企業研究

【ローソンインターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

ローソンを研究!

物を売る仕事は、我々がよく目にする店舗内の仕事以外に、企業運営に携わる仕事もあります。企業としての小売店やコンビニエンスストアなどの仕事に携わりたい人は、仕事内容をより詳しく知りたいと思うでしょう。これらの業界でも当然インターンシップはおこなわれているので、しっかりチェックしておきたいところです。

ここはコンビニエンスストア業界から、ローソンのインターンシップについて日程や内容などを調べてみました。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2018年度実施の内容です。

ローソンの基本情報

ローソンはコンビニエンスストア業界の中でも、国内店舗数第2位の大手企業になります。出店している地域も国内で約13,000店舗以上、日本以外では中国やインドネシアなど、主にアジア圏を中心に出店しています。

正式名称:株式会社ローソン
所在地:東京都品川区大崎一丁目11番2号
設立年:1975年
従業員数:4,444人
平均年齢:39.9歳
平均勤続年数:12.4年

ローソンを企業研究

ローソンは自社の業務を「お客さま、マチ、お店」を起点としています。顧客のニーズと変化に応じた仕事をおこない、「マチの暮らしにとって、なくてはならない存在」になるという目標を掲げ、社員全員で実行しています。

ローソンの事業はコンビニエンスストアの展開ですが、出店する地域に合わせて、複数の店舗形態を持っているのが特徴です。女性向けのラインナップ主体の店舗や病院内の出店など、コンビニエンスストアが必要になる場所ごとの商品・店舗展開をしています。

ローソンで求められている人材は、地域の望む仕事の業態や店舗の形を、進んで考えつつ働ける人です。コンビニとしてかけられる期待にどれだけ応えられるか、という部分も大事にできる人材と言えるでしょう。

ローソンインターンの選考フロー

ローソンのインターン選考フローは、企業HPでマイページ作成→予約フォームから予約→企業から予約完了の返信で予約確定です。

「鬼ヶ島襲撃事件を捜査せよ! -英雄の嘘を暴け-」および「コンサルティング体感1DAYインターンシップ」共通です。

ローソンインターンの選考対策

ローソンのインターン選考は予約フォームより簡単な情報を入力し、満席でない日程を選択するのみです。選考は特に行われていないようです。開催日程が複数回となっているため、日程を合わせて参加できます。

ローソンインターンの内容と日程

ローソンのインターンは、主に1Dayインターンのみになっています。そのため交通費などの支給はありませんが、期間中複数の地域で開催されており、東京や大阪などの

主要都市での開催でもあるため、参加するのはそこまで難しくはありません。

開催される内容は仕事を体験できる一般的なインターン以外に、より実際の仕事に踏み込んだ内容を体験できるインターンも用意されています。ロールプレイや就職に向けての

相談など、実際に就職した後のイメージを作りやすくなる内容が多く、就職後のイメージを固めるのにも良い内容になっています。

鬼ヶ島襲撃事件を捜査せよ! -英雄の嘘を暴け-

桃太郎の嘘を60分で暴け。体感型インターンシップ20名~40名 / 回
日本昔話である「桃太郎」を別の角度から見た、体感型のインターンシップです。内容の詳細は明かされておらず、参加してからのお楽しみ。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
2018年8月~複数回

参加条件:
4年制大学以上に在籍
※大学三年生および大学院一年生を推奨

開催地:
東京・札幌・仙台・大阪・福岡

待遇:
報酬や交通費の支給無し

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:不明
適性検査・ES:なし
面接:なし
合否連絡:予約完了の返信で予約確定

コンサルティング体感1DAYインターンシップ

ローソンのコンサルティングのやりがいと難しさを、ロールプレイを通じて疑似体験。
実施時期や参加条件は以下のとおりです。

実施時期:
2018年8月~複数回

参加条件:
4年制大学以上に在籍
※大学三年生および大学院一年生を推奨

開催地:
東京・札幌・仙台・大阪・福岡

待遇:
報酬や交通費の支給無し

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:不明
適性検査・ES:なし
面接:なし
合否連絡:予約完了の返信で予約確定

まとめ

ローソンのインターンは、短期間で業務内容を体験することができるインターンなので、気軽に参加することができます。インターンに参加することで、普段コンビニエンスストアとして利用しているだけでは分からない、ローソン全体の事業展開や内容が理解できるようになるでしょう。普段の生活で何気なく使用している店舗や企業について、より理解が深められるのはインターンならではです。

長期インターンに参加できないという就活生にとって、1Dayインターンはメリットも多いと思われます。インターンの開催日程が短いと、その分様々な企業のインターンに参加することもできます。企業の仕事内容を詳しく知った上で比較することも、企業研究などに役に立つことでしょう。

 

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ