インターン

【富士ゼロックスインターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

富士ゼロックスを研究!

コンビニエンスストアのコピー機でもおなじみの富士ゼロックスは、複写機やプリンター、情報・通信機器などの研究・開発・生産・販売事業をおこなっている会社です。創業時からの「紙の情報を複写する」というビジネスをさらに進化させ、「あらゆる企業の経営課題をドキュメント&コミュニケーションを切り口に解決する」をモットーに事業の拡大を続けています。

複合機で紙文書をスキャンし、同じレイアウトの翻訳文書を作成できる「スキャン翻訳サービス」や、GPSの位置情報を利用した「観光音声ガイドサービス」など、時代のニーズにそった新たなサービスが続々と誕生しており、今後の展開から目が離せません。

ここでは、そんな富士ゼロックスのインターン情報についてご紹介していきます。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2017年度実施の内容です。

富士ゼロックスの基本情報

富士ゼロックスは、1962年に富士写真フイルム株式会社と英国ランク・ゼロックス社の合弁企業として創業しました。ゼログラフィー方式の複写機の普及に大きく貢献しただけでなく、高性能複写機の開発や、近年では社内外コミュニケーションのためのクラウドサービスの開発などを通じて、日本のオフィス業務の効率化を支え続けてきました。

正式名称:富士ゼロックス株式会社
所在地:東京都港区赤坂九丁目7番3号
設立年:1962年
従業員数:8,172人
平均年齢:45.3歳平均勤続年数:20.2年

富士ゼロックスを企業研究

公式サイトによると富士ゼロックスが目指すのは、「強い」「やさしい」「おもしろい」会社です。社員一人一人のチャレンジを促す風土を大切にしており、やりがいを持ち、おもしろさを感じながら働くことで、強くやさしい会社になることを目標に掲げています。

富士ゼロックスの事業内容は、主に「オフィスプロダクト&プリンター事業」「プロダクションサービス事業」「ソリューション&サービス事業」の3つから成り立っています。企業の経営課題を解決し、価値あるコミュニケーションを支えるべく、様々なサービスを提供しています。

富士ゼロックスで求める人物像としては、リクナビ2018の採用情報によると「自ら考え行動する人」「成長と変化に挑む人材」 などが挙げられています。つまり、自発的に物事を思考し積極的に自分の可能性にチャレンジできる人材が求められています。

富士ゼロックスインターンの選考フロー

富士ゼロックスのインターンの選考フローは、プレエントリー→ES提出→グループ面談(もしくはグループディスカッション)→合否連絡です。ただし、「専門スタッフコース(知的財産)」の場合は、プレエントリー→ES提出→合否連絡となります。

富士ゼロックスインターンの内容と日程

富士ゼロックスのインターンには、以下の4種類があります。

・技術系コース ~ICT研究開発~

・技術系コース ~モノ作りの職種体感ナビ~

・ソリューション営業・SEコース

・専門スタッフコース(知的財産)~技術とビジネスを繋ぐキーパーソンになろう~

その他、富士フイルムとの合同インターンシップセミナーもあり、各社インターンシップの紹介や各社ブースでの社員との交流・座談会が企画されているようです。

①技術系コース ~ICT研究開発~

技術系職種のうち、ICT領域の研究や開発に関心のある人を対象とするインターンです。富士ゼロックスで研究開発中のテーマ(AI、IoT、ビッグデータ、3Dプリンタなど)を技術系社員と一緒に進める実践型プログラムになっています。テーマは7つあり、その中から1テーマを選んで体験します。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

■実施時期
2018年2月19日(月)~ 23日(金)

■参加条件
大学院生・大学生・高等専門学校生(全学部・全学年対象)
5日間の全日程に参加できること

■開催地
富士ゼロックス R&D スクエア(横浜)
中井事業所
海老名事業所

■待遇(支給ありなし等を記述)
日当の支給はないが、昼食の支給はあり
交通費は既定の支給あり
宿泊が必要な場合は宿泊場所の提供あり

■その他
事前に機密保持・著作権契約書およびインターンシップ参加同意書の提出が必要
インターンシップ活動中の事故・ケガなどに対して、富士ゼロックスが保険に加入

選考の日程は以下のとおりです。

プレエントリー〆切:2017年12月26日(火)正午
ES:不明
グループ面談:2018年1月18日(木)・19日(金)
合否連絡:2018年1月31日(水)まで
※応募多数の場合は書類選考、選考会(1月18日(木)または19日(金)を予定)を実施

②技術系コース ~モノ作りの職種体感ナビ~

「モノ作り」に関心がある人を対象にしたインターンです。商品の開発からお客様に届くまでのプロセスを、実機を使用したグループワークで体感できます。また、技術職社員との交流や、自己理解を深めるためのプログラムも用意されていて、自分に適した職種を見つけるのに最適な内容となっています。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

■実施時期
2018年2月12日(月)~16日(金)

■参加条件
大学生・大学院生(全学部・全学科対象)
5日間の全日程に参加できること

■開催地
富士ゼロックス R&D スクエア(横浜市みなとみらい21地区)

■待遇(支給ありなし等を記述)
日当の支給はないが、昼食の支給はあり
交通費は既定の支給あり
宿泊が必要な場合は宿泊場所の提供あり

■その他
事前に機密保持・著作権契約書およびインターンシップ参加同意書の提出が必要
インターンシップ活動中の事故・ケガなどに対して、富士ゼロックスが保険に加入

選考の日程は以下のとおりです。

プレエントリー〆切:2017年12月26日(火)正午
ES:不明
グループディスカッション:2018年1月15日(月)・16日(火)
合否連絡:2018年1月31日(水)まで
※応募多数の場合は書類選考、選考会(1月15日(月)または16日(火)を予定)を実施

③ソリューション営業・SEコース

ソリューション営業・SEなどに関心がある人を対象とするインターンです。富士ゼロックスのこれまでの成長戦略や文化を理解し、さらに社員との対話を通じてソリューション営業やSEの醍醐味を体感できる内容になっています。(このプログラムと同様のインターンは2017年夏にも実施されています)

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

■実施時期
以下のいずれかに参加
【第1回】2018年2月5日(月)〜9日(金)
【第2回】2018年2月19日(月)〜23日(金)

■参加条件
大学生・大学院生(全学部・全学科対象)
5日間の全日程に参加できること

■開催地
富士ゼロックス Document CORE Tokyo(六本木一丁目・六本木ティーキューブビル)
富士ゼロックス本社(六本木・東京ミッドタウン)

■待遇
日当の支給はないが、昼食の支給はあり
交通費は既定の支給あり(支給上限額5万円)
宿泊が必要な場合は規定の宿泊費の支給あり

■その他
事前に機密保持・著作権契約書およびインターンシップ参加同意書の提出が必要
インターンシップ活動中の事故・ケガなどに対して、富士ゼロックスが保険に加入

選考の日程は以下のとおりです。

プレエントリー〆切:2017年12月22日(金)正午
ES:不明
グループディスカッション:
【東京(六本木)】2018年1月11日(木)・12日(金)
【大阪(本町)】2018年1月9日(火)
合否連絡:2018年1月下旬まで

④専門スタッフコース(知的財産)~技術とビジネスを繋ぐキーパーソンになろう~

知的財産部の仕事内容を理解するだけでなく、特許権の活用についても体感できるグループワーク形式のインターンです。知的財産部の仕事に関心がある人、開発や研究以外で理系の教養を活かせる職種に関心がある人などにおすすめの内容です。

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

■実施時期
以下のいずれかに参加
【第1回】2018年2月24日(土)午後 開催地:大阪(本町)
【第2回】2018年2月26日(月)午後 開催地:横浜
【第3回】2018年2月27日(火)午後 開催地:横浜

■参加条件
大学生・大学院生(全学部・全学科対象)

■開催地
大阪(本町)開催:富士ゼロックス株式会社 Document CORE Osaka
横浜開催:富士ゼロックスR&Dスクエア(横浜市みなとみらい21地区)

■待遇(支給ありなし等を記述)
日当および交通費の支給なし

■その他

事前に機密保持・著作権契約書および参加同意書の提出が必要

選考の日程は以下のとおりです。

プレエントリー〆切:2018年1月9日(火)正午
ES:不明
合否連絡:2018年1月下旬まで

⑤富士フイルム・富士ゼロックス 合同インターンシップセミナー

こちらは、インターンシップとは異なりますが、富士フイルム・富士ゼロックス合同で開催するインターンシップセミナーです。各社インターンシップの紹介や、各社の社員と交流ができる内容となっています。富士ゼロックス関連会社の業務内容を幅広く知ることができる絶好の機会です。

【出展会社】

富士ゼロックス株式会社
富士ゼロックスアドバンストテクノロジー株式会社
富士ゼロックス情報システム株式会社
富士フイルム株式会社
富士フイルムICTソリューションズ株式会社
富士フイルムソフトウエア株式会社
富士フイルムメディカルITソリューションズ株式会社

(出展会社は変更の可能性あり)

実施時期や参加条件は以下のとおりです。

■実施時期
2017年12月20日(水)

■参加条件
大学生・大学院生(全学部・全学年対象)

■開催地
富士フイルム株式会社・富士ゼロックス株式会社 東京ミッドタウン本社(六本木)

■待遇日当や交通費の支給なし

選考の日程は以下のとおりです。

エントリー〆切:2017年12月11日(月) 10:00
参加可否の連絡:2017年12月18日(月)まで(応募多数の場合のみ抽選で参加可否決定)

まとめ

ここまで、富士ゼロックスのインターン情報についてご紹介してきました。「専門スタッフコース(知的財産)」以外は計5日間の日程が組まれており、じっくりと学べるプログラムになっています。

また、「技術系コース~ICT研究開発~」では、「AIを使った画像処理」や「BigDataアナリストに挑戦」といったテーマが用意されていて、富士ゼロックスの今後の展開や可能性について深く知ることができる良い機会となるでしょう。

コースによっては、選考にグループディスカッションが組み込まれています。面接とは異なる準備が必要になってきますので、早めに対策を講じておきましょう。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ