企業研究

【富士電機インターン研究】実施内容・選考フロー・事業内容がまるわかり!

富士電機を研究!

富士電機は、エネルギー関連事業を軸にグローバルにビジネスを展開している総合電機メーカーです。国内拠点の他、中国・タイ・アメリカ・ドイツなどの海外拠点もあります。従業員数は10,000人を超えており、大企業といえるでしょう。

ここでは、総合電機メーカーである、富士電機のインターンについて見ていきましょう。

※この記事では、過去の実施内容について記載しています。注釈がない場合は2018年度実施の内容です。

富士電機の基本情報

富士電機は、「熱く、高く、そして優しく」をスローガンとして、豊かさへの貢献・創造への挑戦・自然との調和を目標としている会社です。自然と調和した次世代の街づくりをめざした事業を展開しています。

正式名称:富士電機株式会社
所在地:川崎市川崎区田辺新田1番1号
設立年:1923年
従業員数:10,745人(平成30年3月時点)
平均年齢:44.3歳(平成30年3月時点)
平均勤続年数:20.4歳(平成30年3月時点)

富士電機を企業研究

富士電機では、若いうちからどんどん仕事を任せて成長を促す社風があるようです。一人ひとりの想いを実現する機会として社内公募制度を導入し、職場の活性化をはかっています。

また、事業展開のうえでは、環境にやさしいエネルギーを創る「創エネルギー」、エネルギーの効率利用を図る「省エネルギー」、そしてその2つを「つなぐ」エネルギーマネジメントが活きています。エネルギーマネジメントには、創業以来培ってきた、電気を自在に操る技術が役立っています。

すでに多くの海外事業を展開している富士電機ですが、今後は売り上げの海外比率をのばし、海外でのプレゼンスを高めようとしています。その流れの中で求められているのはグローバルな人材といえそうです。

富士電機インターンの選考フロー

富士電機のインターンは、エントリー後はエントリー時に登録したマイページに連絡がくるようになっています。そのためエントリー後の選考フローは不明です。

富士電機インターンの内容と日程

富士電機のインターンを1つ紹介しますキャリアトークイベントで、主に富士電機の方の話を聞くスタイルです。詳細を下記でご紹介します。

①キャリアトークイベント

富士電機のキャリアトークイベントは、1dayタイプのインターンです。 「富士電機について知る」「働くことについて考える」をテーマに開催されます。 プログラムの内容は、会社概要説明、社員との座談会が予定されています。 座談会は、職種別・事業別となっているので、自身の志望に合わせて社員と質疑応答をすることができます。

■実施時期
東京会場:2019年1月19日(土)、2月8日(金)
大阪会場:2019年2月20日(水)

■参加条件
国内の4年制大学、大学院に在籍する方

■開催地
東京会場:富士電機本社(ゲートシティ大崎)
大阪会場:グランフロント大阪

■待遇
報酬 交通費:支給なし

エントリー〆切:各回とも、開催日の前日まで

まとめ

富士電機は自動販売機のシェア国内1位、また地熱発電分野では世界で4割のシェアを持ち世界1位となっています。

そんな富士電機のインターンは採用担当者やベテラン社員の話を聞いたり、若手社員との座談会に参加できたりするキャリアトークイベントです。富士電機について知り、働くことについて考えることができるプログラムです。応募者多数の場合は先着順で受付となっています。

監修者プロフィール

ソーシャルリクルーティングのプロフィール画像
吉川 智也
(よしかわ・ともや)
1988年北海道生まれ。大学卒業後、2010年に株式会社マイナビに入社、2011年に新人賞金賞を受賞。IT・小売・外食などサービス業界の企業を中心に、300社以上の採用活動を支援してきた経験をもとに、各大学のエントリーシート・履歴書などの就活講座の講師も務め、年間3,000名以上に対して講演を実施。
現在はポート株式会社で、キャリアアドバイザーグループの責任者として、年間約5,000名の学生の就活相談に乗り、さまざまな企業への内定に導いている。

記事についてのお問い合わせ