企業研究

【日本政策投資銀行インターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

日本政策投資銀行を研究!

日本政策投資銀行は、政府が出資している政策金融機関のひとつです。日本経済の発展と国民生活の貢献を目指し、「金融力で未来をデザインします」という企業理念を掲げています。最先端の金融手法を用いて、さまざまな産業や大規模プロジェクトへ参入しています。

ここでは、日本政策投資銀行のインターンの実施時期や内容などをご紹介します。日本政策投資銀行への就職を検討している学生は、ぜひ参考にしてください。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2018年度実施の内容です。

日本政策投資銀行の基本情報

日本政策投資銀行は、金融という手法を用いて、日本の未来作りを牽引しています。高い審査能力と高度な金融手法を使い、「投融資一体型の金融サービス」を提供する専門性の高い会社です。日本政策投資銀行について、設立年や従業員数などの基本情報をご紹介します。

正式名称:株式会社日本政策投資銀行
所在地:東京都千代田区大手町1丁目9番6号 大手町フィナンシャルシティ サウスタワー
設立年:2008年
従業員数:1,182名(平成30年3月31日時点)
平均年齢:38.3歳(平成30年3月31日時点)
平均勤続年数:14.4歳(平成30年3月31日時点)

日本政策投資銀行を企業研究

日本政策投資銀行は、常に変化を続ける時代のニーズに対応するために革新をおこなっています。そのため、常に変化に挑戦し続ける社風だといえるでしょう。また、従業員数も少ないため、風通しの良い職場でもあります。

事業内容は、お客様への高度な金融サービスの提供です。融資、投資、コンサルティング・アドバイザイリーといった業務を通じて、日本社会の豊かな未来づくりに貢献しています。

求められる人材は、高い問題意識と使命感を持ち、日本経済が直面する課題に対して前向きに取り組む意欲と行動力のある人です。さらに、幅広い視野で物事を捉える力も重要です。

日本投資銀行インターンの選考フロー

日本政策投資銀行のインターンの選考フローは、エントリー→ES提出・WEB適性検査→書類選考→面接→合否連絡→インターン参加です。面接は東京、大阪の2ヵ所で行われます。

日本政策投資銀行インターンの内容と日程

ここでは、現在掲載中の4日間通しでおこなわれるインターンについて紹介します。内容と日時は随時更新されますので、見逃さないよう細目なチェックをおすすめします。

①DBJ INTERNSHIP

日本政策投資銀行が実施するDBJ INTERNSHIPは、4日間のインターンです。 日本政策投資銀行ならではの充実したプログラムを通じて、日本政策投資銀行の金融力や魅力を体感できるインターンです。 プログラムの内容は、オリエンテーション、企業分析に関するケーススタディ、 日本政策投資銀行の取り組んだプロジェクトをテーマにしたグループワークとプレゼンテーション、現場職員との座談会などを予定しています。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

■実施時期
①2019年2月5日(火)~2月8日(金)
②2019年2月19日(火)~2月22日(金)

■参加条件
大学生及び大学院生の方
学年・学部・学科不問
全4日間のプログラムに参加できる方

■開催地
東京(大手町フィナンシャルシティ・サウスタワー)

■待遇
報酬・交通費の支給なし

選考の日程は以下のとおりです。

  • エントリー〆切:2018年12月13日
  • 適性検査・ES:2018年12月13日

まとめ

日本政策投資銀行のインターンは、日本政策投資銀行を理解できるプログラムとなっています。学生にとって、銀行業務は馴染みのない仕事です。インターンへの参加は、日本政策投資銀行の業務を理解する大きなチャンスといえるでしょう。日本政策投資銀行への就職を検討している学生は、積極的にインターンに参加してみてください。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ