インターン

【キーエンスインターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

キーエンスを研究!

有価証券報告書では平均年収1,000万円を超えており、年々右肩上がりの成長を続けているのが大きな特徴のキーエンス。入社1年目から高い年収を得られるため、興味を持っている学生も多くいるのではないでしょうか。

この記事ではキーエンスが実施するインターンシップを説明していきます。

高年収を得られる企業として知られている一方で、キーエンスが展開する事業や詳しい業務内容はあまり知られていないかもしれません。どんな仕事をするのかを知るためにも、ぜひインターン参加を検討してみてください。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2017年度実施の内容です。

キーエンスの基本情報

キーエンスは世の中に存在しない新しい商品を開発する電気・電子機器を扱う総合電機メーカーです。付加価値のある商品を提供・提案し続け、世界45ヶ国200拠点で事業を展開しており、顧客視点からの高いコンサルティングを実現しています。

正式名称:株式会社キーエンス
所在地:大阪府大阪市東淀川区東中島1-3-14
設立年:1974年5月27日
従業員数:5,670人
平均年齢:36.1歳
平均勤続年数:12.4年

キーエンスを企業研究

キーエンスでは「最小の資本と人で、最大の付加価値をあげる」という経営理念を掲げて、商品開発において顧客の実現したいことや問題・課題が何なのかを常に考えながら、世界中のモノづくりを支えています。

事業内容は「センサ、測定器」「画像処理機器」「制御・計測機器」「研究・開発用解析機器」「ビジネス情報機器」商品の開発で、顧客が必要とする商品を作るために綿密なコンサルティングもおこなわれています。

また、キーエンスでは上司部下といった関係を取り払い、年齢やキャリアにとらわれない働き方を実現している企業となっています。そのため、自発的に考えて行動できる人材を求めていて、優秀であることに加えて前向きな姿勢が必要となります。

キーエンスインターンの選考フロー

キーエンスのインターンの選考フローは、【リクナビでプレエントリー→マイページのイベント予約から希望日を選択】という流れになっています。ただし、「【エンジニア職】 自己分析合宿KeyCamp360」は理系学生限定となっています。

各日とも定員数が設けられているため、キーエンスのインターンシップ参加希望者は早めに予約するといいでしょう。

キーエンスインターンの内容と日程

キーエンスのインターンには、以下の2種類があります。

・ビジネス職

・エンジニア職

ビジネス職はいずれも1日の超短期インターンとなっており、エンジニア職は1泊2日の合宿形式によるインターンとなっています。

キーエンスが行っているコンサルティングセールスをケーススタディから学ぶことができ、社員の生の声も聞くことができるのが大きな特徴。また、エンジニア職では徹底した自己分析研究が行えるため、就職活動に役立つ経験を得られる内容となっています。

①ビジネス職 Winterインターンシップ

ビジネス職のインターンでは事業内容紹介が行われ、コンサルティングセールスの事例をグループワーク形式で学びます。グループワークを中心とした内容となっているため、コミュニケーション能力を磨くだけでなく、他の就活生との交流ができる場となっています。

また、実施後には社員からコンサルティングの解説がされるため、実際の業務内容を知ることができます。

実施時期や参加条件は以下の通りとなっています。

■実施時期
2018年1月31日、2月5日、2月16日(大阪会場)
2018年2日1日~2日、2月14日~15日(東京会場)

■参加条件
2018年4月~2019年3月に四年制大学卒業、大学院修了見込みである
学部学科は不問

■開催地
東京会場(トラストシティ カンファレンス丸の内)
大阪会場(キーエンス本社ビル)

■待遇
なし

選考の日程は以下のとおりです。

・エントリー〆切:(2018年1月31日)
・適性検査・ES:不明
・面接:不明
・合否連絡:不明

②エンジニア職 自己分析合宿KeyCamp360

エンジニア職のインターンは、主に自己分析を中心とした研修を行い、実際にキーエンスの人事部が新入社員に向けて実施している自己分析研究を合宿スタイルで体験できる内容となっています。

実施時期や参加条件は以下の通りとなっています。

■実施時期
説明会:2017年9月~2018年1月(1日)
合宿:2017年9月~2018年2月(1泊2日)

■参加条件
理系学生である
事前の説明会に参加している

■開催地
説明会:東京・大阪・京都
合宿:大阪

■待遇
合宿参加時の宿泊代や食事代、交通費は会社負担

エントリー締め切りや選考の日程は公表されていません。

まとめ

20代から年収1,000万円を手にすることもできると言われているキーエンスですが、インターンシップではどのような事業内容なのかを実際にその目で確かめることができます。

また、実施されるインターンは就職活動に活かせる内容となっていて、社会人になってからも役立つ、コミュニケーションのスキルを身につけることもできます。

ビジネス職のインターンはいずれも1日の超短期で開催されているため、スケジュールに合わせて参加できます。ほかでは得られない貴重な体験ができるインターンですので、チャンスを逃さないためにも早めにエントリーの準備をしておきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ