企業研究

【LINEインターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

LINEを研究!

LINEは、人と人との関係性を深めるコミュニケーションアプリとして、2011年にサービスを開始しました。LINEのアプリは、電子メールに替わる新たな連絡手段として、幅広い世代に利用されています。スマートフォンが普及している現代において、毎日LINEを使用しているという人も多いのではないでしょうか。

注目度の高いLINEですが、LINEの会社ではどのような業務をおこなっているのでしょうか。この記事では、LINEの基本情報から、インターンの実施内容や選考フローについてまとめました。インターンでは、社員の目線で企業を知ることができるので、興味のある人は是非参加を検討してください。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2017年度実施の内容です。

LINEの基本情報

LINEは、韓国のインターネットサービス会社ネイバーの子会社として、日本で設立された会社です。LINEが提供するコミュニケーションアプリは、日本だけでなく、アジア地域を中心に世界中で利用されています。

正式名称:LINE株式会社
所在地:東京都新宿区新宿4丁目1番6号 JR新宿ミライナタワー23階
設立年:2000年9月
従業員数:1227人
平均年齢:34.2歳
平均勤続年数:3.4年

LINEを企業研究

LINEは、2011年の東日本大震災をきっかけにモバイルメッセンジャーとして誕生しました。経営理念に「世界中の人と人、人と情報・サービスとの距離を縮めること」を掲げ、ユーザーと人や情報をつなぎ、毎日を快適に過ごす家族のような存在になることを目指しています。

事業内容においては、コミュニケーションアプリ「LINE」を中心に、コミュニケーション、コンテンツ、エンターテイメントに関する各種サービスの開発・運営、広告事業を展開しています。具体的には、LINEで友だち登録をしている人と繋がって遊ぶことができる「LINE GAME」のほか、あらゆる情報を収集した記事を提供する「NAVERまとめ」などがあります。

LINEでは、技術職とサービス企画職の2つの職種を募集しています。技術職では、専門的な知識のほか、コミュニケーション能力などが求められます。サービス企画職では、トレンドに対して敏感に情報収集をする能力や、企画を説明し計画方針をまとめることのできるリード力が評価されます。

LINEインターンの選考フロー

LINEのインターンには、エンジニア就業コース、サービス開発コース、ビジネス企画コース、総合職コースの4つのインターンがあります。総合職コースの選考フローは、【エントリーおよびアンケート提出→書類提出→書類選考→合否連絡】です。

エンジニア就業コースおよびサービス開発コースは、【エントリー→WEB技術テスト(エンジニア就業コースの場合)または企画課題の提出(サービス開発コースの場合)→面接(夏期のみ)→合否連絡】となっています。

ビジネス企画コースでは選考フローが異なり、【エントリー→課題書類の提出→書類通過者のみビジネスコンテストの実施→合否連絡】の流れとなっています。

LINEインターンの内容と日程

LINEのインターンには、以下の4つがあります。

・エンジニア就業コース

・サービス開発コース

・ビジネス企画コース

・総合職コース

夏期インターンでは、エンジニア就業コース、サービス開発コース、ビジネス企画コースのインターンを実施します。学ぶだけでなく、自ら考えて取り組む「実践型カリキュラム」でおこなわれ、参加者には報酬が支給されます。

冬期インターンシップでは、総合職向けと技術者向け(エンジニア就業コース)の2種のインターンが開催されます。

総合職向けのインターンでは、実務をモデルケースとし、課題解決のためのグループワークに取り組みます。技術者向けのインターンにおいては、各学生に1名のエンジニアが指導につき、1~2か月間に渡ってテーマに関する開発や研究をおこないます。

①エンジニア就業コース

エンジニア就業コースは、夏期と冬期に開催されます。各学生につき1名のエンジニアがサポートにつき、各テーマに対する開発および研究をおこないます。テーマの内容は、希望する技術領域と適性によって決定されます。

実施期間は、夏期は約1か月間実施され、冬期は1か月から最大2か月間までの期間を選ぶことができます。

実施時期と参加条件は、以下の通りです。

■実施時期
・2017年8月7日~9月1日の26日間(夏期)
・2018年2月1日~3月31日の約4週間~8週間(冬期)

■参加条件
・基本的な開発経験およびプログラミング経験がある。
・理系・文系は不問。エンジニアに興味がある。
・スマートフォンアプリの開発やサーバサイドの開発に興味がある。
・大規模インターネットインフラの構築・運用業務に興味がある。

■開催地
・LINE株式会社 新宿ミライナタワー(東京)
・LINE Fukuoka株式会社 JRJP博多オフィス(福岡)

■待遇
・報酬は、夏期インターンの場合学生1名につき40万円が支給される。
・冬期インターンの4週間コースは40万円、8週間コースでは80万円の報酬が支給される。
・交通費はLINEより全額支給される。
・遠方からの参加者に対し、個室のマンスリーマンションが提供される。
・新卒採用選考時、最終面接から参加ができる。

■その他
・LINEのコードレビュー文化や開発スタイルを体感することができる。
・受け入れ人数は、夏期インターンは20名、冬期は5名程度。

選考の日程は、以下の通りです。

■夏期インターン

エントリー〆切:2017年6月19日10時
1次選考(技術テストの実施):2017年6月20日~6月30日
2次選考(面接):2017年7月3日から
合否連絡:7月中旬頃

■冬期インターン

エントリー〆切:2017年12月20日
技術テスト(Webテスト):2017年12月21日~
面接:不明
合否連絡:2018年1月中

②サービス開発コース

サービス開発コースでは、エンジニアとサービスプランナーがチームとなり、LINE BOT APIを利用してサービス開発をおこないます。期間中は、各学生にエンジニアおよびサービスプランナーがついてサポートをします。最終日にはプレゼンテーションを開催し、優勝チームを決定します。受け入れ人数は、40名程度です。

実施時期と参加条件は、以下の通りです。

■実施時期
2017年8月3日~8月9日の8日間

■参加条件
・サービス開発および企画、ディレクションに興味がある。
・BOTの開発に興味がある。

■開催地
LINE株式会社 新宿ミライナタワー(東京)

■待遇
・プレゼンテーションに優勝した場合、賞金が総額30万円支給される。
・LINE Payにて参加者に5万円支給される。
・交通費はLINEより全額支給される。
・遠方からの参加者に対し宿泊先が手配される。
・新卒採用選考の際に1次選考が免除される。

■その他
・統計データの使い方やリサーチのレクチャーがあり、スキルアップができる。
・企画および開発の流れを体験でき、チーム開発の経験を積むことができる。

選考の日程は、以下の通りです。

エントリー〆切:2017年6月19日10時
1次選考(企画課題の実施):2017年6月20日~6月30日
2次選考(面接):2017年7月3日~
合否連絡:2017年7月中旬頃

③ビジネス企画コース

ビジネス企画コースは、ビジネスコンテストの上位者のみが選抜で参加できます。参加者同士の共同生活を通して課題に取り組む、キャンプ型のインターンシップです。このコースでは、企画営業職の社員が学生のフォローをします。最終日にはプレゼンテーションをおこない、優勝者チームが決定されます。

実施時期と参加条件は、以下の通りです。

■実施時期
2017年8月20日~8月24日の4日間

■参加条件
・事業開発や広告、マーケティングに興味がある。
・ビジネスコンテストおよびキャンプ型インターンシップの全日程で参加が可能である。

■開催地
・LINE株式会社 新宿ミライナタワー(東京)
・東京都内

■待遇
・プレゼンテーションに優勝した場合、賞金が総額30万円支給される。
・LINE Payにて参加者に5万円支給される。
・交通費はLINEより全額支給される。
・キャンプ型インターンシップ用の住居が用意される。
・新卒採用選考の際に1次選考が免除される。

■その他
・ビジネスコンテストに参加可能な人数は30名程度
・キャンプ型インターンシップの受入人数は12名程度

選考の日程は、以下の通りです。

エントリー〆切:2017年6月19日10時
課題配布:2017年6月20日
課題書類提出:2017年7月10日
選考結果の連絡:2017年7月28日
ビジネスコンテストの実施(課題通過者を対象とする):2017年8月5日
合否連絡:不明

④総合職コース

総合職コースは、冬期に開催される1dayのインターンシップです。LINEの事業や業務をモデルケースに考えるグループワークや、執行役員との対談や社員交流会もおこなわれます。社員との接触ができ、企業の考え方を知ることができます。

実施時期と参加条件は、以下の通りです。

■実施時期
・2018年2月8日(A日程)
・2018年2月15日(B日程)

■参加条件
・学部、学年は問わない。

■開催地
・新宿オフィス(東京)

■待遇
・交通費はLINEより全額支給される。

■その他
・受入れ人数は各回およそ40名程度。

選考の日程は、以下の通りです。

エントリー〆切:2018年1月19日10時
書類提出〆切:2018年1月25日
面接:不明
合否連絡:2018年1月中

まとめ

若い世代だけでなく、様々な世代の人々に利用されているLINE。その実態や、事業内容について知ることのできるインターンは、とても貴重な機会です。

LINEのインターンには、長期に渡っておこなわれる技術者向けのインターンのほか、短期間で開催される総合職向けのインターンもあります。技術者向けのインターンでは、LINEの業務を体験するだけでなく、技術者としてのスキルを身に着けることができます。また、書類選考やビジネスコンテストにおいて選ばれた学生だけが参加できる、キャンプ型のインターンがあるのも特徴です。

LINEのインターンに参加すると、報酬が支給されるだけでなく、採用選考の際も有利になります。アプリの開発やインターネット事業に興味がある方は、是非LINEのインターンに参加してみましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ