企業研究

【NTTコムウェア インターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

NTTコムウェアを研究

NTTコムウェアは、ICTソリューション事業を手掛ける会社のひとつです。NTTグループの会社ということもあり、学生からの人気も高くなっています。。

「NTTコムウェアの社員と交流を図りたい」「自分のスキルを試してみたい」そんな方に向けたインターンシップが用意されています。

インターンでは、職場や社員の雰囲気などが実際に体感できます。NTTコムウェアを志望している方はもちろん、ICT業界に興味ある方も、ぜひインターンへの参加を検討してみてはいかがでしょうか。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2018年度実施の内容です。

NTTコムウェアの基本情報

NTTコムウェアの本社は東京都港区あります。NTTの子会社で、日本電信電話株式会社内に、中央ソフトウェアセンタとして発足しました。トータルICTソリューション事業をおこなう大手の企業です。所在地や従業員数などの基本情報は、以下の通りです。

正式名称:エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社
所在地:東京都港区港南1-9-1 NTT品川TWINS アネックスビル
設立年:1997年
従業員数:6,315人(2018年3月末時点)

NTTコムウェアを企業研究

若手の育成やワーク・ライフ・バランスを重視している社風が魅力的です。仕事だけではなく、プライベートも充実できるため、従業員にとって働きやすい環境が整えられています。

事業内容については、情報通信システムの開発や電気通信工事の請負などの通信インフラをおこなっています。

NTTコムウェアでは、「思考力」、「活動力」、「コミュニケーション力」の3つの力を持ち、困難なことでも真剣に取り組める人物が求められているようです。

NTTコムウェアの選考フロー

NTTコムウェアのインターンの選考フローは、エントリー→ES提出→書類選考→合否連絡です。

NTTコムウェアのインターン内容と日程

インターンは、グループワークなどの体験型インターンになっているため、学生にとって刺激のある良い経験が積めそうです。

詳細は下記でご紹介します。

①Comware Internship 大規模プロジェクト推進コース

Comware Internship 大規模プロジェクト推進コースは、1dayタイプのインターンです。 NTTコムウェアオリジナルのグループワークで、プロジェクト能力を鍛えることができます。 計画力や周囲を巻き込む力、冷静な判断・決断力を向上させたい人にはおすすめです。 

実施時期:
東京
2019年 1月19日(土)、20日(日)、2月1日(金)、2日(土)、6日(水)、14日(木)、15日(金)
大阪
2019年 1月26日(土)、2月9日(土)、10日(日)

加条件:
学部・学科問わず、大学生・大学院生・専門学校生・高専生であれば参加可能
ICTの知識やプログラミング経験不要

開催地:
東京、大阪

待遇:
報酬なし。遠方より参加の場合、交通費の一部補助あり。

まとめ

NTTコムウェアのインターンはコースが分かれているので、自分の興味あるプログラムを選択できます。

インターンは、→エントリー→ES提出→書類選考→合否連絡という流れで進んでいきます。そのため、ESの記入は手を抜かずに書く必要があります。

グループワークを通して、自身のアイデアを形にすることができるため、楽しみながらインターンを経験できそうです。「自分は将来的にどういった仕事をしたいのか」という疑問を解決するためにも、NTTコムウェアのインターンシップに参加してみてはいかがでしょうか。

 

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ