企業研究

【朝日放送インターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

朝日放送を研究!

朝日放送は、近畿地方を中心に放送事業を展開する会社です。ラジオ放送とテレビ放送の両方を受け持つ兼営局として地元でも親しまれています。朝日放送では、年に3種類のインターンを開催しています。この3種類のインターンはどれも2段階に分かれており、1Dayインターンから選抜されたメンバーのみ、「実践編」に参加するという特殊な仕組みになっています。この記事では、実践編の選考の判断基準にもなる1Dayインターンの情報についてご紹介します。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2017年度実施の内容です。

朝日放送の基本情報

朝日放送は、1951年に大阪市福島区に設立されました。ラジオやテレビ放送中心に事業を展開し、現在ではアニメーション制作や海外向けの番組作成など、さまざまなジャンルを手がけています。今後も時代の変化に応じて、さまざまな変革を遂げることが予測できます。

正式名称:朝日放送株式会社
所在地:大阪市福島区福島1-1-30
設立年:1951年
従業員数:649名(2017年6月時点)

 

朝日放送を企業研究

朝日放送は「愛のあふれるオープンな会社」です。これは、株主でもある朝日新聞との人材交流が盛んであることや、平和や自由を尊重している社風から読み取ることができます。「創造的であれ」というコンセプトからは、他にはない独自性を追求していることが分かります。また「関西ナンバーワン、世界へ。」というスローガンからは、さらなる進化を求めて世界に進出するような対外志向が強いことがうかがえます。このことから朝日放送では「人情や愛情をもって仕事に取り組み、世界にはばたけるクリエイティブな人材」が求められているといえるでしょう。

出典:http://corp.asahi.co.jp/ja/ir/message.html

朝日放送インターンの選考フロー

朝日放送におけるインターンの選考フローは、公表されていません。

朝日放送のインターンHPからエントリーする仕組みになっていますが、その後の流れは不明です。しかし、インターンに参加して選抜された人のみ、11月に開催される「実践編」への参加権を得ることができます。そのため、インターンでの活躍が実践編の選抜に深く関係しているといえるでしょう。

朝日放送インターンの内容と日程

2017年度における朝日放送のインターンは、大きく分けて3種類のコースがあります。

「アナウンスコース」は、現役アナウンサーとの講習や対談を通して、アナウンス業務についての理解を深めるコースです。「総合コース」は、番組の企画制作やテレビ収録の裏側など、放送業界の総合的な業務を見学する内容となっています。「技術・ITコース」は、放送業界の現場で取り入れられている、最新技術や機械について理解を深める内容となっています。

3つのコースのいずれも、1年のうち10月に1回ずつ開催され、1日のみの日程が組まれています。4年制大学または大学院の学生を対象としており、開催場所は大阪にある「朝日放送本社」に限定されています。

また、報酬や交通費の支給はありませんが、インターンに参加して選抜された学生は、11月におこなわれる実践編のインターンに参加することができる仕組みとなっています。

①朝日放送1Dayインターン アナウンスコース

アナウンスコースは、1年のうち10月中旬に1回おこなわれます。体験内容は、現役のアナウンサーから技術講習を受けたり、若手アナウンサーから放送業界の現実や裏話などが聞ける座談会などがおこなわれます。このインターンで選抜メンバーに選ばれると、11月におこなわれる実践編に参加することができます。

■実施時期
2017年10月14日(土)、11月

■参加条件
4年制大学の学生
大学院に在学中の学生

■開催地
朝日放送本社(大阪市福島区)

■待遇
報酬なし
交通費支給なし

■その他
選抜者のみ11月の実践編に参加
応募〆切:2017年9月20日

※選考や合否連絡の日程は公表されていません。

 

②朝日放送1Dayインターン 総合コース

総合コースは、1年のうち10月下旬に開催されます。体験内容は、業界の最前線で活躍するクリエイターたちの講習や、バラエティ番組の収録見学などです。このインターンで選抜された人のみ、11月の実践編に参加することができますが、その際4つのコースに分かれて実習体験をおこなうようです。

■実施時期
2017年10月22日(日)、11月

■参加条件
4年制大学の学生
大学院に在学中の学生

■開催地
朝日放送本社(大阪市福島区)

■待遇
報酬なし
交通費支給なし

■その他
選抜者のみ11月の実践編に参加
応募〆切:2017年9月20日

※選考や合否連絡の日程は公表されていません。

 

③朝日放送1Dayインターン 技術・ITコース

技術・ITコースは、1年のうち10月中旬に開催されます。体験内容は、実際の現場でおこなわれている最新技術についてのレクチャーや、放送設備・スタジオなどの見学となっています。普段テレビでは見ることができない技術・設備についての知識を、深められる機会となるでしょう。

■実施時期
2017年10月15日(日)、11月

■参加条件
4年制大学の学生
大学院に在学中の学生

■開催地
朝日放送本社(大阪市福島区)

■待遇
報酬なし
交通費支給なし

■その他
選抜者のみ11月の実践編に参加
応募〆切:2017年9月20日

※選考や合否連絡の日程は公表されていません。

まとめ

朝日放送のインターンは、3種類のコースがあることが分かりました。

コースによって実施内容は異なりますが、どれも講習や対談などのディスカッションや、テレビ収録やスタジオなどの現場見学をおこなう体験内容となっています。

開催時期は10月のうち中旬か下旬におこなわれ、どれも1日のみの日程が組まれています。参加条件は、4年制の大学生か大学院生に限定され、開催場所は大阪にある本社で統一されています。

いずれの場合も、インターンの結果をもとに選抜された学生には、11月におこなわれる実践編への参加権が与えられるます。。このインターンは、名前にもある通り実践を通した、技術的な実習をともなう内容であると予測することができます。また技術・ITコースにおいては、報道・制作・スポーツ・ビジネスの4つのコースに分かれるようです。

いずれも、実際の現場の空気を生で感じることができる貴重なインターンとなっています。テレビ業界や放送業界に興味がある方は、インターンへの参加を検討してみてはいかがでしょうか。

 

監修者プロフィール

kaoru.aoyama@theport.jpのプロフィール画像
吉川 智也 (よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ