベーショングラフを使って、深掘りした回答が求められます。

モチベーショングラフは、自己分析の方法としても用いられるものです。インターンの面接の前に、自分でモチベーショングラフを作成して練習してみましょう。モチベーションの高い時と低い時のそれぞれの共通点を見つけて、自分の性格や特徴を知っておくと就活にも役立ちます。

リクルートキャリアのインターン内容と日程

リクルートキャリアのインターンは、その他のリクルートグループ企業と合同開催されます。起業家を数多く輩出するリクルートらしいインターン内容であり、そのプログラムの種類も豊富です。リクルートの社員として、社会を動かすことができる人材を目指し、働くということの意識を高めるような内容となっています。

リクルートのインターンに参加して働くということを真剣に考えることで、その後の就職活動によい影響を与えられるでしょう。

WOW INTERNSHIP

リクルートキャリアのインターンは、親会社であるリクルートとの合同インターンとしておこなわれる形となっています。 このWOW INTERNSHIPは、チームごとに分かれるグループワーク形式の短期インターンです。ですがWOW INTERNSHIPでは実際に、ワーク内で出てきた新規事業案が事業化される可能性がある、というところがポイントです。 自分のアイデアを一つの事業に起こすまでを、本格的に体験してみたい就活生にはおすすめのインターンといえるでしょう。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
2019年9月頃(予定)

参加条件:
大学1年生以上で就業経験のない方

開催地:
東京 リクルート本社および近隣オフィス
大阪 大阪支社もしくは近隣の会場
京都 京都市内の会場

待遇:
日当2万円 合計10万円
交通費支給
本格事業化検討案件を立案したチームには、企業の新規事業立案チームとの本格検討機会の提供および、事業化検討のための調査費300万円を予算化

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:
一次締切 2019年4月23日(火)15:00エントリーシート提出完了まで
二次締切 2019年6月(予定)
適性検査・ES:不明
面接:不明
合否連絡:不明

SPIRIT

こちらのインターンは、1週間程度の時間をかけておこなわれるものです。リクルートの事業を、地域の課題解決に活かすという体験ができるインターンとなっています。地域は日本国内のいずれかで、実施するテーマ内容によって変わってきます。 実際に企業の事業を地域活性化や課題解決にどう活かすかという部分で、自分の持っているアイデアや思考力が求められるインターン内容といえるでしょう。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
①2019年2月9日(土)~2月15日(金)
②2019年2月20日(水)~2月26日(火)

参加条件:
大学1年生以上で就業経験のない方

開催地:
初日・2日目:東京・リクルート本社にて事前研修
3日目~7日目:リクルート各地域の拠点(札幌、仙台、東京、長野、福井、名古屋、大阪、広島、松山、福岡)もしくは近隣の外部会場

待遇:
交通費・宿泊費支給

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:2018年11月26日(月)15:00
適性検査・ES:2018年11月27日(火)15:00提出完了まで
面接:不明
合否連絡:不明

RECRUIT BUSINESS ACADEMY

このインターンでは、主にリクルートがその事業経営の中で築き上げてきた戦略企画について学ぶことができる、2日間開催のインターンとなっています。 参加の際には実際に社員研修で使われるものと、同様の戦略企画メソッドを使った学習をおこなうため、実用的な戦略企画の考え方を身につけることができるインターン内容となっています。 何かを新しく企画することに興味、関心がある就活生におすすめのインターンといえるでしょう。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
①2018年11月24日(土)〜25日(日):東京
②2018年12月1日(土)〜2日(日):東京
③2018年12月8日(土)〜9日(日):京都

参加条件:
大学1年生以上で就業経験のない方

開催地:
東京 リクルート本社および近隣の会場予定
京都 京都駅もしくは近隣の会場予定

待遇:
交通費支給、食事の手配あり

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:2018年10月11日(木)15:00
適性検査・ES:2018年10月12日(金)15:00提出完了まで
面接:不明
合否連絡:不明

DESHIP

DESHIPは「弟子」と「インターンシップ」という2つの単語をかけ合わせたタイトルの、リクルート流の長期インターンです。営業・企画の2コースが用意され、各コースで実施期間中に一定の成果を残すと、さらに上の戦略DESHIPに参加することができるようになっています。 実際のリクルートで業務を体験しながら、社員に弟子入りする形で自分の能力を高めていくことができる、個性的なインターンです。インターンを通じて成長したいと思っている就活生におすすめです。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
2019年2月~3月

参加条件:
大学1年生以上で就業経験のない方

開催地:
本社 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー
※部署によっては東京都内のその他の拠点の可能性があります。 (銀座・目黒・田町など)

待遇:
報酬 1時間あたり1,000円
交通費支給
期間中の宿泊費の一部を負担

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:2018年10月11日(木)15:00
適性検査・ES:不明
面接:不明
合否連絡:不明

マーケットを動かすITプロダクトを企画せよ

こちらは、主にリクルートグループのIT関連の事業体験ができる短期インターンとなっています。 実際にリクルートの事業で直面している課題をテーマに、ITプロダクトの企画立案などに挑戦するのが、主な実施内容です。すでにおこなわれているビジネス実例に触れることもできるため、リクルートのIT事業がどういったものかを学ぶ良い機会でもあるといえるでしょう。 参加者の中で優秀なチームには、「アジアのシリコンバレー」と呼ばれる中国の「深セン市」へのツアーへの招待もおこなわれる予定です。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
2018年11月26日(月)~12月14日(金)
必須出社日:2018年11月26日(月)、27日(火)、12月5日(水)、10日(月)、14日(金)の5日間
※必須出社日以外のスケジュールはチームメンバーと各自相談

参加条件:
大学1年生以上で就業経験のない方 学年/専攻不問

開催地:
株式会社リクルート 本社 グラントウキョウサウスタワー他

待遇:
参加報酬 5万円
優秀チームは「深センツアー(中国)」へ招待
遠方参加者は交通費、宿泊費支給あり

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:2018年10月11日(木)15:00
適性検査・ES:2018年10月12日(金)15:00まで
面接:2018年10月中旬開始を想定
合否連絡:2018年11月上旬〜中旬を想定

研究思考をビジネスの世界で回せ

このインターンでは、学業や研究で培われてきた仮説思考を、実際のビジネスの世界で実践する方法を学べる短期インターンです。実際のビジネステーマを基に分析、仮説を立てて、実在するクライアントの課題解決を考えるのが主な実施内容となっています。 インターンでは事前にデータ分析スキルを習得するための研修もおこなわれるため、データ分析初心者であっても気軽に参加できるようになっています。 研究や実験などの学業で学んだ能力を、社会に出て活かすにはどうしたらいいかを学ぶことができるインターンです。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
2018年11月24日(土)、11月25日(日)、12月1日(土)

参加条件:
大学1年生以上で就業経験のない方 (学年・専攻・専門スキル不問)

開催地:
株式会社リクルート本社 グラントウキョウサウスタワー他

待遇:
参加報酬:3万円
遠方参加者への交通費・宿泊費の支給あり 

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:2018年10月11日(木)15:00
適性検査・ES:2018年10月12日(金)15:00まで
面接:2018年10月中旬開始を想定
合否連絡:2018年11月上旬〜中旬を想定

GLIP

このGLIPでは、新興国を中心に海外で就業経験を積むことができる長期インターンとなっています。将来海外で働きたい就活生や、今までと違う環境で自己成長を遂げたい就活生にとっては、大変良いインターンと言えるでしょう。 海外派遣の前に国内での研修もおこなわれるため、参加する前の心構えや準備をした上で海外へ旅立つことができます。 参加にあたってはパスポートなど、一部自己負担での準備が必要になります。公式ページで事前に確認する必要があるでしょう。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
2018年9月7日(金)~2018年9月16日(日)

参加条件:
大学1年生以上で就業経験のない方

開催地:
ミャンマーもしくはベトナム

待遇:
ビザ取得に必要な費用の支給あり(ミャンマーのみ商業ビザの取得が必要)
研修時の宿泊費支給あり(研修場所から移動距離が100km以上の方のみ)
渡航国への往復航空運賃、現地での宿泊費の支給あり

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:2018年7月5日(木)13:00
適性検査・ES:7/6 (金) 18:00まで
面接:不明
合否連絡:不明

リクルートキャリアのインターンに参加しよう

リクルートキャリアのインターンは、リクルートグループで合同開催されます。リクルートキャリアの仕事内容を体験するという内容ではありませんが、意識の高い同世代の学生と過ごすインターンは、その後の就職活動にもよい影響を与えるでしょう。

リクルートのインターンは、就職活動の中で「働く」ということについて真剣に考えるよい機会になります。ぜひ参加を検討してみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ